プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実にこの1ヶ月色々なことがあった。ある自分の過ちのために、ブログ更新どころか、走る気力すらも無くなっていた。6月22日にはサロマ湖100キロウルトラマラソンも控えているのに…。普段怠惰な自分に課された試練であり、人生をもっと謙虚に生きるようにと神の聞こえざる声に素直に従おうと決めた。まあ暫くは懺悔の日々である。

時間を遡ろう。

5月11日(日曜)
お雪さん・内乃助夫妻にロッキーズまで連れてってもらった。ロッキーズに行ったのは実に1ヶ月以上ぶりである。その間週末の運転が禁じられていたのだから当然である。そこには、じょうちゃん、RFさん、ニャーママさんがいた。皆優しい。いつも走りのことしか考えていなければ、あの過ちは起きなかっただろうに、と後悔しつつ、これからまた出直せばいいではないか、と思いが錯綜する。幸いにも走っている間は、そんな辛いことすらも忘れていた。一方、ロッキーズの大自然を見ていたら、小さな自分が恥ずかしくなった。
久しぶりの3時間超のランニングは脚にかなり堪えたけど、1ヵ月後のサロマに果たして間に合うのだろうか???

5月9日(金曜)
NYマラソン中毒患者の会(NYMCKK)の前半戦お疲れ様会に出席。会社から直接マンハッタンには行けないので、昼過ぎに会社を早退し、一旦家に帰り、電車を使ってマンハッタンへ。毎回新しく会に参加する人も多い。NYには色んなランナーがいることを痛感する。でも走りへの思いは一緒である。長い間、幹事を引き受けてくれたRIKIさんも遂に日本へ帰国だ。長い間お疲れ様。ランナーとしてのレベルは全く異なるが、自分の走りへの情熱は同じように持っている(と信じたい)。この数年、日本に帰国する人も続いているためNYMCKK日本病棟が充実してきたように思う。丁度、自分の出身学校である某大学NY稲○会の東京支部(?)の規模の方が本家本元のNY本部を遥かに凌駕するように。でも心が一つに繋がっている限りダイジョウブ。それに、自分は日本にちょこちょこ帰国するようにしているので、その気になればまた会える。
数週間前までは、この会への参加も出来ないかなと思えるほどの精神状態だったので、実は参加できた自分がとてもうれしかった。
しかし、○○○xxxxさんの存在感はピカイチである。あの雰囲気が何ともいえない。彼がいる限りNYMCKKは不滅と感じ入る今日この頃である。

5月7日(水曜)
久しぶりというか今年初めてWTCの練習会に参加した。全然速く走れないけど(1周1分40秒ペース=1マイル約6分40秒)参加してよかった。2号室さん、ドラえもんさん、志保さんに会えた。相変わらずコーチ・マイクは手を叩いていた(見たことがある人しか何のことかわからないだろうけど)。知らない間に、White Plains高校のトラックが立派なものに変わっていた。これは金持ち高校のスカースデールやエッジモントよりも凄い。一見の価値有。これからは可能な限り参加していくことにしよう。たまに、ヒィヒィハァハァとなるのもいいことだ。いつも遅いペースでしか走っていないといつまでも遅いランナーのままでいるような気がする。自分のマラソンの原点は週末のLSDと水曜夜のスピード練習にあったことを思い返させてくれた。人は原点に戻り素直になるべきだと感じた。

5月5日(月曜)
会社に辞表を提出した。12月の転職は成功ではなかったが失敗でもなかった(と信じたい)。勤務期間5ヶ月というのは最短記録であるがこれでもかなりガマンしてきたつもりだ。駐在員に関しては色々と蟠りはあるけれど気にしない。ただ可哀想な人間だと思うだけだ。でもこれで少しだけだが肩の荷が下りた。自分の一般事業会社でのサラリーマン生活はこれで幕を閉じることになるだろう。自分は組織の歯車になるのは無理である。伸び伸びと、そしてのほほんとした人生をこれから送っていきたいと考えている。安らかな優しい時間が欲しいだけの自分なのである。

5月3日(土曜)4日(日曜)
本当は、ネブラスカ州リンカーンで行われるリンカーンマラソンに出る予定だったが、車が運転できないこと、マラソン当日のNY帰宅が難しいことから、出場を断念した(実際には数週間前に決めていたのだけど)。会社の駐在員は思いっきりの会社人間・仕事人間であり、趣味を仕事より優先させる自分のやり方を咎める性格であり、今の会社にいては50州走破を気持ちよく出来ないというのも退職した大きな理由の一つなのである。自分は何度も言うが、仕事は必要悪だと思っている。趣味もなく、仲間もなく、週末は寝て過ごすだけ、なんて人生は真っ平だ。お金をどんなに積まれても、そんな生き方は例え数ヶ月でもガマンできなかったのである。
リンカーンに行けなかった代わりに、ブルックリン半分マラソンには出場した。練習も出来ず完走できるかも自信がまるでなかった。何年か振りの2時間台だと嫌だなとは思ったが、ここまで精神的に落ち込んでいたら仕方あるまい。でも家でじっとしていたらもっと気が滅入ってしまうと思って、電車・地下鉄を繋ぎながら2時間半くらい掛けて、スタート地点のコニーアイランドへ。
スタート地点では、馬次郎さん、京太郎さん、正ちゃん、にお会いでき、心が和んだ。心はビクビクしていた。でも3人に会えたら、何だか自分ひとりで悩んでいても仕方ないな、と思えるようになった。
自分はブルックリン・半分マラソンのコースが好きである。ボードウォークを走ることの快適さ、その後のフラットな真っ直ぐな道、そしてプロスペクト公園でのアップダウン。この3部作のような変化が好きなのだ。ハーフマラソンだけあって、走りながら色んなことを考える。この日は走りのことはともかく、矢張りそのことを思い出してしまった。だからではないだろうけど、途中からペースもガタ落ち。途中もし歩いてしまったら確実に2時間の大台は超えていたことだろう。でも自分にも少しだけ意地ということだがあったようだ。でもタイムはこの数年で最も悪いタイムだった。でも、それでも良かった。レースに参加でき、そして完走が出来た。少しずつレースに慣らしていこう。すぐには戻れないかもしれないけれど、ほんのちょっとずつでもいいから。色んな回り道をしながらでも、2歩下がってもまた3歩進めばいいじゃないか。そう、自分に言い聞かせた...。

4月19日(土曜)から4月27日(日曜)まで
2ヶ月ぶりの日本帰国。実に楽しい。アメリカで嫌なことが続いていただけに、日本の良さだけが目立つ。毎日、何をするというわけではなかった。兄弟との話し合いがメインであったし、それは無事完了した。それ以外にはゴルフをし、残りはランニングだ。ゴルフをしに行った日以外は基本的に泊まっていた弟の家(上野桜木―日暮里のそば)から皇居まで走り、皇居ランを楽しんだ後、そのまま銀座を通過して(東京マラソンでここを3万人が駆け抜けたというのが今でも信じられない)築地へ。カレー、ラーメン、牛丼、マグロ丼、…。何でも美味い!何でも不味いアメリカで節制生活をしているだけに、日本に来るとついつい食べ過ぎてしまう。折角、2月3月とダイエットをして、山本譲二アマラソンで久しぶりのサブ4を達成できたのに、またやり直しだ…。多分この1週間で3キロはリバウンドしただろう。せめてもの償いとして、食べたら走るということを実践すべく、築地から上野桜木まで走って帰ることにした。満腹状態で走るとどうなるか、という実験でもあった。結果はダイジョウブ!であった。もっと横っ腹がいたくなったりするかなと思っていたけど、ゆっくりとしたペースである限り、食べていても走りに然程は影響がないことがわかったのだ。ウルトラマラソンでは栄養補給を如何にするかが課題の一つであるが、ちょっとだけ自身が出来た。
東京ではNYMCKK東京支部のBlue3さんと皇居・築地ランへ繰り出した。いつも自分のペースに合わせて走ってもらうので申し訳ないと思っている。築地ではアナゴ丼を頂き、古い感じのコーヒーショップへ。楽しい時間を過ごせた。快速Blue3さんは6月終わりには父親になる。2世もきっと速いんだろうなぁ…。ところで、自分より一足先にBlue3さんも転職の道を選んだ。エリート度、プロフェッショナル度は自分は完全に劣っているが、少しでも自分の時間を余分に持ちたいと言う気持ちは共通している。やはり、人生は楽しまないとね。

4月18日(金曜)
生まれて初めてアメリカの裁判所に行った。地元の小さな裁判所に過ぎないが、厳格な雰囲気が流れる。弁護士には、お前は基本的に喋らなくていいと言われていたし(実際は結構喋らなくてはいけなかった…)、ジタバタしても仕方ないので、あるがままに任せるようにした。裁判長の前では流石に緊張した。もし変なことを言ったら大変なことになりそうだ、と思ったので日頃発揮しえない物凄い集中力を発揮したように思う(これがマラソンの時にも出たらいいのに…)。一言も逃すまいと必死であった(結構ざわざわしていて聞こえにくいのだ)。結局、この日だけでなくもう一度裁判所に行かねばならなくなった。早く終わらないかなぁ…。すっきりしないと何もできやしない。仕事、ランニング、…。

4月16日(水曜)
11月までいた嘗ての上司と会う。兎に角、自分が離れてから(自分以外にもマネージャー級が3人辞めているし)、ビジーシーズンを乗り切るのが大変だったようだ。彼は、某大手会計事務所の日系部門の全米トップであった会計士であり、会計人としての有能さもさることながら、人間としても尊敬できる人である。我侭にもこの5ヶ月間、外の空気を吸わせてもらった。今、その事務所はある意味ピンチ状態である。尊敬すべき人から戻ってきて欲しいと懇願された。拒絶する理由は全くない。大人しく受け入れる決断をした。人間はお願いされるうちが華である。この機会を逃したら間違いなく二度と同じような機会は巡ってくることはないだろうし、後悔することになると自分はわかっているのである。

4月11日(金曜)
運命の日であった。人生はこれで大きく変わってしまった(と思う)。会社帰り、スタッフと飲みに行き(飲みすぎた)、帰り道、飲酒運転で捕まってしまった。手錠は掛けられるし、Jailに閉じ込められるし、犯罪者になるし、散々…。
皆さん、飲酒運転は絶対止めましょう!物凄く後悔します。5月になってパネルセッションみたいのに強制参加させられたが(その時は300名参加者がいた。多いときは800名来るのだそうだ。因みに、田舎でなのでNYCだったらもっと凄い人数に違いない)、そこでいいことを言っていた。捕まったのは、“運”の問題ではない、“タイミング”の問題なのだと。要は、そのとき捕まっていなくても、そのうち“必ず”捕まるのだ、ということだ。
自分は、もう金輪際、飲酒+運転を止める決心をしたのである!(やりたくても免停だから運転できないんだけど…)

てなわけで、今後はもっと真面目に生きていかなくてはならなくなった。次に問題を起こしたら、即刻、強制国外追放処分になる可能性がでてきてしまったのだ。そうならないためには、弁護士曰く、さっさと米国市民権を取得しろ、とのこと。でも、この弁護士は、飲酒運転逮捕歴があると市民権取得が簡単には出来なくなることをご存じないようだ。まあ、暫くは辛抱あるのみである、と心に強く誓った自分なのである。




スポンサーサイト

<< 自分の20年を振り返って | ホーム | 春到来 >>

コメント

けに~さん、

ブログが更新されるのを楽しみに待っていましたよ!

さぁ、これからは、しっかり前を向いて胸を張って走っていきましょう!!



けにーさん、

ボクも待っていました。

人のことを言えた義理ではないけど、後悔しないように生きたいですね。口で言うのは簡単、でもけにーさんがいつも言う『楽しく生きる』ためには必要ですよね。

サロマ、今年は行けないけど一緒にトレーニングしましょう!!

ダイジョウブダイジョウブ

けにーさん。大丈夫ですよ。全然大丈夫じゃないですか。これからは素晴らしいランニング生活と会社生活が待ってます!
また会いましょう。そしていつものけにーさんで僕を励ましてください。

はじめまして

NYCMの事で検索して 貴ブログを知り
以来 愛読させていただいてます。
私は貴方やお仲間には近づくことも出来ない
週に1度走る程度のスローランナーですが、同じくNYで生活している人間として 今日久々に読ませて頂いた内容について非常に重く受け止めました。
特に飲酒運転逮捕の件。頭から離れるには
時間が必要だと思いますが、
しっかり走って乗り切ってくださいますように。陰ながら応援してる人間の存在を知らせたくて始めてコメントしました。

お雪さん、RFさん、Blue3さん、ドラゴンさん、
皆さんの心優しきお言葉、しっかりと受け止めさせて頂きました。ありがとう!
23日に最終判決(って呼ぶのかな?)が出ますので、それまでは緊張の日々がまだ続きそうですが、来週から2週間休みですので(運転できないので、家の周りをウロチョロするぐらいでしょうけど)、走りこみをしてみたいです。
実は今思い返しても恐ろしいところにぶつかったんです(飲酒+居眠り...)。道路の脇の低いコンクリの壁みたいなところに車をゴチンとぶつけてそれがもとで、タイヤが曲がってしまって変な走りをしていて捕まったのですが、このぶつかったところは下が道路になっているんです。即ち、もし壁を突っ切っていたら、下に落ちて即死でした...。不幸中の幸いは、掠り傷一つもなし、体に後遺症もなし(今のところは。飲酒運転の人は全身の力が抜けてしまっているために、怪我をしないケースが多いらしいです。あるいは、大勢で車に乗っていて、運転手だけ死ななかったというケースも多いらしいです)、人にぶつかったたわけでもなし...。恐らくは飲酒でたまたまそのぶつかった時だけ物凄くスピードが落ちていたんでしょうねぇ...。気をつけましょう!
尚、今回ピンピンしていられるのは、亡き親が助けてくれたのだと思うんです。先日、日本に帰った際に、両親の墓参りをし、感謝をさせて頂いたことは言うまでもありません。
これからも助かった命を大切にしていきたいですね、はい。

けに~さん、お帰りなさい。

どうされているかなぁと思っていました。
大変でしたね。
私なら、自分の過ちをブログ上で書く勇気もないと思います。そして、誰もケガしなくて、よかった。

また、元気に走り出してください。

ハッピーバースデー

けに~さん、一番大事な事書き忘れてしまいました。
お誕生日、おめでとうございます。
そして、いつもいつも私のゴルフへアドバイスやコメントありがとうございます。
リバウンドしてしまった体重も戻しつつ、また、お仲間と楽しみながらこれからも「走れ、けに~」でいってくださいv-221

お誕生日、おめでとう!

↑↑↑
ほんとだ、ほんと、大事なこと!!

けに~さん、お誕生日おめでとうございます!!

生んでくだって、そして、今回助けてくださったご両親、苦悩のけに~さんを支えてくださったご家族の皆さんの為にも、この新しい一年、大切に過ごしましょうね!

素敵な一日、素敵な一年になりますように♪

まこちゃんさん、
有難うございます。もう43歳になってしまいました…。アメリカに来た当初はまだ25歳だったのに…。
この1ヶ月でどん底も味わいましたので、これからは上に上がっていくのみであります、はい。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。