プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日25日は、云わずと知れたクリスマス。世の中全て休んでいる。こういうとき、クリスチャンでない自分らはちょっと寂しい気分にもなる…。NYに来た当初は、何を隠そう近所の教会のチャーチ・クワイヤ(合唱隊とでもいえるかな…)に参加していた(理由は良くわからないが、近くのおじさん・おばさんと仲良くなれたのは確かだ)。そこでは、教会を訪れる信者(というより、老人クラブの集まりにも近かったけど)の前で様々なクリスマス・ソングを唄ったり、教会に来れない人や恵まれない人たちの家や病院までわざわざ行って、皆で唄ったものだ。中には、若くして妊娠してしまったり子供を産んでしまっている女の子のために唄ったこともある。皆涙を流して聞いてくれたものだ。まだNYに来て間もないころで、右も左も皆目つかないころだ。アメリカの優しさ、凄さ、奥深さというものを肌で実感していた。今でもあのクワイヤは続いているのだろうか?忙しない世の中にあって、素の自分、何にも毒されていない自分は又取り戻すことが出来るのだろうか…。
昨日は、Blue3さんの送別LSDがCPで行われたようだ。WTC組はいつものロッキーズでLSDを同時に行っていた。自分も参加するつもりだった。でも、何故か身体が…。そこで、今日一人でLSDを行った。昨日まで徹底的に冬眠していたからもしかして疲れもなく順調にいけるかな、と淡い期待を持って…。コースは家からサクソン・ウッズを通りそのままママロネックへ。そのうち、Rt1にぶつかるからそれを南方へ走りラーチモントまで行き、ウィーバー通り(Rt125)でスカースデールへ戻るという下手すると3時間半では戻れずに、4時間かかるコースである(LSDでゆっくり走った場合)。路は極めて空いている(途中開いている店など殆どないから、車で行くところもないだろう)。脚は思ったほどには芳しくなくむしろ重い…。LSDでよかった。でもそのLSDですら辛いぐらいに重いのだ。そう、脚だけではなかった。体重そのものが重すぎるのだ。これじゃあ、レースで颯爽と風の如く駆け抜けることなんて無理だ…。途中、3時間40分経って、漸くスカースデール駅を抜けたものの、その後の上り坂で遂に挫折…。その後も走ろうとしたけどもう脚がついてゆかないので無理せずそこからは歩いて家を目指すこととした。あ~あ、折角4時間達成寸前だったのに…。今のままでは駄目だ、ということがまた自覚できただけでも大きな収穫と思っているから、またやり直し、ということで…。家に帰ってから恐る恐る体重計に乗ってみたが、近年まれに見る体重となってしまった自分がちょっと嫌になった。でも遅い朝食・昼食(家に着いたのは1時半ぐらい)をしっかりと食べてしまい、またもや無駄なグリコーゲンの摂取に勤しんでしまう自分でもあった…。
スポンサーサイト

<< 今年もあと5日… | ホーム | WTC忘年会 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。