プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NY郊外では、日曜の午前には雪が降ったと思いきや、午後からはとてつもない強風が吹き、地域一帯は凍りつくような寒さに変わった。雪が降ったといっても、道路に積もるようなものではなかったので、その気になれば走れたのであろうが、根弱な自分はサボりという選択をさっさとしてしまった。実は、今日の方が遥かに寒い。今朝は華氏で18度(摂氏でマイナス8度)、体感気温としては華氏で5度(同マイナス15度)となっていた。いつものように万年時差ぼけの自分は5時前に起床し、多少の躊躇いはあったものの、日曜にサボってしまったこともあって、6時過ぎから5キロだけ走ることとした。勿論、防寒対策はバッチリして。普段だったら、必ず何人かのランナーを見かけるんだけど、流石に今朝は見かけなかった。家を出た瞬間は吐く息も吐いた瞬間から凍ってしまいそうで、俺はアホかと思った。でもこれがまた不思議なのであるが、一旦走り出してしまえば何てことない、すぐに身体は温まり、外気に晒されている顔の一部だけが冷たいだけだった(寧ろ気持ちよかった)。恐らくは1時間以上この気温で走ると身体に多少なりとも影響はあるかもしれない(ある人に言わせると、華氏20度以下で15分外気に晒され続けると、肺が凍るかもしれないとのことだった。本当???私は、その人は大げさだと思います)。でも30分だけ、しかも走っている分にはそんなこと関係ないかもしれない。皆が休んでいるときに走る、この精神的な一種の優越感が重要なのである。何か、朝から得をしたような気がした。早起きは三文の徳なり。

寒中というと水泳が有名だけど、それより防寒対策がしっかりと出来うる寒中ランニングは長時間でなければ何の問題がないことがわかった(今頃、わかるなっちゅうの)。これからは寒いから走らないという言い訳は出来そうもないな、とちょっと自爆してしまう今日この頃なのである。
スポンサーサイト

<< 年の瀬を迎えて(ちょっと早いかな?) | ホーム | 入浴してぇ~マラソン出走記(その1)ー前書き編 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。