プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P3011212.jpg

週末は小岩マラソンであった。土曜日に現地に着き(順調。途中のシカゴでは今回ご一緒させていただいた中毒患者のじょうちゃんと合流)、日曜に備えた。
リトルロックは、クリントン元大統領のお膝元であるが、何もないところであった。ただホテルからクリントン通り沿いに約1マイル離れたところにクリントン・ライブラリー(博物館)があった(これが唯一の観光名所である)ので、とりあえず行ってみた。地元の英雄であるから当たり前なのであろうが、クリントンを絶賛する展示が所狭しと(建物自体は馬鹿でかい。これでもか、といわんばかりに色々おいてあったり説明がされている)並べられている。クリントンはこんなにも凄い人だったっけ、と思いながらも(自分にはモニカしか思い出せないんだけど…)、こんなに称えられちゃったら本人も恥ずかしくないのかな、と余計なお世話をしてしまうほどである。アーカンソーはもともと白人社会であり、マイノリティーの存在を受け付けない場所である。アジア系は全体の1%も満たないらしく、きっと日本人は昨年の師匠夫婦に次いで、3人目の訪問だったのではないだろうか。多分自分も50州走破という目標がなければ、この地を訪れることは一生なかっただろうし、そういう意味では、50州走破という目標を持ったことは自分にとってとても幸せだと思う今日この頃なのである。
P3011209.jpg

さて、レースの話。天気は非常に良かったが、途中まで暑くて暑くて…。最高気温の予想は73度(摂氏23度)であったが、走るには辛かった。普段はこんなことはしないが、途中の給水所では毎回水やゲーターレードを飲みまくったし、水を何度も頭からかけもした。1時間の時差のせいではないだろうけど、東京マラソン以来2週間走れなかったので、不安が募り余り眠れなかった。レース途中で睡魔に襲われ眠ってしまいそうにもなった。事前に上り坂が後半にあると聞いていたので、ある程度の覚悟はしていたものの、予想以上に辛い上り坂であった(1-2マイル延々と続くのは普段練習しないだけに、思わず歩いてしまいたくもなったが、歩いたら最後だと思って、意地でも走りとおした)。その後には下り坂があるがこれもかなり急な坂で、本来だったら気持ちよくとばせばいいのだろうけど、脚が持たなかった。普段の左の足底だけでなく、珍しいことに右の足底まで痛かったけど、これもひたすらガマンして走りとおせた(こんなことは最近余りなかったのだけど、今回は足が滅茶苦茶痛くなった。多分、シューズの紐を強く締めすぎたからのような気がする。強すぎたために、左右の足の甲に圧迫がありすぎて、足底にさえも負荷がかかったような気がする。途中で締め直せばいいのだろうけど、そんな余裕はなかった…)。一応、4時間のペースメーカーに途中まで付いていったが、ハーフ地点手前で見失った(多分1-2分先に行ってしまっていたと思う)。その後は、4時間15分のペースメーカーにも抜かされ、更には4時間30分にも抜かされてしまった…(流石にこれには必死についていこうと試みたのだけど、一度落ち込んでしまったペースはもう2度と戻らない…)。遂には、4時間45分のペースメーカーと途中すれ違ってしまい、これに抜かされたらヤバイと思っていたけど、流石にそれはなかった。見栄を張らず、次は4時間15分ぐらいのペースメーカーについて走ってみようかなと思う。飛行機は2時35分だった。スタートは8時だったので、余裕と思っていたけど、これはサブ4を達成できるときであって、4時間半まで行くとかなり厳しい。歩いてしまえば、5時間まで行くリスクが多分にあったわけで、飛行機に乗り遅れないように、必死に走りとおした。結果的には、搭乗時間の15分くらい前には飛行場につけたのだけど(実際、出発は2時35分でなくて、2時25分には出てしまった。危ない危ない…)、次回からはもっと余裕をもちたいものだ。でも、今回のレースは総じて自分なりに頑張れたと思う。暑いのと上り坂が大の苦手の自分が最後まで走り抜けたのは、遅いなりに自分への自信になった。それが今回の収穫である。メダルは噂どおり大きかった。そしてズシリと重い。いい記念になった。
P3021217.jpg
P3021225.jpg

ネットタイムは以下の通り(自分のチップを使ったのだが、何らかの理由で公式にはネットがグロスと同じになっている。まあ、1分の違いだから気にしないけど…)。
1. 9.59.27 (+0.49) 始めゆっくり。狙い通り。
2. 9.05.50 (+0.45)
3. 9.12.16 (+0.48)
4. 9.09.53 (+0.48)
5. 9.15.25 (+0.54)
6. 9.00.17 (+0.44)
7. 9.07.21 (+0.42)
8. 8.46.79 (+0.19)
9. 9.06.35 (+0.16) ここまで順調だったけど…。
10. 9.34.00 (+0.41)
11. 9.37.50 (+1.09)
12. 9.45.81 (+1.45)
13. 9.24.53 (+2.00)
14. 10.16.43 (+3.07) キツイ上り坂始まる。
15. 10.40.62 (+4.38)
16. 10.49.65 (+6.18)
17. 10.29.68 (+7.38)
18. 10.54.68 (+9.24)
19. 11.20.31 (+11.34) 上り坂終わっているのに…。
20. 11.54.63 (+14.20)
21. 12.38.47 (+17.49) この辺、歩かないことだけに集中(きつかった)。
22. 12.54.57 (+21.34)
23/24. 25.16.02 (+28.31)
25. 12.01.25 (+31.22)
26. 11.32.14 (+33.45)
+0.2. 2.11.19 (+34.04) Total 4.34.03 またやってしまった。4時間半越え…。

ちょっとキツイし、ウォーカー、ハーフ、リレーといろんな人がいるので、ペースが惑わされやすいけれど、オーガニゼーション、ボランティアが素晴らしい。公式ではないだろうが、途中2箇所も給水代わりにビールを飲んでしまった(1度目はビールと知らずに間違えて飲んでしまった。2回目は自分が日本人であることを気づいてくれたので、そのお礼にビールを飲んだ...)。まあ、兎に角小規模ではあるけれど、素晴らしい大会だと思うので、お勧めレースである。
P3021226.jpg
P3051229.jpg


次は、3月30日の山本ジョージア・マラソンである。こちらもアップダウンの激しいコース。次こそ4時間前半だ!(サブ4復活はまだまだ遠い…)
スポンサーサイト

<< 雑感 | ホーム | ダイエット継続中 >>

コメント

お疲れ様~!

けに~さん、AR州制覇、おめでとうございます!!!
今、遅ればせながら、けに~さんのゴールシーン・ビデオを拝見させていただきました~!!
生で見られなかったのは残念ですが、ゴールの瞬間は、この目でしっかりと見届けましたよ~!!

やっぱり、暑さで病院に運ばれた人も多かったようですね。
3時間2分でゴールした直後に倒れて亡くなったランナーもいたようですね。
けに~さんのゴールの少し前に、片足義足のアイアンマンが義足を外してゴールしてましたよ。
けに~さんは、足の痛みはとれましたか?

次は、山本譲二ア・マラソンなんでしたね!
頑張ってくださいね!

義足の方は、かなり痛みを感じていらしたらしく、途中何度も何度も義足を外してました。その度に抜かすのですが、また後から抜かれました。義足のトラブルさえなければかなり速いです。
本当に亡くなったかたがいらっしゃったのですか...。やはり暑かったからでしょうか(因みに、昼近くになったときには、風が吹いて気持ちよくなったのですが...)。非常に残念ですね。合掌。
私は久しぶりに足が痛いです。というかこんなに筋肉痛になったのは余り記憶にないです。2-3日ダメかもしれません。
山本譲二ア・マラソン、頑張ります。みちのく一人旅でも口ずさみながら...。

大きいメダルゲット!おめでとうございます!!

73度って、日ごろ40度くらいで生活している私にとってはめちゃくちゃ暑いですね。しかもアップダウンがすごいとは・・・
メダル、今度見てみたいです!

直射日光を受けて、じょうちゃんも私も、かなり日焼けをしてしまった程です。半袖は勿論、裸のおじさんもちらほらと。(NYにも寒い中、裸のおじさんが時折いますが、それとは違う次元です)
メダルも本当に凄いです。何故ここまで?というくらいに大きいです。何もないところですが、この大きさだけは文句なしに全米一であります!取りあえず、後ほど写真をアップしますね。

また1州完走おめでとうございます

けに~さん、着実なる1州完走おめでとうございます。時間に余裕があり、数日前に到着できていれば現地の気候に身体がなれていたんでしょうが、突然の春の陽気には冬の身体状態では辛かった事、お察しいたします。
しかしハードなスケジュールながらも無事の帰還お見事でした。
今度そのでかいメダルを見せてくださいね。

ただ単に、練習不足です。東京マラソン後はNYの天候とか風邪を引いていたとか、色々言い訳は出来ますが、全ては練習が足りなかった、それだけです。山本譲二ア・マラソンまでに多少の調整が図れればいいのですが...。
ところで、今回のメダル気に入りましたよ。今年の東京マラソンの7倍ぐらい大きいです、はい。(因みに、大きいなぁと思っていたデズニ世界のより更に大きいです)

お疲れ様でした。ディズニーよりデカイメダルというのは気になりますね。今度見てみたいです。

山本譲二ア、マラソンは要はジージアでやるマラソンということでしょうか?妙なネーミングなので。

けに~さん、お疲れさまでした。上りの苦しさにも負けず完走、おめでとうございます。足も痛かったり暑かったり飛行機に乗り遅れそうだったり、いろいろありましたけど、また一州追加ですね!
でもでも補給所にビールがあるなんてー。それって普通のことですか?メダルの大きさ、ちなみにどのくらいですか。食べ物で言うと、ハンバーガーくらい?それとももっと大きくてお好み焼きくらい?まさか、フライパンほどじゃないですよね(笑)提げたら首が前にうつむいちゃう、、、

RIKIさん、まこちゃんさん、
有難うございます。諸般の事情がありまして遅れましたが、今晩漸く写真をアップできそうです(他のメダルと比較してお見せする予定)。昔、チョコかなんかの宣伝で(物凄く古い)、でっかいことはいいことだ、みたいなフレーズがあったような気がするんですけど、兎に角このメダルは意味もなくでかいだけです。それだけです、はい。でも、クリントン博物館(本当に、あれぇ、クリントンってこんなに凄いことをしまくった大統領だったっけ、と思いますよ。そういう意味では一見の価値ありかな?)しか見所のない、他にやることもやることもないような、そしてどこにあるのかもわからないような、そんな田舎都市でもたまには自己主張させてあげたいなぁ、と勝手に感じている今日この頃なのです。
ネーミングに特に意味はありません。'ジョージ'アだからです。’ジョージ’といえば、自分にはたまたま山本譲二が思いついただけです...。


丸じゃないんですね。納得です。

メダル、垢抜けてカッコよくなってますね~!!
いいなぁ~いいなぁ~~!!!!

ウチらの走った一昨年のメダルは、大きさは同じですが、一番上の写真のバナーと同じデザインでした。
でもって、地球の部分がクルクル回る仕掛けになっていて、初めは喜んで回して遊んでいたのですが、内之助のは直ぐに壊れてしまい、今、スコッチテープで留めてあります。

クルクル回っていいじゃないですか。今回にはただデカイの一言ですから。今度お会いしたときにお見せしますが、今回は何故かピンクの唇が大会イメージマーク(?)になっていますが(メダルの上のほうに小さく入っているのですが...)、どういう意図なのか未だに解明できません...。矢張り、”Six in the City”の原題と何か関係あるのでしょうか...。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。