プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、ブログの更新が遅くなった。最近自分としては忙しいのだ(珍しい!)。どうせ、読者も限られているのでここで告白しておくが、只今人生の岐路に立たされている。といっても大げさなことではないのだけど、転職するか、独立するか、それとも現状維持か…。自分は転職を何回も繰り返してきた(言わば、転職の達人である!別に自慢できることではない…)。会計事務所4ヵ所、一般事業会社2ヶ所(長期出向を含む)である。もうそろそろ落ち着く場所で自分の趣味を満喫したいな(勿論、先立つのはいつも’お金’であるが…)、と思っていたところへ、ある日系企業からお誘いがきた(絶妙のタイミング!)。給与やポジションには特に不満はない。不満があるとしたら、残業(…)の可能性と場所が家から遠いことか。昔から自分は残業や休日出勤という言葉に敏感である。9-5という言葉に昔から惹かれているが、そのような魅力ある仕事環境で働いたためしがない。会計士だから仕方ないのだけど、平日は午前様(クライアントとのノミニケーションも含む)、土日も出勤(クライアントからのコンタクトもないので、実は一番効率的に仕事が捗る)が10年以上続いた。昔は、会計士といえば冬のビジーシーズンだけだったのが、年がら年中忙しくなってきた。そしてポジションが上になるにつれて責任・プレッシャーも増えてきた。9・11も起きた。仕事が物凄く虚しいものに思えるようになった。マンハッタンから逃げるように、その職場を離れ、一般企業に入った。メーカーといえば、給料は安いものの、いいヒトが多く(事実、対人関係で悩むことはなかった)、働きやすいといえば働きやすい。ポジションも最終的には会社のNo2まで上げてくれた(400人もの従業員のほぼ頂点に立つというのは責任は重いけれども、やりがいは抜群である)。でも如何せん、給与が安すぎる。アップをお願いしたが、自分の希望にはならなかった。残念ながら、そこも4年で辞めた。そして小規模の会計事務所に戻った。雰囲気は抜群である。BIG4と違って、仕事のプレッシャーはゼロ、口コミのみでクライアントも順調に増え続けているので、営業努力をする必要もない。そしてプロフェッショナル・ファームでの最大のプレッシャー、タイムシート(これってやったことのあるヒトしかその苦しみはわかるまい…)も楽勝である(だれもモニターしていない)。でもそのぬるま湯生活にも飽きてきた。このままでは自分は他に何も出来ないダメ人間になってしまうのでは…。
そんな悩み(他のヒトの抱えている悩みに比べたら小さな悩みではある)の中、憧れの企業からふとお誘いがきた。更には、ある会計士の大先輩に相談したら、お前は今すぐにでも独立するべきだと進言された。今がチャンスなのだと言われた。45歳、50歳になってから独立をするというのは困難を伴うだろう。準備、そして実際に立ち上げてから軌道に乗るまで数年は要するだろう。50歳で独立し60歳台で引退するとしたら、充実した仕事なんて10年しかないではないか、それで会計士人生は終わるのだぞ、と。何だか人生って短いなぁ。あれだけ苦労して取得した会計士の資格って一体何だったのだろう…。
自分は人生をのほほんと、そしてまったりと過ごしてみたい。ビジネスに突っ走るヒトを見ていると、お金と引き換えに人間として大事なものを失ってしまっていると思うのだ(別にそれはそれで尊いことでもあるけれど)。彼らは、毎日24時間、休む間もなく、プレッシャーに追い込まれている。自分が本当にやりたいこと・欲しいものは何なのか、少なくとも自分にとってはお金は人生において必要最低限のものに過ぎない。もっとゆっくりとした人生を楽しみたいだけなのだ。プレッシャーという言葉を感じることもなく、のんびりと時間が通り過ぎるのを待つ、これこそが自分の求めるものである。
そんなわけで、今自分の今後について悩んでいる最中(小さな脳みその中で)。NYCM前に悩みは解消しておきたいのだけれど、簡単には解消できそうもないな。でも来月一杯までには何らかの結論を出すつもりである。それでも生きているって本当に楽しい…。
スポンサーサイト

<< NYCMまで1週間 | ホーム | 山砂漠島マラソン合宿記 >>

コメント

偉大な悩み

ですね。ぜんぜんちっぽけではないですよ。それに本当にすばらしい経歴ですから、明るい未来が待っているはずです。ではNYCで。

何か人生において、色々遠回りだとか、無駄なことばかりしているような気もするのですが、それはそれでいいのかなと。反って人生がより楽しくなっているような気もして。
当日のNYCは予報がまちまちで、晴れというのとシャワーというのがありますが、何とかなるでしょう(自称、晴れ男)。楽しみですね!皆でBlue3さんのこと待ってますよ!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。