プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日(木曜)は、遂にジムに入会。大抵長続きしないので、少しづつ無理のない範囲で続けたい。ジムではトレッドミルも当然あるが、雨の日以外は極力これをやらないことにする。やはり、走りは外で走るに限る。以前、まだランニングを始めたばかしの頃、ランニングといえば常に夜空いた頃に近所のジムに行きトレッドミルを30分、あとは筋トレ、サウナ、というのがパターンであった。確かにそれまで、運動を避けてきた自分にとっては、多少の運動癖がついた意味では収穫ではあった。しかし、決して速くはならなかった…(トレッドミルだけで速くなる人もいるらしいが、周りの景色も一切変わらず-他の人を見ているのも結構楽しかったが…-、最高でも1時間弱しか走れなかったように記憶しているので、今現在、週末に重点を置いているロングランの練習は皆無であった)。また、スピードも自由に設定でき、止めたいときに止められ、室内の空調はバッチリで、ある意味過保護な環境にあったことも速くなりにくかった要因かもしれない。実際、先日のNYCハーフのように、大雨の中でのレースというのもありえるわけなので、小雨程度であれば、外で走る方がいいのかもしれない。従い、トレッドミルはやめておこう。
前置きが長くなったが、今回ジムに入ったのは、軽い筋トレをやれること、事務所から徒歩1分の近距離(階段を降りるだけ)、事務所半額補助付、などなどが理由だが、それだけではない。ジムには無料(追加料金が要らないの意)でクラスを受けれるメリットがあるではないか。今、日本ではピラティスやヨーガが大流行である。この流行に遅れを取ってはいけない、と考えた自分は善は急げとばかりに、たまたま木曜の夜にクラスのあるピラティスを受けてみようと思ってしまった次第なのである。クラスは、女性ばかり6人と超初心者の自分の少人数制(たまたまか?)。ピラティスは、元々第1次大戦で負傷した兵士のリハビリ目的としてドイツ人のピラティスさんが考案したエクササイズ。ヨーガや太極拳などのエッセンスを取り入れたもので、体に大きな負担をかけることなく、その効果として高く評価されていることは、体のコア部分(体幹)の筋肉を鍛えることができ、人間本来の正しい姿勢や体型になる、と言われていることだ。ランニングとの関係は実に大有りである。ランニング、特にマラソンなどの長距離では、この体幹部を如何に鍛えるかが後半の粘りに繋がるはずなのだ。マラソンは実は脚の筋力だけで走るのではないらしい。体幹筋肉を鍛え(これが実に鍛えにくいというのも事実のようだ)、これを有効に使えれば、脚の筋肉への負担も軽減し、長く楽に走れるはずなのである。これを自らの体を使って実証すべく、定期的に受講してみようと思った自分なのである(3日坊主にならぬよう…)。昨日受けた感触では、自分の体は鈍り過ぎていることが実感できたが、それほどの激しい運動でもなく、週1ぐらいであれば苦ではなく寧ろ楽しかったので、数回は続くかもしれません…。まあ、ちょぼちょぼやります。
スポンサーサイト

<< 週末の練習・レース結果 | ホーム | 早朝ランと出勤 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。