プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、ベテランズ・デー(復員軍人の日)である。一般の世の中の人々は全て休みである。にもかかわらず、会計事務所はオープンである。だからオフィスに来ている。間違ってもクライアントから電話やEメールが飛び込んできたりすることは無い。ある意味、快適なゆったりとした時間を過ごすことが出来るとはいえる。でもこういう日に働くのは、同じサラリーマンなのに、ちょっと寂しいし虚しいとも感じる。
さて、自分はNYCマラソン以来、一切走っていない。脚の筋肉痛ならとっくのとうに消えている。風邪なら治っている。NYCマラソンの直前に患った右上半身(首→背中→腕→手)の激痛・痺れが余りにも異常だったので、我慢強い(と自分では思っているけど)自分でも流石に限界が来て土曜日にカイロプラクティックに行く羽目になった。自分は人生において、カイロなるところには行ったことがないし、何が起きるのか到底想像も出来なかったが…。結果は予想通り(?)、首の椎間板ヘルニアであった。しかも簡単には治らないだろうというのが医者の所見だった。今週からは週3の治療を始め、それでOKであれば、来週からは回数を減らすらしい。レントゲンを見る限りでは、確かに自分の首の骨は異常なことになっているようで、これはかなり痛かっただろう、と医者に同情された。多分、NYCマラソンで無理をしたことで症状が悪化してしまったような気がする。後悔先にたたず。これからはじっくりと治療するしかないのである。
とりあえず、来週のテネシー州の猿飛びマラソンはキャンセル。3週間後のNAHAでもタイムは狙えないだろうけど、これは行く(どうせ制限時間も緩いし。毎年のメダルが良さそうなので、ゴールしたいなぁ)。1月のディズニーの世界マラソン(グーフィーへの挑戦)は参加することに意義がある。2月の東京マラソンは、ファン・レースみたいなもの。結局、NYCマラソンでのタイムを狙って真剣に走るレースは自分には暫く訪れないし、今のままでは到底無理だとも分かっている。人生は、一人一人に与えられた運命に逆らってはいけないのだ。なるがままに任せる。何か悟りの境地に入ってしまったような今日この頃なのだ。
スポンサーサイト

<< おやじの生き方 | ホーム | NYCマラソン >>

コメント

けに~さんマラソンお疲れ様でした。
首の椎間板ヘルニアとは初耳です。どうかじっくり治療して下さい。私はマラソン終了後ちょっと気になる症状があったので婦人科で診察してもらったところ異常があって、手術をすることになりそうです。完全とはいえないまでも膝の状態が良くなってきたのに残念ですが、これもまあ仕方のないことです。じっくり治療して再び復活を果たしたいと思います。
東京マラソンは無理せず楽しんで完走、歓走して下さい。

お大事に。

けに~さん、
ペインフリーで走れる日が、必ずやってきますよ。
お大事に♪

らどさんも、ね♪

お二人の前向きな姿勢に見習って、私もしっかり復活目指さなきゃ~~!!

椎間板ヘルニアは、腰が一般的ですが、首に発症することもあり、どちらも激しい痛みを伴うようです(腰の方はなったことないのでよくわかりませんが、ヘルニアで苦しんでいる人が多いのは知っています)。
らどさんの手術はとても心配です。が、焦らないで行きましょう!そして必ず復活しましょう!
今日医者に行ってきました。3週間後NAHAマラソンに出たいんだけど、って言いましたら、無理しなければ何とか間に合うかもしれません。でも今週は休めとのことでした。

焦らずにお大事に

けに~さん、カイロ行かれたのですね。原因がはっきりわかって治療方針がたった事がまずはよかったです。
今はゆっくり大事にして下さい。
けに~さんの事だから、きっと走ったり身体を動かさなくても、何か他に私の及びもしないような事で(というと知能関係か?)きっと充実タイムを送られる事と思いますヨ。
お大事になさってくださいv-22

私もカイロに行ってます。やはり原因不明の首周辺の痛みがあって、x-rayでの結果をもとに治療してます。私のはもう慢性的なもので、しかも深刻ではないため、週1かそれ以下しか行っていませんが、やはり行くとラクになります。

けに~さんもよくなるといいですね。復活してくださいね!

はじめまして

はじめまして!記事を読みました!カイロのとこが気になりました。宜しければ、こちらを参考にしてみて下さい。http://www.chiroinfo.org/topic8.html
日本のカイロは法規制がありませんので、誰でも自由に開業ができます。3ヶ月の通信制などで開業する人があとをたちません。事故も頻繁におきています。日本のカイロ学校は半年~1年、2年です。卒業後、本当の患者さんを練習台にして腕を磨きます。カイロ師はピンからキリです。下手な治療を受けると、そのときは 気持ち良く楽になります。しかし、自分が知らないとこで健康な間接が微妙にズレて、バランスが崩れたりします。その後しばらくして、ヘルニアや原因不明の慢性病になったりします。なのでカイロ師はよほど慎重に選ばないと危険です。今現在日本のカイロで最高に良質で安全といわれているのは、「国際基準認定のカイロ」です。欧米のカイロ専門医学大学を(4年~6年=4200時間以上)で、「高度な質」のカイロを習得します。大学卒業まで2年かけて、250人の患者を治療して臨床経験を作ってから卒業します。「国際基準のカイロとは、医師同等の教育を受けたカイロプラクター」の事です。米国では「カイロ専門医師」として、医師免許が与えられています。日本の国際基準正規の認定カイロ師は、米国政府公認カイロ師かオーストラリア国公認カイロ師の2通りが大半です。米国公認は平均より割高な治療費が多く、オーストラリア国立公認は平均的な治療費で、他院とかわりません。WEBで国際基準認定の治療院を検索できます。治療費も他院と同じです。良い治療院を選ばないと、せっかく高い治療費をだしているのに、よくなるものも良くならないと思います。是非参考にしてみて下さい。もし、この文章が御不快でしたらお許しください。


まこちゃんさん、アヤさん、
有難うございます。地道に治します!
あゆみさん、
情報有難うございます。私も日本人なので、カイロっていうと、イメージ的によくわからなかったので、参考になります。一応、アメリカではカイロは医療行為なのでドクターでないと治療できません。ですので、きちんと保険の対象にもなっています。特に、今後の治療は全て保険でカバーされるので、1ドルも払わなくていいんですよ、といわれました(だったらもっと早く行けばよかった…)。カイロは、どうしても個人差が激しいような気がするので、いい医者を選ぶことが肝心ですね。今回は友人に紹介してもらい、そこはたまたま現地の日本人も多く通うカイロの先生なので、今のところ非常に安心しています。英語の心配も余り必要じゃなかったみたいです。

椎間板ヘルニアとは大事ですね。確かに下手なのに当たると逆に大変な結果になるらしいので、いいところだと良いですね。じっくり焦らず治した方がいいと思います。急がば回れといったとこでしょうか。

今週は3日間医者に通っています(金曜日も含めて)。医者に行ったからといって、急に楽になるわけでもなく、痛みがなくなるわけでもなく、でも確実にちょっとづつではあるけれど、快方にむかっているという実感はあります。RIKIさんの仰るとおり、急がば回れの精神ですね。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。