プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、母の命日である。今日だけは自分ひとりでじっとしていたいと思う。36年前の今日から自分の人生は大きく変わった。それまで、一時も離れることもなく、ずっと一緒にいたぐらいだから(幼稚園のときは兎に角甘えん坊で)、そのショックは計り知れなく、今ですらもその時の情景は浮かんでしまう(交通事故であっという間だった)。恐らく死ぬまで一生忘れることのない心の痛みである。でもその日から自分は誰にも甘えることが出来なくなった。甘えたいという気持ちはずっとあるけれど、逆に自分は自分なりに自分自身の力で人生を考え生きていけるようになった。それも母が天国からいつでも見守ってくれているという安心感があるからだと思う。これからも見守っていて欲しい。自分もそれに恥じない人生を送るから。

今日の夜は昨日に引き続き、スカースデールへ。思ったとおり夜は寒い。しかも風が結構強いものだから、その寒さは尚更厳しいものだった。今日は、スキーの手袋をしながらだったからちょっと走り始めたら汗もかき始め、最後まで意外と快適だった。気持ちよく1時間のジョグ。今日は流石に、道に迷うこともなく、スカハイに戻ってこれた。走りはじめにはトラックに何人かランナーがいたけれど、戻ってきたら誰も走ってはおらず、完全防備のウォーカーが2人いただけ。何となく寂しかったけれど、走り終わった後の満足感は高かった。こんな寒空でも走れた喜び。それは、母親が自分を五体満足な形で生んでくれたお陰に他ならない。自分はいつもに増して、母親に感謝したくなった。ありがとう。
スポンサーサイト

<< 山本譲二ア・マラソンにて北島さぶフォー達成! | ホーム | 雑感 >>

コメント

けに~さん、お久しぶりです。ご活躍ぶりはうかがっております。
けに~さんは今年はサロマどうされるのかな?と思ってブログをのぞいてみたら・・・今日はお母様の命日だったのですね。実は今日は私の誕生日です。
で、サロマは行かれますか?私は今年は走らないつもりだったのですがやっぱり申し込んでしまいました。

けに~さん、本当にまだ小さい時にお母様を亡くされたのですね。
最近、「ホームレス中学生」という本をブームに乗せられて読んだのですが、小学校5年生で母を亡くして、おまけに中学でホームレスとなってしまう主人公がまったくけに~さんと同じ事を書いていました。「天国からお母さんが見ていてくれるから」という思いだけで「僕を生んで育てて愛してくれたお母さんに恥をかかせないように」という思いだけで、とてつもない苦境を乗り越えていきます。
だれにとっても母とは本当に大きな存在なのですね。
けに~さんもお母様から大きな大きな愛をもらった分、周りに愛を分け与えられる人になっているのだと思います。

Tomokoさん、
誕生日おめでとうございます!サロマへは今年こそ行きますよ!申し込みしていますよ!ただし、今の走力では100キロの完走するには程遠いと思いますので、今月末の山本譲二ア・マラソンが終わったら、サロマ完走のためのトレーニングに励もうと思っています。よろしくお願いします。

まこちゃんさん、
そうでしたか、同じようなことが書かれていましたか。幼稚園の卒園式間近でしたし、また小学校入学式の間近でもありました。そこには母はいませんでした。でも天国から見ていてくれたと思っています。3月に生まれた2番目には母の名前(愛子)を入れています。この気持ちが伝わるかどうかは知りませんが...。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。