プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハートフォードは寒かった。堪らず、長袖シャツと下はセミロングのCRX更には手袋をしたが、最後までこれでも寒かったぐらい。寒いのは嫌だ…。
折角計画を立ててそれを実行しようとしたが、モノの見事に失敗に終わったようだ。タネを明かしておくと、イーブンペースはちょっと難しいので(ペース配分難しい)最初のハーフを余裕の8分ペース、次の7マイルを9分ペースまでOKにして、最後の10Kを10分でと余裕のはずだった。これだと、3時間50分前後でPR達成のはずだったのに…。確かにハーフは余裕であった。予定通りの1時間45分。あとは可能な限り前に付いていこうとしたのだったが…。結果は惨敗。ハートフォードマラソンの後半は坂道が多いことをすっかりと忘れていたのである。ハーフまで余裕があったとはいえ、18マイルぐらいからひたすら続く上り坂には脚に堪えた。2週間前フル参戦のあとの脚は途中までは大丈夫だったと思ったが、駄目でした…。20マイルくらいからは足底が痛くなり始め(多分例の故障ではないと思う)、NYCを考えて無理して走ることは断念し、最後の3マイルは完歩してしまった(数年前まではいつもこのパターンだったけど、悪い癖に繋がらないようにしないと…)。因みにゆっくり歩くと1マイル16分でも着かない。周りにどんどん抜かされていった。でも、足の故障が続いていたから、無理したくなかった。マラソンはこれだけではないのです…。てなわけで、不名誉な4時間越えとなってしまったが、本人あんまり腐っていないのです。前半が早すぎた。やはり、身分相応のペースでNYCは頑張ろう。目標は打倒Hiromi GO!を撤回して、サブ4で行きます。しかも、前半8分ペースでなく、9分ペースで行ってみようと思う。これから3週間の使い方がキーになりそうである。失敗は成功の母というではないか。失敗を自覚できたことが、今日のハートフォードの収穫ですね。NYCが楽しみだ!(どこまでもポジティブ思考の自分に呆れた…)
ハートフォードはゴール時に一人一人名前を読んでくれる。自分もゴールする寸前、名前を呼ばれて豪く感動した。結果は酷かったけど、これだけで出た意義があった。あと、紅葉もとても綺麗でした!
ところで、ペースが落ちた原因は実はペース配分の失敗や足・脚の痛みだけではない。不覚にもビーチクから血が出てきて、これが痛くて痛くて…(知らぬが仏だったのに、ふと見てしまったらユニフォームが真っ赤になっていただけでなく、ゼッケンまでが真っ赤に染まってしまって…。痛~~~い!!!まさに、ビー血苦でした…。 恥ずかしながら、ラップタイムを。
1: 8.09.69
2&3: 16:13:18
4: 7.05.33(4マイルまで距離表示が不明確)
5: 7.45.43
6: 7.50.17
7: 7.59.26
8: 8.01.03
9: 8.13.02
10: 8.17.82
11: 8.05.53
12: 8.19.35
13: 8.28.13
14: 8.55.80
15: 8.49.72
16: 8.50.96
17: 9.26.90
18: 9.09.91
19: 10.34.54
20: 9.57.95
21: 11.27.95
22: 12.02.21
23: 12.22.04
24: 16.51.23
25: 16.49.47
26.2: 19.47.92 (4.19.34)
19マイルが酷いのはゼリー補給をするとき歩いたためです。20マイル過ぎから地獄の上りが続き(自分にとって)、24マイルにて完全に歩くことを決心(最後のホームストレッチ以外は走ろうという気力すらも残っていなかった…)。悪く言えば大失敗レースなのだけど、良く言えば効果的な30キロまでの持続走をやったとも言えなくはないかな…。まあ、成功は自信、失敗は経験、であります。
教訓:30キロの壁に向かっての突撃は、ハートフォードならぬハードランディングに終わるだけ(突っ込んで潰れるだけ方式ーハイリスク・ノーリターン)。これからは、緩やかな右肩下がり方式(ハイリスク・ハイリターン)かソフトランディング方式(ミドルリスク・ミドルリターン)で行こう、と決めた。でも、回避方式(ローリスク・ローリターン)だけは意地でもやりたくないです(今のうちは)。
スポンサーサイト

<< 秋酣 | ホーム | ハートフォードマラソンはいよいよ明日! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。