プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NYは冬の中にある。毎日天気は悪いし気温は低すぎる。厳しい冬はこれから4ヶ月ぐらい続くのである。東京生まれ東京育ちの自分にはずいぶんと辛い環境であるが、慣れというものは恐ろしい。それでもしっかりと生きている。
今週はサンクスギビング・ホリデー(感謝祭休暇)である。会社の殆どは、木曜から4連休だ。例年だったら、この休暇中には至る所でレースが行われ、必ずどこか知らないレースに参加するのが楽しみであった。でも今年はお預けである。NAHAマラソン直前に無理はしたくない。NAHAではタイムなんか狙えないことなんか分かっている。もしかしたら、初の棄権ということだって十分覚悟している。この土日には1時間ずつ走ってみた。走っている間も痛いといえば痛い(表現しがたい鈍い神経の痛みが24時間続いている)。でも何の痛みの無いランナーなんていないのだし、痛さを感じながらも走れるということ自体、寧ろ幸せなことなのかもしれないのだ。贅沢は言ってはいけないのだ。医者には何度も確認している。フルマラソンを走ってもいいですかと。NOという言葉が無いのだから、予定通り走るつもりである。目標はフィニッシュすること。しかし自分はどこまでも意固地な人間である。
さて感謝祭に話を戻すと、アメリカではターキー(七面鳥)を食べるのが恒例になっている(この日をターキーの日と言っていることもあるらしい。本当だろうか?)。自分もご多分に漏れず、ターキーを食べる。通常はこの丸焼きにグレービーソースやクランベリーソースを添えて食べるのだけど、とても不味い…。不味いのだったら食うな、と言われそうだが、矢張り伝統は守らないと…。今年は、何故かうちに本物の(何だこりゃ?)アメリカ人がやってくる(いつの間にかそうなってしまった)。丸っきり日本の家にアメリカ人が来るなんて最初で最後なんだろうけど、こんなときにターキーは不味いからチキンでなんてことはできないだろう。よって今年もパサパサなターキーを食べるのである…。ところで、本当は感謝祭ってどうやって過ごすのだろう。毎年誰かの家に呼ばれたり、呼んだりしているけど、結局この17年間で何もわからないまま時だけが過ぎていく…。少なくとも、感謝祭っていうくらいだから、生かしてもらっていることにはせめて感謝しないと…。
さて、ランニングにまた戻そう。本当は順調にいっていたら、NAHAマラソンでPRを狙うはずだったのだ(今になって告白しても意味無いけど)。NYCで打倒HGも大切だけど、あれだけ人数が多いと、前の方からスタートでもしないと、PRなんて99%無理だと思う。何しろ15分以上スタートが遅くなった自分は、既に大方スタートしたオレンジ・ブルーのランナー約2万5千人を前にしているわけで、このうち約半分を抜かす(打倒HGを達成すると、NYCMで確実に10000位に入ることができる)なんて精神的にダメだった。今年のNYCMはスタートで終わっていたのである。まあ終わったことはどうでもいいけど、NAHAではもうちょっときちんと走れたらいいなぁ。でもこれも実は2万人をゆうに超える大マラソン大会だ!表向きの目標は上述のようにフィニッシュだけど、スタートさえうまく行けば、裏目標としてPRを狙うつもり(ダメだったらダメでいいし)。スタートが全て、これがNYCで得た最大の教訓だ!

…でもまだ痛い、畜生…感謝祭前なのに、中毒患者が次から次へとPRを出しまくっているのに、一人気分の浮かないそんな辛い時間を感じている自分なのである…。
スポンサーサイト

<< グーフィーの挑戦 | ホーム | おやじの生き方 >>

コメント

けに~さんのところは、ターキーなんですね。
ウチはたぶん、今年もチキンでしょう。
あっ、ポークかもしれません。
アメリカ人でもクリスチャンでもないし、神様仏様に「諸々の恵みをありがとう」と言うだけで終わります。
かといって、お盆やお正月も重んじていません。
一本の柱も通っていない家庭です。

けに~さん、私もここ3年間、全くPRを出していません。(マラソンに関しては内之助も同じ。)
PRも目標ですが、今は、カラダを治すことも目標の一つになっています。
けに~さんも、早く回復されますように。


今日は、ある用事があって馬次郎さんに一瞬お会いしてきました。顔の辺りがとても精悍になられており、流石はPR連続のランナーでした。一方、私は事務所の人に、最近顔が丸くなってきたんじゃない?と言われました…。馬次郎さんは私と違って、走りこみの量もさることながら、PRへの執念が全く異なっています。差がついて当たり前ですね。体重をどうやって落としたのか、という私からの問いに、炭水化物を取らなかった、とのお答えが。私も嘗て89キロまで行った体重を落とすため、炭水化物を一切取らずに一気に20キロ近く落とした経験があります。ちょっとまた試してみようかな、という気になりました。
さて体の方ですが、ヘルニアは本当に良くなっているのかな、と不安になることもありますが、今のDr.Bを信じてみようと思います。

私は、サンクスギビングは毎年アメリカ人の彼の白人クリスチャン的サンクスギビングにおつきあいです。

とはいっても、何をするわけでもなく、親戚一同が大きいテーブルを囲んで、そのど真ん中にターキー、まわりをスタッフィングやらパンプキンパイやらで囲む、見た目に豪華、高カロリーな食事を食べましょう、という感じです。

ただ、ターキーよりも、中に入れるスタッフィング(小さいパンと、セロリやオニオンのミックス)の配合が、どうも家庭によって違うみたいですよ。私もターキーよりスタッフィングのほうが好きです。

で、食べて、飲んで、会話して解散です。
前は、食べる前に祈りの言葉を述べていたのですが、私が参加するようになってから、その風習もなくなったようです。だって、私以外みんなで祈りの言葉言っててすごい気まずい思いをしたし!でも気遣ってくれたようで、いいのか、わるいのか・・・

Ayaさん、
本物のサンクスギビングですね。うちに来るアメリカ人も日本人だらけのサンクスギビングには全く慣れていないので、かなり緊張しているとの報告がありました。
ターキーはスタッフィングが美味しければいいのでしょうが、大抵不味いです(自分にとっては)。ですので、例年はスタッフィングを無しにして丸焼きで食べることにしています。醤油、みりん、酒、そしてご飯などを使って和風にしている日本人もいます。でもきっとターキーのイメージというと自分の中では一生不味いということになるんでしょうねぇ。哀れなターキーさん、ゴメンナサイ。
まあ、要はサンクスギビングって、皆でワイワイ飲んで食ってという日なんですね、はい。

お久しぶりです

けに~さん、ご無沙汰してしまっていました。ちょっと沈没していました。

NAHAマラソンってひょっとして那覇ですか?すいません、マラソンの事ほとんど知らないので、馬鹿な質問してしまっているかもしれません。

ターキーは私も最後まで好きになれませんでした。ぱさぱさの気がして、ソースもまずいというイメージのまま。やっぱりそう感じている人って多いのですね。
でも、みんなで集まって楽しく過ごすというイベントはいいですよね。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。