プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土日の日記がすっぽり抜けてしまった。忘れる前に記憶を掘り起こしておくと…。
土曜日:朝から例のロッキーズにて。日曜日のタカホー・チャレンジ(1M&5Mレース)を控えていたので、最高でも2時間しかやらない、と心に決めて。しかも、誰に抜かされようが、兎に角ゆっくりと。疲れを残さないように心がけた。ゆっくり走ると色んなものが見えてくる。左右をきょろきょろしても全く問題ないし、前方にある水溜り、枝、石、穴ぽこも全て避ける事が出来る。脚への負担は限りなくゼロに近い。登りは呼吸が乱れないように深呼吸すらもしながら余裕を持って。下りは速すぎにならないように、逆にゆっくり過ぎでは筋肉に負荷がかかりやすいのであくまでも自然体で。結局途中一生懸命のランナーに何度も抜かされたが、気にしな~いの精神で最後までニコニコペースであった。流石に最後の方だけは、ビルドアップで筋肉に刺激を入れてみたが…。気持ちよい走りでした。でも、本番3週間前になってもこんな遅いペースでロングランしてても本当にいいのか、という疑問は残りました…。
日曜日:タカホー・チャレンジへの出場(1M&5Mレース)。2号室さんより、どっちかだけ一生懸命走ることにしないと、疲れるとのアドバイスを頂いていた。1Mが先。せいぜい100名もいないレースである。しかもその殆どが普段走ったことのないであろう、子供たち(小学生ぐらいか)かおじさん・おばさんである。でも、速そうなランナーもちらほら。子供のスタート時のスピードは全速力だ。これにだまされてはいけないと思いながらも、思わずおじさんをナメルナヨ、と言わんばかりについていってしまった…。予想通り殆どの子供たちはあっという間に大失速だが、こちらは止まれません。エリートランナーはもっと速いものの、失速を始めた人たちを追い抜き、あっという間のゴール(自分の時計で6分19秒。1マイルレースは実は初めてであるが、普段のWTCでの練習で頑張って走って、1周1分35秒がせいぜいなので、実にそのペースで1マイルを走れたことになる。自己PR達成!と呼んでおこう)であった。次は5M。1Mでちょっと頑張りすぎてしまったので、不安がよぎる。でも15分弱ぐらいは休憩できたので、何とかなるかも、と淡い期待はあった。チャレンジというだけあって1Mと5Mの両方に出場しているランナーも多い。速そうなランナーは10人もいないか?取りあえずついていけるところまでついていこうと思っていた。スタート直後は皆、相手の出方を探ってか、1Mとの距離の違いを考えてか、ゆっくりペースである。2マイルまでは自分の周りにも3-4人ほどいたが(距離表示が2マイル時点しかなかったが、2マイル通過は13分40秒。自分としてはとてもよい感じ)、この2マイル通過後、横のランナーが急に速くなって行ってしまった。最後の1マイルで抜かせたらいいな、と思ったが、この二人を最後まで抜くことも追いつくこともなく、その後はほぼ一人旅(よって、途中のペース配分がわからなくなり、また2-3回にわたる微妙な上り坂に多少苦しみ、更には1Mの疲れもあってか、ペースが気がついたら落ちていた…。因みに、この自分を抜かした2人の背中はゴールに至るまで、ずっと見えていたが、この2人もその後は誰も抜かすこともなかった)。その後は、誰を抜かすことも抜かされることも結局なし。暫くは後ろに数人いたが、最後の1マイルだけはきっと速かったのだろうが、ゴールしたときには、後ろが全くいなかった…(タイムは恐らく35分37秒。後半大分落ちたことがわかります。35分を切れたらすごくうれしかったが、まあしょうがないです。でも、今の時点でこのタイムで走れたので自分としては大変満足であります。)。結局上位ランナーが30-40歳で占められていたようで、年代別入賞はならなかったが(因みに、自分を2マイルで抜かした2人のランナーは30歳代2位3位であった)、非常に身体の充実を覚えたレースであった。終わってから、無料の地元おばさんによるマッサージを受けたが、楽になったか、と聞かれてYESと答えたが、実は反って脚が痛くなってしまった…。
スポンサーサイト

<< 9月11日 | ホーム | ピラティス初体験 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。