プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、またまた1週間の怠慢を経て、漸くその2を書く気になった。その間も色々とあったが、金曜日には中毒患者の飲み会にて(詳細は他の人の練習日記やブログに書かれているので割愛)、モツ鍋・うどん・カツカレー・ビール・焼酎・ワインを夜遅く腹に入れ(体重が更に1キロ増えていた)、翌日にはNY中央公園にてNYRR8000のレースへ。1マイル8分ペースにならないといいな、と思っていたが危なかった…(実際にはギリギリ7分47秒ペース)。ピンチである。まあ、東京マラソン1週間前だし、タイムに拘るほどの練習もしていないし体重管理もしていないのだから、別に気にしてはいけないのだが…。

ところで、NYは本当にランニングブームを迎えている。自分にとっては実に土曜がNYRRでの今年の初レースであった。このレースは昨年はボランティアとして参加したので良く覚えているが、朝から雨が降っていたこともあって、ガラガラだった。ところが今年はどうしたものか、5000人のキャップ一杯で売り切れである。NYRRのレースでは今年からキャップ制度を導入した。基本的に5000人でレース参加を締め切ってしまう。昔は、何気なく気が向いたら出ようかな、なんて呑気に参加していたものが、今年からはそんなことは一切出来ない。余程のことがない限り、どのレースも早々と締め切ってしまって当日申し込みが出来ないのである。ランニングがブームになって、走る人が増えるのは歓迎すべきことである。しかしながら、NYCMギャランティーを得る為に9回走ることが結構難しくなっている今日この頃なのだ。早め早めにレースなんか選ばず、ちょっとでも早く9回参加を達成すると同時に、ボランティアも1回さっさとやらねばなるまい。大変な世の中になったものである(って大したこと無いけど…)。

さてさて、漸く先週のマラソンの続き。まずは、恥ずかしいラップタイムでも書いておこうかな。
1&2 19.23
3 9.21
4 9.20
5 9.06
6 9.17
7 9.17
8 9.14
9 9.29
10 9.17
11 9.35
12 10.12
13 10.14
14 10.43
15 11.24
16 12.00
17 14.12
18 11.38
19 15.18
20 13.08
21 13.26
22 13.17
23 12.56
24 13.58
25 14.41
26 14.55
+0.2 ?
Total: 4:58:27 (順位は後ろの方)

12マイル辺りにはもう苦手の上りが始まっていた。眠いし、きついし、歩いちゃいけないと思いながらも、もうダメと途中から完全に戦意喪失状態であった。どうせ道は真っ直ぐだし、誰もいないし、と目を瞑りなから、途中歩いてしまった(結局最後までダメで後半は殆ど歩いたといっても過言ではない…)。疲れていながらフルマラソンを走るのは本当に自殺行為に近い。これほど辛いものはない。本当は道端で休んでいれば良いのだろうけど、あるいは途中棄権という手もあるんだろうけど、それは流石に出来なかったししなかった。兎に角、歩いてでもフィニッシュする。途中棄権だけはしない。これがダメランナーの小さいけれど唯一の自慢だし誇りなのである。それだけが自分の50州達成への道、証なのであるから…。

少ないけれど、途中ボランティアの方々や沿道の声援がこれ程暖かかったマラソン大会は滅多に無いかもしれない。本当に心の底から応援してくれるのだ。ランナーも少ないから、一人一人に声を掛けてくれる。24マイル辺りであったか、給水所で10人程のボランティアがこんなダメランナーに全員で大拍手をしてくれた。もうすぐだよ、よく頑張ったねと…。自分の脚はこの時点ではもう走る態勢には全くない。20マイルを過ぎてからはなだらかな下りが続いていた。走れ!と自分に叱咤激励するのだけれど、一度歩いてしまった脚はなかなか言うことを聞いてくれないのだ。思い出したかのように、ちょっと走ってみるものの長続きしない。眠くて朦朧としていることもあって、全くダメというのは今回のことを言う。脚や身体のどこかが痛いのではない。いつも痛くなりがちな足底、脛、膝には悪いところは全くない。いつものジョギングのペースよりも遥かに遅いまるで散歩人のような自分に声援をしてもらって大変バツが悪い思いをした。声援に応えられない情け無い自分。でも心では常にありがとうと言っていたつもりではある…。

25マイルを過ぎて、流石に5時間が見えてきても焦りはなかった。焦ってもしょうがないのだ。人生のも焦りは禁物だし…。ここまできたらトコトン(チョコトンではない…。チョコトンは、W大の西門のそばのトンカツや)いっちゃうのだけど、でも最後まで沿道の声援に少しでも応えたいという自分もまだ残っていたのだ(勿論、脚が前に進まないけれど)。だから、4:59:59も狙えたのだけれど、大人しく最後はタイムを全く気にすることなくフィニッシュラインへ。漸く着いた。何故か嬉しいフィニッシュだった。決して褒められるレース展開でもないし、途中歩いてしまったのは折角最近歩かずにフィニッシュしていたのに不覚ではある。でも、はるばるNYから6時間かけて甲斐・価値があった。今回は無理しすぎたことは素直に反省する。睡眠不足になってしまったのは、全て自分の責任である。レース自体はこんなに心温まるものはない素晴らしいスモール・マラソンだった。何故か、感謝という一言だけが自分に残った。フィニッシュする時には最近忘れかけていた涙が溢れてきた。自分はサングラスをかけた。涙を隠すために…。

何か人として忘れてはいけないもの、見失ってはいけないもの、それが何なのかは漠然としすぎているかもしれない。NYにいると得てして忘れてしまう何かがある。時にはアメリカの田舎に行くのがいい。言葉では上手く言い表せない何かを心の底から感じることができるだろう。そういう意味でも22州目としてメリーランド州の何もないこの地・この大会を選んで良かった。無理してでも行って良かった。これからもどんどん50州を続けていけそうな気がした…。


スポンサーサイト

<< ギックリ腰 | ホーム | ポトマック河下流マラソン その1 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。