プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週末は、メリーランド州のポトマック河下流マラソンに行く決意を固めた。練習不足だし、東京マラソンまで2週間しかないし、車で5時間以上もかかるし(300マイル=約480キロ)、疲れているし、ってドタキャンする言い訳ばかり考えていたけれど、走りたくても走れない人が沢山いるのに俺は何を贅沢言ってるんだと思ったら、自分が果てしなく情けない人間に思えてきたし、折角なので楽しんでこようと心を入れ替えた。

200人が定員という超ローカルな小規模マラソンなのに、何故だか評価が頗る高いのだ。オーガニゼーションの評価が満点なのである。だから場所の事なんか全く考えずにこのマラソン大会を選んでしまった。家から5時間以上も運転しなくてはいけないというのを知ったのはつい最近だ。メリーランド州というとDCの手前のボルティモア(何故だか、巨人から上原がここにやってくる。何も無い場所です、はい)のイメージから、近いだろう(せいぜい車で3時間だと思ってた)と勘違いをしていたのだ。そこから更に何と2時間もかかる。それでも一人でなければ、メリーランド名物であるクラブ(夜飲みに行ったり、踊りに行くところではない。かにである)を鱈腹食べてしまうのだろうけど(しかもマイ・ポン酢持参で)、残念ながら全くそれは考えていない。大西洋のところを走るから眺めは抜群らしい。今回はカメラがMustかもしれない。肝心のタイムは制限が5時間45分なので、それを超えないように…。本当は東京マラソンに向けて弾みをつけたかったんだけどなぁ…。まあ少なくとも東京マラソンに向けての最終ロングランということになるだろうか。

先日、大雪が降ったNYであるが(気温もマイナス10度まで楽々なったし)、今週末はまるで初夏のような気候となる。南に位置するメリーランドでは更に暖かい。レース当日は70度(摂氏21度)という気温予想だ。これだけ激しく気温の変化があると、またまた体調を崩してしまいそうだ。でも折角だから、今回のマラソンは思いっきり楽しみたいなぁ。何も考えず、無心で、と思う今日この頃である。もしかして、春はそこまでやってきているのかもしれない。

スポンサーサイト

<< ポトマック河下流マラソン その1 | ホーム | 大雪の中で >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。