プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日で5月も終わる。そしてサロマ湖100キロまであと3週間だ。5月はあっという間だった。退職に始まり、裁判、無職、とランニング以外のことで一杯だった。裁判が終わるまでは肉体的にも精神的にもとてもじゃないけど走る気にはなれなかったのは事実だ。起きたことはくよくよしちゃいけない。前を見て進みたい。
裁判の後はずっと休みだった(だって無職…)。少しずつでも遅れを取り戻すことも出来ただろう。でも、ウルトラ用のトレーニングはどうやら毎日5キロや10キロを走るよりも週1でもよいから超ロング走が効果大らしく、5時間走、6時間走を1回ずつこなし、あとはちょぼちょぼだけ走った。こんないい季節に風邪を拗らせて2-3日休んだ日もあった。これも6時間走ったことで治った(不思議だ!)。来週からは新たな転職先で働きだす。どうなるかわからないけど、以前よりは時間的なプレッシャーは少なくなることを願っている。そして、ランニング中心の生活を取り戻したいと思う。
6月には、明日の1日に日本走(4マイル)、22日にはいよいよサロマ湖100キロだ。最低限のロング走を漸くこなせたので、今では不安・心配よりは楽しみ・嬉しさの方が勝っている。サロマ湖のパンプレット曰く、”自分のために走りだし、誰かのためにゴールする”。ウルトラは自分にとってはとても大きな、そして高い壁だ。でもこれを乗り越えてみたい。少しでも応援してくれる人のためにもゴールして喜びを分かち合いたいと思う。ゴールするとそこには何があるのだろう。考えるだけでもワクワクする。人生観が変るとまで言わないけど(もう、今回の裁判沙汰で自分の人生観は十分変りました…)、自分が成長できる何かの切欠になるのかもしれないし、そうなりたく思う。あと3週間。待ちきれない…。
スポンサーサイト

<< TVばかり見ている… | ホーム | 今日は遂に6時間走! >>

コメント

想像を超える世界への挑戦、私までワクワクします。けに~さんが、どんな風に日本に着いて、どんな風に北海道で100キロ走って、どんなものを食べるのか(これははずせないです)楽しみです。

ウルトラマラソンとフルマラソンの大きな違いの一つとして、ウルトラマラソンでは食べながら走るということが必要不可欠になるということです(そうでないと13時間近く運動し続けるエネルギーが持たない)。サロマ湖での最大の楽しみは、55キロでのエイドステーション、そして何といっても75キロでの”おしるこ”だそうです。ただこれにありつけるには、70キロでの関門を突破すること(50キロ以降の10キロ毎の関門のうち、70キロを突破できるかどうかが肝心なのだそうで)、そしてある程度のポジションで通過すること(遅いとなくなるらしい)、が必要です。
それ以外にも、北海道での食事(といっても民宿に泊まるのでどうなんでしょうか?)、そしてその前後の東京での食事(またいつものパターンで、築地中心?)も楽しみです。
相変わらず食べることばかりの私です…。

ええーっ、エイドステーションでおしるこが出るんですか。75キロがおしるこなら、55キロでは何なのでしょう。まさに地獄に仏?っぽいですね。遅いとなくなるなんて悲しすぎる。何としても食べてくださいねっ!!妙な励まし方ですが、、、

まこちゃんさん、
そうなんです。別に甘いものは好きではないですし食べれなくても全然構わないのですが、75キロでのおしるこを食べるというのが一つのモチベーションとなりますね、はい。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。