プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日の忙しさに感けてしまっていた。毎日早朝ランすることもせず(寒すぎ、道が凍っていて危ない、とか色々と言い訳だけは相変わらず得意である)、仕事でバタバタ(一応ビジーシーズンだけど、余裕を持ちたいなぁ)、夜帰ったらバタンキュー、の毎日である。1週間日本に行って、心の洗濯をしてくるつもりだったけど、日本での仕事に加えてNYとのメール、電話、スカイプが立て続けにあった(便利な世の中になったはずなのに、心の豊かさや安らぎは全く思いとは反対方向に向かっていく…)。それでも皇居ランは欠かせなかった(今回は2回しか走らなかったけれど、いつ行っても楽しい大切なひとときだ!)。

気がつけば2月である。1月はロックン巻アリゾナに出ていた。寒いNYからほんの束の間に過ぎないけれど、暑いと感じられる場所にいたということで、アメリカの広さを本当に実感した。華氏で70度近くも違うのは異常である。体調の維持が難しかった。暑さにカラッキシ弱い自分には、肉体的には辛い大会だったけれど、タイムを狙わないマラソンの楽しさも同時に満喫できた。一応、それでも最後の数マイルでは4時間29分59秒を意識しながら狙ったけれど、残念ながら4秒ほどずれてしまった。修行が足りない…。実に、これで20州目を達成した。誰にも褒めてもらえるわけではないけれど、そして師匠のまだ4割にしか過ぎないけれど、自分にはとても重要なマイルストーンと言える。あと30州。コツコツと積み上げる、残りの州までわざわざ行き1歩1歩走る続けるしかその方法はない。先はまだまだ長い。それでももうすぐ半分が見えるところまで来たのだ。19州と20州では精神的に大きな違いなのである。自分にも大目標の達成が出来るかもしれない。漸くその実感が湧いてきた。次は15日の高級車便通マラソン。相変わらずの練習不足なので、とてもじゃないけれどサブ4の達成は不可能だ。せめて、便通の抽選会に遅れないようにしたい…。

相変わらずNYは寒い。駅からオフィスまでは歩いて僅か5分でしかないけれど、その短い距離ですら結構辛いものだ。ランチに外に出るのも躊躇してしまう寒さだ。そういえば、日本では小田原の方で、早咲きの梅の花が咲いているというニュースを見た(どうなってんだぁ…)。今年のNYの異常気象からして、きっと春の訪れは4月以降になることだろう。まだまだ先だ。人間、辛抱だ。それでもNYに春が来ている頃には、あと3回フルマラソンを走っていることになるだろう。会計士の仕事はある意味有難く、外に出たくない何もしたくない冬が最も忙しい(一般的には)。若手たちは、土日も関係なく夜遅くまで働いているようだ。自分には体力的に不可能だし、そこまで自分の時間を犠牲にしてまで得られるものなど何もないので働く気はない。その分、平日の仕事への集中度は若い頃に比べてかなり増したような気がする。如何に無駄な作業を減らし、作業効率の最大化を図ることに長けてきたからかもしれない。毎月のフルマラソン大会への参加を十分に楽しむためにも、仕事を如何に上手く進めるかが重要なのである。仕事と趣味、どちらが大切か?自分には明らかに趣味なのである。不況の時代だからこそ、心に余裕を持つことが生き延びるコツだと思っている今日この頃なのだ。

今日、気がついたら4月終わりに出る田舎音楽マラソンのホテルを取り忘れていた。慌ててサイトを覗くとホテルは既に殆ど売り切れであった(売り切れ早過ぎるよ!)。いつもは、ホテルと飛行機をまず最初に確保しているのだけれど、ホテルのことをすっかり忘れてしまっていた。趣味を最優先させる自分としてはバカであった。過去の経験からは、可能な限りフィニッシュの近くにホテルを確保するのが望ましい。特に、フィニッシュしたらその足で飛行場に向かいNYに帰ってきてしまうことが多い自分にとっては、ホテルが遠いのは芳しくないんだよなぁ。大人しく、飛行場の近くにホテルを何とか確保できたからまだいいけれど…。もしホテルが取れなくて行くのを断念していたら、単なるアホでしかない。最近のマラソンブームは全く変わっていないのかな(ますます1日も早く計画を立てていかないといけないなぁ)。アメリカがどんなに経済不況で落ち込んでいても、マラソンに出るランナーたちは別世界にいるようだ。寧ろ、不況だからこそ仕事とは全く関係のない余暇を楽しみたい、健康を維持したいと考える人が増えているのだろう。でも、ほんのちょっとした贅沢にすぎないのだけれど、得られる感動はPricelessなのであると一人喜んでいる今日この頃なのである。

スポンサーサイト

<< 2月最初のランニング | ホーム | 入浴道路走者のランニングクラス >>

コメント

20州目、オメデトウございます

20州目に到達、オメデトウございます。道半ばだけど20州に辿り着く事の大変さ、そして19州と20州では大きな差があるのはよく分かります。本当に毎月確実に積み上げているのは素晴らしいと思います。2011年夏には終わりそうですね。ボクも目標を決めてやろうかという気になってきました。

RFさああん、
これからも地道にやっていきます。このままやる気が続けばいいのですけどね…。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。