プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末はロングランの日である。天気も晴れ(しかも雲ひとつさえない)となれば走りたくなるのはランナーの性というものである。ただ、寒すぎるのが難点である。今朝のNY郊外は華氏28度(体感温度は14度ー摂氏マイナス10度)だった。もう既にマイナス15度の状態で走っているから、寒くて走れないというのは怠慢な言い訳に過ぎない。大人しく防寒をして外へ出た。う~ん、寒い…。コースは家から初めて出る(ハーツデール)を抜け、サクソン森まで行き、格好つけてる(すかしてる→スカースデール)を抜けて家に戻る1時間45分コースである。このコースは以前は週末となると必ず走っていたのだけど、ロッキーズを知ってからは走らなくなっていた。アメリカにしては珍しく、歩道を走れることも多いので、危険は限られている。ただ、ここ数日の雨の影響でそこらじゅうで水溜りが出来ており、またこの寒さで凍ってしまっていた。転んだら大変なので、それだけは気をつけて走るようにした。このコースはアップダウンが激しく、脚を作るのに比較的適してると思う。ロッキーズまで行けばそれ以上の効果があるのは間違いないんだけど、車に乗っていくのが面倒で…。明日こそは、冬のロッキーズLSDを一人楽しもうかな、とぼんやりと考えている自分なのである。

さて、師匠夫婦の50州走破はいよいよ明日となった。50州を夫婦で達成すること自体、偉業であることは間違いない。アメリカの50Staterはおじいちゃん、おばあちゃんも多いから夫婦で一緒に達成するケースもかなりの数になるかもしれないし、日本人からすると想像も出来ないようなツワモノも多いことは間違いない。でも、師匠夫婦が決定的に凄いことが一つあるのだ。しかもこれは殆どの人には真似はしたくても出来ないのである(恐らくは、超エリートランナーでも無理である)。師匠夫婦は50州という量だけでなく、タイム・優勝という質も伴っていることである。フルマラソンを年間10回以上走るとわかることであるが、通常は本気で狙うレースとそうでなく練習がてらのレース(こういうのをレースとは呼んではいけないのだろうけど)に分けないと脚だけでなく身体が持たない(精神的にも辛いものだ)。50州を走破するコツは、タイムを狙わないこと。これは自分が50州を始めようと思ったときに聞いた話だ。無理をして故障とかをしてしまうと、忽ちやる気が失せ、50州を走るなんて気力が起きなくなる。タイムを狙わず、レース中ゆっくりと走ることを楽しむ、これが大切なのである。ところがである。師匠夫婦は、タイム・総合優勝・入賞という質も同時に手に入れた。ご存知であろうが、お雪さんに至っては、49州のうち11州にて見事な(総合)優勝、優勝以外の入賞は実に28州を数える(数え間違いがあったらゴメンなさい)。実に2割以上の確率で総合優勝を果たし、約8割の確率で入賞以上をしていることになる。これは快挙とか偉業ということばで済ましていいものなのだろうか、と思うくらい凄いことなのである…。自分には絶対追いつくことは出来ないけれど、周りにいたということが自分の人生にとっての誇りであり嬉しいことなのである。
スポンサーサイト

<< 50州走破の夢 | ホーム | 人間は変われる! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。