プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝は久しぶりに5時に起きた(たまたま起きてしまった、が正確)ため、早朝ラン。5時半に家を出ようと思っていたら、まだ暗いのですね…。もう秋ですね…。そこで、秘密兵器としてヘッドランプを頭につけ、更には蛍光ジャケットを羽織り、いざ出発。家のそばのRt100は朝早くは車・人が殆どいないものの、たまたま通った車は、まさか人が走っているなんてことを想定することもなく(注:アメリカに歩道という概念はないため、道路を走るしかない)、秘密兵器無しでは轢かれてしまうリスクは多分にあるのである。実際、自分の存在がわかってもらえたらしく、あわててレーン換えをした車が2台ほど。まあ、無事に終了。
インターネットにて、マラソンの千葉真子が北海道マラソンをもって選手から引退すると言う記事を読んだ。一応、Yomiuriのトップ記事として載っていたが、一マラソン選手の引退記事がトップを飾るとは凄い(高橋、野口じゃないのに)。そういえば、有森裕子も既に引退したが、引退するのとしないのとどう違うのだろう。大変失礼ながら、あれっ、まだ現役だったのと思う人もきっといるでしょう(私はその一人)。きっと、これは素人考えで本人にとっては、一線から退くことは大変な覚悟なのであろうと察する。一方、一市民ランナーでしかない私にとっては、マラソン引退などと言う言葉はない(し、引退宣言したところで、ああそうとか、走ってたの、なんていわれるのがオチであろう)。生涯マラソナー、これが私の人生の隠れた目標です。
スポンサーサイト

<< 金曜夜の反省。 | ホーム | 今日はいつものWTC >>

コメント

生涯マラソナー

v-276同感です!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。