プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は雨。何故か暖かい。一昨日と比べると、50度近くも違うってどういうこと?昨晩は今日の雨を読んで、夜走ってみた。念のために、防寒していたのだけれど、不要だった。気温が50度近い場合には防寒は矢張り要らない。かえって、汗をかきまくりでばててしまったくらいである。

日本でトレーニング・LSD用のシューズを調達してきたのだけど、とても調子がよい。M社のは固いというイメージがあったのだが、意外にも実際に履いてみると、心配していた足への衝撃は少ないのである(というか不思議と全く感じない)。ランニングシューズのクッション性というのは、単に柔らかいかどうかという意味ではなく、どれだけ地面との衝撃を吸収してくれるかだ、というようなことを見聞きしたことがあるが、結構それに当てはまっているかもしれない。今まで何をしていたのだろう…。

さて、今日からN夫妻が50州の締めくくりとしてホノルルに行っている。日曜はホノルルマラソンである。50州目、銀婚式を、南の楽園ハワイで祝えるなんて大変羨ましいことである。思い返してみれば、ご夫婦には、かばん持ちとして色んな州に同行させてもらった。お雪さんが女子優勝を飾る一方、陰ながら4時間44分44秒のぞろ目フィニッシュを達成したミシシッピーマラソン(ミシシッピー州)。目標だった3時間50分切りをギリギリ達成でき、一緒に喜んでもらえたファーゴマラソン(北ダコタ州)。ご夫婦で2日連続マラソンという恐ろしいことを平気でこなし、自分の遅いペースに合わせてくれまでした(因みに、お雪さんは5回くらいトイレの行列に並んでかなりのロスタイムがありながら、トイレ休憩ゼロの自分は20マイル過ぎであっさりと抜かされてしまった…)、国のマラソン(DC)。ロブスター食べまくりの山砂漠島マラソン(メイン州)。自分の飛行機遅れまくりで、参加が危ぶまれたハプニングがあったけど、お雪さんがレースデレクターに掛け合ってくれたお陰で参加が可能になったデズニーの世界マラソン(フロリダ州)。どれもこれも思い出で一杯。それほど大人の合宿は楽しかった。大人になると無邪気にはしゃぐことなんてなかなか出来ないのだけれど、大人の合宿でははしゃぎまくった。今の自分が50州走破を目指すようになったのも、全てはご夫婦のお陰である。何となくそういうものがあるというのは知っていた。でもまさか自分がそれを目指そうなんてことは夢にも思わなかった。正夢(勿論、走破にはまだまだ時間とお金がかかるけど)にしてくれたことには感謝してもしきれないだろう。人は一人では生きていけないとよく言う。生きていくだけであれば一人でも不可能ではない。でも充実した楽しい人生を送るには、人との出会い・支えあいはMustである。今自分はそのことをあらためて思っているのである。

ご夫婦の50州達成はその一部でもお供できた自分からすれば、まさに自分事のような嬉しさだ。これからは独り立ちして50州を目指さなくてはいけない。でも、先人に少しでも近づけるように楽しみながら頑張っていこうと心に誓う今日この頃なのである。ご夫婦の暖かい地での偉業達成を寒いNYの地から心から願っている。
スポンサーサイト

<< 人間は変われる! | ホーム | 年の瀬を迎えて(ちょっと早いかな?) >>

コメント

さすが

けにーさんは作家になれますね。本当に文章がうまいと思います。
そうです。けにーさん。サーチャージも下がってきたし頑張ってください。

Blue 3さん、
全くお恥ずかしい乱文の数々をお見せしてしまっています…。今日のニューヨークは昨日までの雨から一転して午後から久しぶりに晴天となりました。やっぱり、曇ったり雨が降ったりしているよりも、寒くてもスカっと晴れ上がった天気の方が気持ちがいいものですね。今日の青空は特別綺麗に感じます。

私は作家にはなれませんよ(一応、大学の学士は謎の文学士なんですけどね…)。それは、”作家く(錯覚)”というものです…。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。