プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日行われたシカゴマラソンにて、とても悲しい出来事が発生した。シカゴマラソン史上最高気温の31度を記録し、250人ものランナーが倒れ、49人が病院に運ばれ、そして1人のランナーが亡くなった。報道によれば、更に5人が今現在も危機状態にあるという。レースはスタートしてから3時間半後にはキャンセルとなり、参加した3万5千人以上のランナーのうち、何と1万人以上がゴールすることができなかった。
楽しいはずのマラソン大会で死ぬ。こんな悲しいことはない。この暑さの中で何故大会を行ったのか、と疑問に思う輩も当然いてもおかしくないが、どんな天候でも大会は実施せざるを得ないのが現実だ。4万人近くの参加者のうち、大多数はこの日をターゲットに最低でも半年に及ぶトレーニングを積んできたのだ。そして、シカゴ以外の場所から(海外も含めて)多くのランナーが押し寄せてくるのだ。ランナーは、自分自身でリスクを判断している。またそのリスクに対処できるように練習をしてきている。
このような悲劇はいつ自分自身に降りかかるかもわからない。特に自分は糖尿病持ちであり、心臓に負担がかかると生命の危険性があることを承知している。だからこそ、トレーニングを積んでそうならないように、少しでも心拍機能を高めていかなくてはならないのだ。でも無論、自分はそれをハンディキャップだと思っていない。自分よりももっと大変なランナーは五万といるのを知っているからだ。日曜日にロッキーズで3時間半LSDをしたが、片足を義足で直向にトレーニングしているランナーと途中すれ違った。全然辛そうじゃなかった。笑いながら走っていた。そしてNYCMともなれば、車椅子、目が不自由、義足、…のランナーたちが、この日のために練習をつみ、この晴れ舞台のために頑張って走るのだ。そう、共走である。自分は糖尿病ごときで泣き言を言っていてはいけないのだ。
土曜日に医者に行った。2週間前に受けた糖尿病検査の結果を受けて、また来て欲しいと言われたのである。いつもは電話で済んでいたのに何でだろうと思っていた。糖尿病自体は良くコントロールされているね、と言われた。でも、腎機能が弱っていると言われた。下手すると将来人工透析を受けなくてはならない。でも今はまだ問題のない範囲だからと言っていた(その先生によると、糖尿病がもとで透析ともなれば、平均寿命はせいぜい5年だそうである…)。最近、暴飲暴食を繰り返していたからコレステロールもとても気になっていた。やはり芳しくはなかった…。でも物凄く異常というわけでもなかった。食事療法を本格的にといわれることを物凄く恐れていたけど(大好物のとんかつ、カツ丼が食べれなくなってしまったら…)、コレステロール値を抑える薬を処方してくれた(一応、食べても良いみたい)。今後は、薬と運動でダイジョウブ、と太鼓判を押された。
自分が今日生きているのは、ランニングのお陰だ。3年前にマラソンをきちんとやってみようと思わなかったら恐らくは今日の自分はいない。毎日が暴飲暴食、タバコ、夜更かし、の連続、そして24時間いつもだるく、めまいがし、太りすぎて歩くのも辛い状態(じっと座っていることもできなかったので、毎日生きているのすら苦痛であった…)。あのときのヤブ医者に言われた言葉は一生忘れない、このままではあんたすぐ死ぬよ…。それに比べたら、今回のよくコントロールされているね、という今の医者のコメントがちょっと恥ずかしい気もするけど、自分でマラソンを始めるという何となくの決断が、物凄く正しい決断だったようで大変うれしい。
シカゴでの死亡事故はとても悲しい。これが契機となって、もしマラソンブームが下火になってしまったらもっと悲しい。実際、マラソンほど安全なスポーツはないのだ。やっていて楽しい・素晴らしいと思えるスポーツは他にはなかなか見つからないだろう。今回の事故は大変に不幸なことだったけど(物凄いショックであったことも事実である)、亡くなられたランナーのためにも自分らは走り続けるべきではないのか、そう思えた今日この頃なのである。
スポンサーサイト

<< 山砂漠島マラソン合宿記 | ホーム | 東京マラソン >>

コメント

けに~さん、
強い方ですね。
私なんか、腰痛ごときで泣き言いってますよ。
でも、「走れることの幸せ」になんとか支えられてはいますが。
マラソンに巡り会えて、本当によかったですね。
これからも、ご自分でコントロールできることは、しっかりとやっていってくださいね。
さしあたり、今度の山砂漠島では、飲み過ぎに注意しましょうね。

シカゴマラソン、ビックリしました。
高温+高湿には要注意ですね。

今現在の予報によれば山砂漠島はとても寒そうですね。ところでメインにも酒は売っていますよね?念の為…。レース後の夜の宴会も楽しみですが、ロブスターも楽しみです(絶対食べに行きましょう!)。
最近はNYCMも暑い日になる確率が高いので、そういう時は絶対無理するの止めましょう。また来年がありますしね。しかし、今年のシカゴを完走した人は、まさにSurvisorでしたね…。(普段3時間台で走る人が平気で5時間を越えてしまったというくらい過酷だったようです)

メインにもお酒は売っているでしょう。
11年前に訪れた時に飲んだ地ビールの空き瓶が、ついこの間(昨日?去年?5年前?)まで、寝室の棚に飾って(?)ありましたから...。
その際に宿のご主人お勧めのレストランでロブスターを食べたらしいのですが、娘以外は夫も私も記憶にありません....。
正ちゃんご推薦のレストランはありませんかねぇ?

確かに、インディアン・サマーなんて日もあり得ますよね。
マザー・ネイチャーは畏るべしです。
無理は禁物ですね。

けに~さん、お雪さん、メイン州楽しんできてくださいね。
お酒はあると思います。うちの夫も結構なお酒飲みなので、メインに行った時、お酒がなかったらきっと騒いでいたことと思いますが、そういう記憶はありません。その昔、車で行った時、(ケベックからの帰り?)突然、大きな鹿がすぐ脇のしげみに居てびっくり。自然が豊かな所ですよね。
ロブスター、うらやましいワー。美味しいお店が見つかるといいですよね。
けに~さんも、ムキちゃんもケガにも病気にも気をつけて、これからもずっとマラソンを楽しんで行けるように願っていますね。

ムキちゃん、
メインでのレストラン、グロッサリー、アルコール情報については、正ちゃんより入手済みですのでご安心ください。
天気や気温等は人間には全くコントロールできないですしね。自然は偉大なり。自然に感謝し、自然に逆らうべからず。本当に、自然に比べたら人間の存在なんてちっぽけなものであります…。

まこちゃんさん、
確かにメインにも酒はあるようです。でもメイン州でのメインは自然と戯れ共存すること!であります、はい。マラソンは生涯続けるつもりですので、全く無理は致しませんのでご安心を!紅葉がかなり綺麗らしいので、今回はタイム度外視ということであります。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。