プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、家のPCが遂に壊れた(と思う)。ウイルスに犯されたのか(何も悪いことやってないのだけど…)、立ち上がりのスピードがやたらと遅くなりこの1週間はEmailを見るのに、1時間ぐらい待たねばならなかった。2日ぐらい前からは1時間でも無理な状態になってしまった。事務所のITの人にノートン入れたら治るかもと言われ、家に帰って早速試すもそのノートンのInstallですら出来ない(遂にノートンに"ノー”トンと言われてしまった…)という有様。
双子都市マラソンが終了し、ほっとしたのもつかの間、今週末にはWestchester4分の1マラソン(6.55マイル=10.54875キロ。何でこんな中途半端なんだろう。絶対に正確な距離をブッキーなアメ人には測ることは出来ないだろう…)である。実に、きっと企画倒れであろうこの4分の1マラソンは(昨年フル・ハーフですら殆ど参加者が居ないのだから、この4分の1という新企画は、最初で最初になりそうな予感である)、スローな自分が年代別で3位に入れる可能性を秘めた超ローカルレースである。叶うかどうかも全くわからないものの、かすかな望みをかけて$50も払うとは、中毒がかなり蔓延している証拠だ。昨年はフルに参加したが、実に寂しい大会であった(参加者は限りなく少ない。応援に至っては知り合い以外ほぼゼロ。従い、前も後ろもそして横も誰もいないし、しんみりと静寂な大空間を独り占めできる凄いチャンスではある)が、本来はコースも決して悪くはないし、時々出会うボランティアは非常によかった(ただし親子二人で水を配っていたおばさんはよっぽど暇であったらしく、携帯に夢中で、私の通過に気がついてくれなかったけど…)。一番の利点は、家から思いっきり近いことだ。スタート・ゴールまで車で5分。しかもコースの途中は、娘の学校からの至近距離であり、早朝ランでいつも横を走っているので、普段の生活とも思いっきり密着している。家内は昨年応援に来たが、娘の習い事の送り迎えの合間に来れたほどだ(行っては戻るルートを2往復なので、計4回も会った)。Westchesterをこよなく愛する自分としては、今年も寂しいフルに出ようとも思ったが、そうすると3週連続のフル参加となってしまうので、流石にやめといた。今年は、昨年の大反省を踏まえて色々改善点が見られるらしいが、期待してはいけない。マラソンは地元のいわば祭りであり、地元の厚い支持・盛り上がりがあって初めて成功するものと思えるが、何せ地元住民がこのマラソンの存在自体を知りえていない。要するに宣伝が足りなさ過ぎるのだ。これでは、応援に来ようも無いではないか。地元のチアリーダーが出動するらしいが、多分暇だろうな、と察しがつく。チアリーダーというと、川崎球場を本拠地としていたころの昔のロッテオリオンズを思い出す。当時のロッテは余りにも客が少なく(自分は外野に2人しかいないときに行ったことがある。ロッテのスーパースターであった有藤のホームランを誰も居ないのでわざわざゆっくりと歩いて取りに行った記憶がある。夜のプロ野球ニュースで’今日のホームラン’というコーナーがあったが、そこには怠慢そうにホームランボールを拾う自分がバッチリと映し出されていたのは一生の思い出だ…。あと、客が余りにも少なかったのでその当時ライトを守っていた有藤はライトの線審と試合中に雑談をしていたのは今から思うと長閑だ…。そんなことはどうでもいいが…)閑古鳥を解消すべくチアリーダーを募集し観客の増員に努めた。ところがどっこい場所が場所だけに、チアリーダーの前に陣取ったのは野球を楽しむファンではなく、酔っ払いのスケベオヤジだけだったのである。当然この素晴らしい企画はあっという間に倒れたのだが、Westchesterマラソンでは酔っ払いランナーなんているはずもないから同じようなことは起きないだろう。でも、余りにも走るランナーが少なければ、チアリーダーたちも応援のし甲斐もないだろうなぁ、と一人心配になってしまう今日この頃なのである。
スポンサーサイト

<< NYCの目標 | ホーム | 双子都市マラソン >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。