プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習を怠り、遅いという現実から目を背けつつも、夢を見るのは好きな自分である。例え誰かに無理だと言われても、どんな非現実な夢を見ようと個人の勝手であり自由である。誰にも迷惑を掛けない限り…。
2006年秋のマラソンシリーズにおける本命レースは、NYの住人であるのでNYCである。ここでは、是非3時間44分12秒を目標としたい。そのわけは、打倒Hiromi GO!1999年にネットで3時間44分13分で走っているらしい(しかしランニングの世界って、プライバシーも何もあったものではない。本当の年齢もばれるし、過去のタイムが全て見れてしまうので、サバが読めないのである…)のでこれより1秒でも速く、というのが目標なのだ。彼は、TVの画面ではガッチリタイプのようであるが、実際は違うようだ。NYに住まれていたときに(今はいずこへ???)、私の過去勤めていた事務所に1度来られたことがあるが(自分はその時たまたま外出中だった…)、その時余りにも小さく・肩幅も狭く・服装もラフで、逆にその当時の嫁さん(リー)やそのご両親の方が余りにも目立っていたために、そこらのメッセンジャーのあんちゃんではないのかとか、酷いのは女性と間違えた人もいたらしい、位である。それでもNYCといえば、日本人にはHiromi GOなのである。少なくとも、自分にはHiromi GOに追いつき、追い越すことは長年の夢なのである。(また出てくれないかなぁ。絶好のペースメーカーになるのに…)彼のように、NYCのゴール後に愛する人に’求婚’(本当にしたんでしたっけ?)っていうのはカッコいいし、絵になる。でも、それはHiromi GOだから絵になるのであって、自分はせいぜいゴールしたらチューリップの’球根’でも買うぐらいしか出来ないし、絵ではなく”えっ”と言われるのがオチであろう…。
スポンサーサイト

<< 東京マラソンの結果通知まだ? | ホーム | 次のレース、Westchester4分の1マラソンへの思い >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。