プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日本屋で何気なく手にし購入した東野圭吾氏の’手紙’を読んだ(不朽の名作であるし、今現在のベストセラー文庫本である)。普段は夜更かししないのであるが、一気に最後まで読んでしまい、12時をとっくに過ぎていた(普段は11時になったら寝ている…)。自分がまだ若かりし頃、今は亡き父がよく言っていたものだ。人生何をしてもいい。ただ、人様には決して迷惑をかけるな、警察沙汰には決してなるな、と。家族の誰かがもし犯罪を犯したら、家族全てが被害者であり加害者なのだ、と。その言葉は自分の中では、とっくの昔に風化していたものだ。でも、この本はその父の言葉を思い起こさせてくれたものである。ストーリーは端的に言うと、強盗殺人犯の兄を持つ弟が、世の中の差別という壁に人生を翻弄されてしまうものである。弟自身には何の罪もないし、ましてやその嫁さんや子供にも何の罪もない。でも世の中ではそう捉えてもらえない。加害者の家族全てが加害者と同類なのだ。それが現実だし、それがおかしい事だとは誰もがわかっている。でも人間は差別してしまうのである。人生は不公平だし、差別のない世の中などありえない。自分らが生きる世の中は、国籍・人種・宗教・性別・職業・所得、全てにおいてそれぞれが異なっている。公平な世の中なんてありえないのだ。一方、そんな不公平な世の中にあってもスポーツだけは例外だと言われる。でもこれもやはり技量のある選手とそうでない選手との扱いの違いは歴然としており、やはり不公平だ!そう、一つだけ不公平を感じないスポーツがあるのだ。それはマ・ラ・ソ・ン。重いストーリーの本を読みながらも、ちょっとだけ心が救われる気持ちになった今日この頃である。
スポンサーサイト

<< 11月はギリギリ月間200キロ達成! | ホーム | 気持ちの切り替え >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。