プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日からは何もする必要のない自由な時間がたっぷり流れる2週間のスタートだ。とは言っても1日中走れる走力があるわけでもないし、第一、この1週間は走りが滞っていたので、ウルトラマラソンのトレーニングとしていきなりの5時間走は無理である(ここまできて故障だけはしたくない)。今日は大人しく2時間走のみ。走り始めたときは絶好の天気だったけど、風があったので念のためウィンドブレーカーを着用した。途中で天気が変わり風もかなり強くなったので、珍しく予想が上手く行った。
さて、今は運転が出来ない。従い、家を拠点に走るしかない。2時間コースは自分のお気に入りコースがある。家から中央公園通りを北上し、ルート100Aを通ってハーツデール駅へ。ここまではフラットで走りやすい。中央公園通りは相変わらず警察の車がうろちょろとスピード違反を狙っていた。中央公園通りは田舎の道とはいえ大通りである。制限が30マイル(約48キロ)はとても厳しいので、ちょっとアクセルを踏んだだけでチケットが切られる寸法である。何とかして欲しい…。さて、ハーツデール駅を超えると高級住宅地のスカースデールへと入る。1時間コースであれば、ただ単にスカースデール駅を目指せば家に向かうことが出来る。アメリカの駅の間隔は日本のそれとは大きく異なる。歩けるけど、歩きたくない距離である。だから、アメリカ人は駅と駅の間であれば、バスを使ったり、車で駅まで行き駐車してマンハッタンの職場へ向かう。実は走りに慣れてしまえば、大した距離ではないのだが、太っちょのアメリカ人にはそれができない。駅までバックパックを背中に背負って走ったアメリカ人を見たことがあるがこれは例外的といえるかもしれない。日本では通勤ランと称して、家から駅までを走ったり、凄い人だと職場まで走り通してしまう。流石は日本人。因みに車の運転に慣れてしまうと、道を隔てたところへ行くにも車で行ってしまうのがアメリカである。多くの場合、人が歩くということを全く想定していないアメリカだから仕方のないことなのだろうか…。スカースデールの家は相変わらず豪華である。小さい家でも1ミリオン(1億円)を下るものはないし、桁がちがっているものもある。のほほんと仕事をしない自分には全く縁のない話である。でも、横を走るのはタダである。最近は、気候も良くなったからなのか、売りに出そうとしている物件が目に付く。そこらじゅうOPEN HOUSEの看板が立っているからすぐにわかるのだ。気候がよいと人が動くのだ。その点、走りというのは寒い冬にコツコツと走っていないと春はおろか、その1年上手く走れないような気がする。秋のレースにしても冬の土台があるからこそ力が発揮できるのだ。NYの夏は暑い(短いけれど)。走りには向かない。大抵、1時間も走ればへこたれてしまう事ばかりだ。自分は暑いのが一番苦手なのである。元から汗っかきなので、耐えられないのだ。日本では優れた吸汗素材でできたウェアがたくさんあるけれど、アメリカのって、そういった素材を使っているはずなのに、自分が着ると汗でびっしょりになってしまうので辛い季節なのである。今のうちに走りこみをするしかないのである。さて、1時間も走らないうちに(因みに、暫くはアップヒルが続くので良い感じに脚に負荷が来て良いコースと思う)、サクソンウッズへ。ここは自分のゴルフのホームコースだ。もう最近は行っていないからよくわからないけど、1プレー30ドルくらいするみたいだ。自分がやっていた頃は20ドルもしなかったから、いつの間にか高くなっている。ゴルフはそういう意味で本当の庶民のスポーツとは言えなくなってしまいそうな勢いである。30ドルだと毎日プレーすることができなくなってしまうではないか…。その点、ランニングはタダである。シューズとウェアの初期投資さえ行っていれば、自分の気の向いたときにぶらっと走ればいいし(勿論、予約なんか要らないし)、どれだけ走ろうと自分の勝手である。しかも一人で出来るのがとても良い(ゴルフも一人で出来るけど)。仲間がいたら更に良いことは間違いないが、一人でも自分の世界に入ることが出来て好きだ(実はゴルフも一人でやると、自分の世界に浸れる。仲間とだと楽しい一方、精神的な修行や自然への敬愛といったことはちょっと難しく感じる)。ただ、走りの方は一人でいると、何故かいいアイディアが浮かぶことが多い。ゴルフは色々と考えてしまうだけのだけど、走っているときには人間は無になれる。始終何かを考えているわけではないし、そういう余裕はないような気がする。何か、座禅を組んだときのような気持ちになれるのだ。だから、一人でしかも長時間走っていると、とても謙虚な気分になれるし、とてもポジティブな自分になれるのだ。人間は”無知の知”を悟れると、可能性の幅が広がると信じている。自分は何も知らないということを知っている、ということを(宗教に入っているのではないのでご安心を)。謙虚さ、正直さ、ひたむきさ、…。さて、かなり脱線したなぁ。サクソンウッズを折り返し、帰りは異なる道を通って帰る。アップダウンの激しい道は脚に堪えるけれど、確実に自分の力になると信じて走るようにしている。スカースデール駅を抜けてからの、”いろは坂”のくねくねとした上りは特に堪える。息も絶え絶えになりながら、坂のてっぺんまで行ったときの爽快さは格別だ。人生、楽あれば苦あり、苦あれば楽あり、というけど、これってランニングもそうだ。アップダウンを乗り越えることもそうだし、脚が痛いとか息がきつい時でもガマンしていれば必ず楽になるときがある。マラソンの壁もそうやって乗り越えていきたいな、と考える今日この頃なのである。そんなこんなで家に着くと、1時間58分00秒であった。久しぶりの2時間ランはやはり気持ちが良かった…。
ところで、ウルトラマラソンにおいてはいつが一番キツイ壁なのだろうか?もしかして、30キロを過ぎてから最後まで壁が続くわけではないですよね???
スポンサーサイト

<< 強化訓練2日目 | ホーム | 自分の20年を振り返って >>

コメント

仲間が必要な時は、いつでもお声かけてくださいね~~。
若いおネェチャンでなくて申し訳ないですが~v-40


有難く。朝、学校の方へ寄ったのですが、不在のようでしたので(車がなかった)、そのままブロンクス河公園道へ走りに行ってしまいました。今度、挨拶させていただきます。

あらあら、それは残念でした!

今年度は、原則として、火・金はお休みにしたんです。
でも、必ず誰かがお休みするので、サブで出勤が多かったのですが、レース後ということもあり、しっかり休んで、代わりにロッキーズに出勤してました~!

そうでしたか。家のそばで走るとなると、ブロンクス河公園道が一番快適なので、またきっと寄れます。今日は諸般の事情により走りを休んでしまいました(古いせんべいを食べて食中毒?)。が、明日はちょっとだけ長時間ランを目指します!
土曜はニャーママさんとロッキーズにて修行です。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。