プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の日曜は絶好の天候の中、ウェストチェスター4分の1マラソンが行われた。元々、フルとハーフのオマケで出来たものだと思うので、きっと速い人は出ないだろうとの予測のもと、前日のパケット・ピックアップに行ったら、150人弱の登録のようで、これは唯一の年代別入賞チャンスと思っていた。
さて当日。レースはフル・ハーフの順番で30分おきにスタートし、次はいよいよ4分の1である。WTCからも超エリートが2名。その他に、怪物クンがいるではないか…。年代別入賞のチャンスが減ってしまう。もともと3位に入れたらいいな、という叶わぬ夢を持ちつつ、そのうち1人分が確実に無くなるとは思ったが、無心で行こう、自分のベストを尽くそう、と気持ちを入れ替えた。ところでWTCのユニフォームは気持ちが引き締まる。NYのエリートが着るこのユニフォーム。鈍足の自分もある意味ドサクサに紛れて着させて貰っているのだが、仲間と勘違いしてくれるのか、自分が挨拶すると、超エリートランナーも挨拶を返してくれる。ただ、これを着て余りにも遅いと、WTCの看板に泥を塗るようなものなので、手を抜けないのが欠点か…。人数が少ないため、一番前からスタート。これって気持ち良いですね。
最初の1メートルはトップ3位に入っていたかな。勿論、あっというまに、超エリートは行ってしまった。速~い!それを実感出来ただけで満足。(因みに、スタート前のウォーミングアップを見たが、超エリートにとってはJogのつもりかもしれないが、それすら超特急であった…)暫くは怪物クンの背中を追っかけたけど、1マイルも持たずにサヨナラをした。レースのラップは以下の通り。
1: 6.31.86
2: 7.02.51
3: 7.21.31
4: 7.40.14(ちょっとダレタかな?)
5: 7.26.91
6: 7.21.89
0.55: 3.49.24 (トータル47分13秒、133人中13位、年代別2位!!!)
この4分の1レースは、実質10キロレースである。全力疾走ではないが、結構なスピードで(自分にとっては)、風を切って走れるレースである。短くも無いが長くもないので、息はかなり切れるが(コースのBronxリバーパークウェイは普段車で走って感じるよりずっと坂道のあるコース…)、ガマンしきれる距離・時間である。当初は45分台を密かに狙っていたが駄目であった。ドンマイ!
時間差こそあったものの、フル・ハーフと同じコースなので、途中抜かされたり抜かしたりと結構面白い。ハーフのトップグループ(だと思う)に抜かされたときは圧巻であった。後ろから忍び寄るランナーが来たか、と思った瞬間にあっという間もなく、超特急ランナーは行ってしまった。4分の1に出ていたランナーを抜かすことは1回も無かったのだが(始、いきなり飛び出した分、WTCのメンバー2名に抜かされた他、2-3名の若者に抜かされた)、それ以外は結構抜かせたので、つかの間の優越感も味わうことができた。ゴールはまさに余裕のストロングフィニッシュ!ゴールしたら、日本人っぽい高校生にメダルを掛けられたが、地元のKEIOである。高校生は若い。男はジャニーズみたいなヘアスタイルが多い。女の子は皆かわいい。セクハラになりそうなので、これ以上のコメントは控えるが、若いってイイ!!!さて、年代別に入れたかどうか結果を見るまでは不安であったが、怪物クンに次いで2位。自分の後は、WTCのランナーはいないであろうから、レベルの低いレースとはいえ、貴重な満足のいくレースとなった!!!
レース後、PostレースにLegal Seafoodのクラムチャウダーやノンアルコールのビールを飲み、マッサージをしてもらった。自分は極楽だが、ハーフやフルの人たちはまだ沢山走っている。申し訳ないとは思ったが、たまには短いレースもいいですね。(昨年はゴールしたあと、殆ど誰も残っておらず、しかも食べ物も底をついていたから、豪い違いなのであった)表彰式はかなりあとに始まると思って、シャワーでも浴びるべと一旦家に帰った(車で5分)。家に帰って、子供とゆっくりしながら、インターネットを見ていたら、表彰式が11時30分から始まるではないか(そのとき、11時35分)。やば~い。一生のうち何度も無いのに…。慌てて、車に乗り込み、会場へ戻る。会場へ着くと、漸く始まったばかしで、上位者の表彰が行われていた(皆WTCの人ばかり)。そのあと、年代別はどうするのか、と思ったが、余りにも人数が多いので、自分で係りの持っているチェックリストと照合し、記念の盾(というか小さい置物)と手袋(フル参加者に無料でもらえる手袋がきっと余ってしまったのでしょう)がもらえた。照合といっても、自己申告みたいなものだし、ましてや渡した人の名前にチェックマークとかもしていないから、並んでもらった人はいいけど、時間の都合などで貰いそびれた人には絶対に後で送ることなんてしないと思う(自分はもらえてよかった…)。もらった盾の文字・デザインは曲がっているし、4分の1マラソンとも書いていない(ウェストチェスター・フル・アンド・ハーフ・マラソンとと書いてある)けど、自分にとっては一生の宝物である。家に帰って亡き父の遺影の横に飾らせてもらった。今日は良き日であった。
スポンサーサイト

<< 只今、練習停滞中 | ホーム | 東京マラソンの結果通知まだ? >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。