プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日(水曜)は、スカースデールの黄先生のところに行ってきた。鍼をしてもらいに。うちの近所では昔から腕がいいといわれているので、それを信じて。鍼は昔クイーンズのフラッシングの外れにあるとこに行って以来だ(人につれてってもらった)。そこはよかったのだが(その時は右手が痺れていたが、そこの鍼で治った)、何しろ中国語しか喋らない(娘さんと見られる人がいれば英語で通訳してくれる)し、そもそも場所をよく覚えていないのでもう行けない。そこは薬(これが思いっきり謎の薬草をくれて、これを煎じて飲むというもの。死ぬほど不味い…)つきでしかも安かった。黄先生はスカースデールだけあって、料金は高めだ。でも自分には選択の余地はない。結果はどうだったか…。まだ痛いし痺れもある。でも昨日までの苦痛に比べればずっとましである。昨日までは本当に痛かったし辛かったから。1週間経ってもまだ駄目だったら又来てと言われた。きっと治ると信じている今日この頃である。
人間、健康が一番だ。健康でなければ好きなことを好きなだけやることもできない。確かにランニングには直接影響はないわけだけど、憂鬱な気持ちでやらねばならなかったことは事実である。年を取ると確実に身体にはガタがくる。特に人生の半分をとうに過ぎてしまった自分にとっては、毎日毎日どんどん衰えてくる。如何に自分の身体のコンディションを維持していくか(良くなるなんてことあるのかぁ…)がこれからの課題だ。若い頃なんて健康の大切なんて全く考えていなかった。暴飲暴食なんて当たり前、健康にいいことなんて全くやっていなかったけど、不健康なことだったら幾らでも何でもやっていた自分だ。勿論、そのときのツケが今になってどわぁ~とやってきているのだろう。健康の大切さを知っていたら、今のようなことにはなっていなかっただろうなぁ、と少し後悔はしてみるものの、過ぎ去ってしまった時間を取り戻すことなんてできないのだ。諦めて前に進もうではないか。
昨日、鍼をやった後、ある会計士の大先輩と夕食を共にした。自分のキャリアプランを相談させてもらったのだが、相手は流石は会計士としてだけでなく人生の大先輩でもある。自分の甘さを指摘され、今のままでもうちょっと我慢して頑張れ、と言われてしまった。自分の描いたばら色の人生プランはいずこへ…。今日、先方からメールにて素晴らしい言葉を頂いた。大先輩曰く、”皆それぞれ色々な生き方が有ります、この国の良いところはその生き方を型にはめようとする社会的な環境で無いと言うことかもしれません。又人生いくら考えても答えが出ない事も多くある時には思い切って清水の寺から飛び降りる事も大切です。だからと言って飛び降りなくても良いのが人生です。これからの人生少しずつ自分のプライオリテーの置き所を自分の人生に向け始められてはと思います。”
スポンサーサイト

<< 女王様ハーフの教訓 | ホーム | 痛いけど走れる! >>

コメント

鍼が効きますように!

けに~さん、鍼打って来られたのですね。

きっと効くと思います。
鍼をやったことのない人は結構うさんくさがりますが、私も20代の頃に鍼で体調整えた事があります。本当にうそみたいに治ってびっくりしました。

東洋医学をそれからは結構信じて、ツボや経路と言った事柄や未病と言われる病気の前段階で病気にならないように養生する方法があることを知りました。
結局、特に病気は無かったのですが、その先生の所に身体全体の調子を整えるために5,6年通っていたと思います。

フラッシングの先生のところで出された薬草は漢方薬ですね。苦くてすっごくまずい!
日本だとこれが顆粒になったのがツムラから出ていて結構便利になっています。
同じ症状でも、(その人の身体の特徴、虚とか実、とか隠とか陽とか分け方があります)その人の体質によって、打つ鍼も漢方薬も違ってくるみたいです。
なんだか、東洋医学の講義っぽくなってしまいましたー。
少しづつでも治っていきますように。

本当にこんなに大変な時に、私にいちいちコメント下さってすみません。
これからは読み流してくださって構いませからね。

あ、そうそう、私の今のスライス、その、ほとんどブーメラン打法なんですヨ。こんなの出した事なかったんですけどね。とほほー。v-12

東洋医学って奥が深いですね。昨日より今日、今日より明日、と少しずつでもよくなれば…。
ところでブーメランというと西城秀樹ですよね(古い…)。何であんな歌が出来たんだろう…。
またブーメランといえば、昔ティーショットが近くの木に当たって、ティーグラウンドから更に50ヤードぐらい後ろに戻っていってしまった悲しい過去を思い出してしまいました…。(情けない…)

ティグラウンドよりも更に後退のブーメラン!はははは。そういうの見るの大好きです!
なんとも失礼なコメントでスミマセン。
今の私も出ちゃうかも。

人生って

けに~さん、お久しゅうござりまする!
大先輩のお言葉 ”プライオリティーの置き場所”には共感しました。良い先輩にめぐり会い幸せですね!
私の#1プライオリティーは子供の時から音楽でした。頭の悪い私にはそれしかなく、ひたすらピアノを弾き続け、それを職業にしこれまたひたすら20年ほど必殺仕事人として走ってきました。#1を職業とすると、良いこともある反面、失望も大きいです。
そこに割って入り込んできたのがランニングであります。遅いけれど走って楽しいマラソンであります。
けに~さん、私よりずっとずっと若いけに~さん、痛みは必ず和らぎます。走ることに情熱を傾けていれば神様はぜ~~~~ったい微笑みますよ。
また一緒に走りましょう!

まこちゃんさん、
初心者の頃は何でもやってましたね。一番多かったのは、ターフがボールよりも飛ぶことが多く、”それ飛ぶ円盤”ですかね。あと、クラブがすっぽ抜けて、ボールよりも飛んでしまったとか…。

ラドさん、
その先輩には、まだ人生長いし仕事だってあと20年やるんだよ、とも言われましたが、仕事へのプライオリティーは2001年9月11日以降、もう完全に二の次になってしまっているんですけどね…。でも自分は気付くのが遅かったですが、ランニングにめぐり合えて本当によかったです。そうでなければ、自分の人生はどうなっていたんだろう、と思ってしまいます。一緒に楽しみましょう!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。