プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は仕事が珍しくあったのでなかなか時間も取れず、ブログのアップデートだけでなく走ることすらサボってしまった…。大反省。
しかし寒い。このぐらいでへこたれていたらいけないのだろうけど、なかなか早起きして暗いうちから早朝ランをしようという気力がなかった。今年最後のフルマラソンがあっという間に1週間後に迫ってしまった。RI州なので、車で日帰りが可能ではあるが、中途半端な距離(150マイル、車で2時間半ぐらい)なので、ちょっと面倒だ。でも申し込んでしまった以上は頑張るしかないと思う。寒さなんかへっちゃらだ!でもコースを見ると結構アップダウンも激しいようで、凹んでしまいそうな今日この頃である。
先週の土日は最高の練習だった。土曜はいつものロッキーズ、そして日曜はお初のNJのロングパストレイルであった。土曜日は、朝寝坊し、ちょっくらロッキーズで2時間LSDでもやるべか、と思い駐車場タダギリギリの8時25分過ぎに到着し準備していたところ、師匠夫婦がほぼ同時にご到着された(レースに行くはずだった飛行機がキャンセルしてしまい、レースを断念し仕方なく練習に来られたのである)。師匠によれば、当日はダウンヒルの練習とのことで、ダウンヒルを一生懸命走り、あとはゆっくりとのこと。折角ご一緒にとお誘いを頂いたので行けるところまでと思い、後をついて行った。結果的には予定を上回る2時間半。いや~、効果は自分一人より何倍もあったでしょう。下りは呼吸が苦しくなりにくい分楽に感じる。でも、巧く走らないと脚への負荷は上りよりも大きいぐらいみたいだ。師匠はいとも簡単に下っていくが普段下りの練習を殆どしない自分にとってはなかなか巧くいかないもの。しかもロッキーズの下りは距離が長いところもあるので、最後のほうは結構呼吸も乱れてしまい大変だったが楽しい練習だった。師匠は何故簡単に速く下れるのか毎度のことながら自分との豪い違いの現実を強く自覚した練習でもあった。
日曜は師匠にまたも誘われ、NJのトレイルへ。ここは普段車でも通りかかるパリセイド・パークウェイのすぐ横にある。NY・NJに住んで最早16年の自分だが、こんなとこにトレイルがあるなんて思いもよらなかった。これは穴場であった。コースは師匠も初めてという未体験ゾーンで、目の前に何が起きるのか全く予期できない。事前情報では、フラットだとのことだったので3時間ランでも大丈夫だろうと思っていたが、現実はさにあらず、であったのだ。NJは地層が岩で成り立っているだけあって、至る所、岩石なのだ。ほんのちょっとでも目を逸らすと、石に躓き転倒しそうになる。コース上の倒れた大木も障害となった。上も下も潜れないことも多かった。そして、決してフラットではなく、アップダウンに富んでいた。特に階段を最後上り詰めるのは最大の難関だった。初心者の自分は当然走れなかったが、この階段を走ることが出来るようになればかなり走力もついた証拠となるだろう。このトレイルは決して辛いことだけではない。景色が抜群なのである。何しろ、雄大なハドソン河の横を走り、しかも断崖絶壁のすぐ横なのであるから。この景色を独占できるのは何物にも替えがたい素晴らしい経験となった。途中、河を挟んでヨンカーズが見えたが、そこはヨンカーズマラソン(一応アメリカで2番目に古いマラソン大会。1番は勿論ボストンマラソン。でも、その違いは歴然…)の場所。そして、自分の前職場があったところでもある。そうか会社の向こう側にこんな凄いところがあったなんて。感動した。きっと、四季それぞれ楽しめそうだ。冬は走りながら雄大な景色。春は緑が芽生える。夏は森林浴を楽しむことができるだろう。秋は何と言っても紅葉。外から見ているだけでも雄大な紅葉なのだから、その中で走ったらそれは想像することも出来ないぐらい感動モノだろう。
結局、土日で5時間半。距離的には合わせても50キロちょいだ(日曜は一切速く走れなかったから)。自分にとっては、非常に頑張った練習。心に残る練習となった。師匠ありがとうございました!
途中、師匠に写真を撮って頂いたが、断崖絶壁の場所での写真で自分は足を広げて踏ん張っている。そう、高所恐怖症な自分なのである。高所恐怖症の人も走るだけなら何の問題もないが、端っこで写真を撮ったり景色を楽しむときは気をつけましょう。勿論フェンスはあるがアメリカなのでもう何十年も前に作っているから思いっきり錆びているのである。これはそのうち落ちて死ぬ人が出るな、と察した自分なのであった…。
スポンサーサイト

<< 終わりよければ全てよし。 | ホーム | 11月はギリギリ月間200キロ達成! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。