プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も快晴。でもめちゃくちゃ寒い。いつの間にこんなになっちゃたのか…。気温に関しては非常に気になることが最近ある。朝の日本語放送での天気予報は全く当てにはしていないのだが、気温に関しての表示は余りにもいい加減過ぎないか???特に最低気温であるが、朝のマンハッタンは摂氏6度と言っている直後に今日の天気ということで画面に表示されているNYの最低気温は10度となっている。最近ずっとこういった塩梅なのだ。夏の間は余り最低気温は気にならないのだが、暑さを終えた秋ともなると1度の違いで人間の寒さに対する感じ方が微妙に変化する。本当はどっちが正しいの?とついつい聞いてみたくなる今日この頃なのである。
さて、秋といえば紅葉である。週末のハートフォード周辺の紅葉はとても美しかった。さすがはニューイングランド地方である。紅葉は急に寒くなると更に美しくなるといわれる。まだ4分というところではあったが、緑・黄色・オレンジ・赤といった様々な色のコントラストが余計紅葉の全体としての見栄えを良くしていた(まさに芸術!)。そこから距離は大して変わらないのだが、ウェストチェスターはまだまだこれからか?こちらももうすぐ経つと綺麗に彩られることとなるだろうし楽しみである。逆にゴルファーには一番嫌な季節でもあるのだが(落ち葉の下にボールが隠れてロストボールになりやすいから)、ランニング主体(少なくとも気持ちの上では)の今の自分には、最高の季節。NYCまであと3週間に迫った。最後の調整に周りのランナーも余念がない。中毒患者たちの記録は凄すぎる(限界という言葉は彼らにはない)。自分にはとてもじゃないが、あのレベルに近づこう、なんてことすらもできないかもしれない。でも自分も頑張る、と心に誓うのであった。向上心を常に持ち続ける限り、人間に限界などないのだから…。
スポンサーサイト

<< ちょっと偉そうに、会計資格考(ランニングとは無関係…) | ホーム | 失敗は成功の母ならぬ”乳” >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。