プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日日曜は、NYの北のあるMohonk Preserveという場所で行われたPfalz Point Trail Challengeという10マイルレースに参加した。300人限定のこのレースは毎年定員一杯になるらしい。当日受付もあったが、折角こんな遠くまで来て(NYCからだったら2時間は楽にかかる)SOLDOUTといわれたら悲しいだろう。友人のF選手も不安ながらに当日申込。申込は出来たが、Tシャツはないとのこと。家には過去のレース参加でもらったTシャツで一杯なので、自分はもらえなくてもいいのだが、最近は家内や子供にあげるようにしている。家に帰ってから家内にやる、といったらそのデザインからかあっさりと断られた…。いいデザインのTシャツは自分でも欲しいのだが、最近そういう系統のは自分の手許にはない。
さて、レースの方はというと、スタートは単に紙にスタートと書かれているのみ。ゴールも非常に寂しい。単なる広場のようなスタート地点からサイレンを合図にスタート。このサイレンはどっかで消防車でも走っているのかと思うような音なので、他の参加者もスタートの合図と思わなかったようで、皆スタートしていいのと躊躇しながらのスタートであった。他のランナーから3マイルまでは上りで、あとはフラットと聞いていたので、それを信じていたが、さにあらず!確かに、3マイル直前での激しい坂があり(普通の人間では走れないほど)、あとはフラットか、と思っていたところ、やはりトレイル・チャレンジと言うだけあって世の中そんなに甘くなかった。激しい坂を自分は歩いてしまったが、あとはフラットらしいので走ろうと思っていたのに、またもや上り坂(これは緩い上り)。あれ、聞いてないぞ、と思ったが、まあちょっとの我慢だろう、と思い直した。でも、この坂は終わりを知らない。気がつけば、歩いているアメリカ人も多数。自分も右に倣え、であった。まあ、持病のふくらはぎも違和感を覚えてきたし、写真も撮りたいからまあいいかな、と思って歩いていると、後方にF選手がいた。写真家として、彼の勇姿をおさめ、先に行ってとお願いし、でも頑張って追いつけたら、と目論んだが、最後までF選手の背中を2度と見ることはなかった…。
このトレイルは普段走っているロッキーズとSaxon Woodsに良く似ている。キチンとランニング(ここはマウンテンバイクも出来る)出来るように整備されているし、眺めも抜群だ。同じ敷地にMohonk Mountain Houseという有名なリゾート地があるが、このトレイルレースではそのゴルフ場を途中横切る演出もあった。ゴルフ好きな自分にはゴルフ場を走ることは非常に楽しい。その後も、暫し上りが続いた後、今度はその反対の下り(人生、楽あれば苦あり、苦あれば楽あり、というがまさにこの言葉が当てはまる)である。整備が良いだけあって、下りが非常に楽で、上りで自分を抜かしていったランナーをごぼう抜きする。こりゃ楽だ、このままゴールまでいけそうだ、と内心思っていたが、そうは問屋が卸さないのであった。上りはあと2回もあったのである。しかも、1回目の激しい(と思っていた)上り坂を遥かに凌ぐものが…。上りはとてもじゃないが、今の自分には無理。歩くしかなかった。恐らくは上位の人たちは、そのとんでもない坂ですら走りきっているはず(その証拠にトップクラスは、1マイル6分前半ペースでゴールしている)。自分は鈍足、トレーニング不足…。でも、景色は素晴らしかった(時折森林から垣間見える遠くの景色や、大きな岩壁も素晴らしい)。その岩壁は確かこのPreserveの名物であり、ハイキングでその上までいけるはずだ、そこからの眺めは物凄いだろうなあ、と容易に想像しうる。
レースはあれよあれよ、というまに終了。最後の1マイルになって、本気で走り始める周りのアメリカ人。自分の周りに喋りながらうるさい女性2人組がいたので、最後自分も彼女らを思いっきり抜かしてゴールしようと思ったが、彼女らも必死に自分を抜かしにかかる。おじさんをなめんなよ、ばかしに最後は彼女らと一緒にゴール。ゴールしてから調べたら、彼女らは16歳と18歳であった。うわー、若い…。
タイムは、1マイル10分を越えてしまったが、非常に楽しいおもしろいレースであった。レースを支える地元のボランティアのサポートは素晴らしかったし、何といってもトレイルは自然と共存できる素晴らしい場所である。師匠がその魅力に取り付かれているのもよ~くわかるというものだ。ロードレースでの、ひぃ、ひぃ、はぁ、はぁ、も大切だが、心から走ること、歩くことが素晴らしい、と思える大切な時間を過ごせる、これはトレイルでしか味わえない貴重なものである。それを知ることが出来た昨日は嬉しい心で1日満たされた。
スポンサーサイト

<< 才能とは…バカになること | ホーム | 走れるということ。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。