プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日月曜は昨日のヨンカーズ・ハーフマラソンで多少無理してしまったためか、毎日の日本から来ている兄夫婦のアテンドの疲れか、思いっきり風邪を拗らせてしまったようで、事務所を休んだ。火曜・水曜もまたアテンドをしなくてはならず、1日ゆっくりと休むこととした(今日の夜はエンパイアから夜景を見たいらしく、また付き合わなくてはならないけど…)。今この日記を書いている時点ではかなり良くなった(昨日の夜は、喉は痛いし、鼻づまりはするし、とてもじゃないがなかなか寝付けなかった…)。てなわけで、2週間をきったTwinCities出場のため、身体を万全にするのがこの2週間の最大の課題である。
昨日は地元のヨンカーズ・ハーフマラソンに初めて出た。これは、知る人ぞ知る全米で2番目に古いマラソン大会である(言うまでもないが、1番は知らない人のいないボストンマラソンである。1番と2番で豪い差がついたものである…)。自分は4年もの間ヨンカーズで働いていた(日系企業は1社しかないといわれる。今はかなり再開発され、特に駅周辺は見違えるほどにきれいになったが、以前はサウス・ブロンクスと常に比較されるほどの治安の悪い地域であった。今も夜は治安が悪い。でも、昔ほどではない)ため、地の利はあるつもり(かつての通勤路がコースになっているし、またかつての勤務地の前も通り過ぎる)だったが、甘かった…。車で走るのと、実際に自分の足で走るのとでは雲泥の差であった。炎天下で、かつ上りが激しいのである。体調が悪いのもあるが、さっさと完走に目標を切り替えた。沿道の応援はゼロに近い(予想通りなので、全く気にならず)。でも、水配りの地元のボランティアのサポートは素晴らしかったし(子供が主)、ヨンカーズの中心地の交通を止めるため、地元のドライバー達のイライラは頂点に達していたようだが、これを毅然とした態度で規制する地元警察のサポートも素晴らしかった。フルは同じコースを2周する設定で、フル参加者は少ないため、タイムの遅いランナーは完全一人ぼっちになっていたようだが、肉体的・精神的なタフさの要求されるレースである(自分にはフルを走る自身は全くない…)。自分は初め調子が良かったので、図に乗って速く仕掛けすぎたのがたたって、後半大失速する破目になってしまったが、‘初めはゆっくり走るべし‘の作戦を思い起こさせてくれたレースとなり、10月11月のレースに良い教訓となった。レース終了後は、噂に聞いていたランチである。時間になってもなかなか準備が整わず、さすがはいい加減なアメリカであるが、30分近く待って漸く準備が整い、ほぼ1番乗りで美味しいパスタを戴いた。初めのうちは人数も少なかったので、さっさとオカワリも戴き大満足のランチを締めくくった。…終わりよければ全てよし…。
スポンサーサイト

<< 走れるということ。 | ホーム | 久々のゴルフ、そしてその思い。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。