プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ9月となった。秋のマラソン大会に向けてこれから本格的に走りこみが開始すると思うと幾分興奮を抑えられない。地元の高校のトラックはランナーで一杯だ。しかし、暑かった夏にどれだけ走れたかで、もう勝負はついているような気がする。本気レースとして位置づけているNYCマラソンまでもう2ヶ月しかないし、前哨戦として出場するレースにはあと1ヶ月もない。5月のファーゴマラソンにて首尾よくPRを達成できた自分だったけれど、NYCMでのPR・目標を達成するにはそのままでは到底実力が足りない。5月・8月と何とか月間300キロを達成できたけれども、7月は日本出張や怠け癖が出て、走りをサボってしまった。マラソンの練習には継続ということが最も大切なのだと思う。走ったり走らなかったりでは、なかなか速くもならないだろう。それどころか、現状の脚力を維持することすら出来やしない。以前は簡単に走れていたこともあったのに、あの頃の脚力なんてもう戻ってこない。コツコツと努力して何ヵ月後かに漸くほんのちょっとだけ成長できた自分が実感できる(かもしれない)、これがマラソン練習の本質だ。一方、幾ら頑張っても速くなるかどうかその保証など一切ないのである。でも少しでも希望があるならば努力したい、それが人間でもある。
さて、久しぶりの3連休とあって、練習に打ち込んでみようか、という気になった自分である。しかも天気・気温ともほぼパーフェクトなのでこれで走らなかったらいつ走るのだ、と思っていた。1日(土曜)はロッキーズへLSDに。9月からロッキーズの駐車場は朝7時からお金を取られる。寝坊気味の自分は、当然7時に間に合うはずもなく、路駐をしてから雄大なるハドソン河を眺めて帰ろうと思っていた。師匠夫婦と会えるかな、という淡い期待も含めて…。自分は一人で走るときには音楽を聴きながら走るようにしている。何も聞こえないはずなんだけど、走りながら後ろで何らかの気配を感じた。後ろを振り向くと師匠夫婦がいるではないか。漸く追いついたとおっしゃっていたが、あっという間に追いついたというのが真実である。自分は恐らく1マイル11分以下のペースでチンタラ走っていた(LSDだから)。一方、師匠夫婦は9分はおろか8分台のスピードである(これでもゆっくりペースなのである)。師匠夫婦はこの日Oさんとご一緒だったが、流石はエリートランナーたちである。自分とは全く実力が違う。フルマラソンでサブ3レベルとサブ4レベルととはこんなにも違うのかと思い知った。1時間も違うと練習での余裕度が全く異なるのである。こちらは息も絶え絶えに暫くはついていけたが、30分でギブアップ…。自分はそれなりに走りこんできたので、もうちょっといけるかもと思っていたけど、ランニングの世界は甘くない。まだまだ修行が足りないのである。これからも精進を続けて少しでも近付こう、これを知れたことがこの日の最大の収穫であった。ところで師匠夫婦らは、あのペースで3時間以上走ったらしいが、思わず絶句…。
翌2日(日曜)は、地元のスカ高のトラックで距離走に挑んだ。モノの本には、走りこみ時期にはLSDと距離走のコンビネーションが毎週必要と書かれているし、それを先週から始めたからである。ここでも継続がキーワードである。無謀にも前日の疲れを引きづったまま、いきなり辛い。目標は75周、即ち30キロである。マラソン練習において、30キロを余裕で走る練習を繰り返すことが、永遠のテーマとなるらしい。ペースはレースに比べれば遅くても良い。その代わり、最後まで余力を持って走りきるスタミナを作るのが目的だ。トラックで走るのは苦手だ。景色は変らないし、ロッキーズと違って脚には決して優しくない。同じ2-3時間走るのも、ロッキーズのように起伏があったり景色が綺麗だったり下が土だったりする方が遥かに走りやすい。トラックをグルグル回るのは精神てきに辛く修行そのものである。でも、一定のペースを維持する練習が出来るのはトラックでしか出来そうもないしなぁ…。因みに、75周の目標は暑さであっけなく50周で挫折。トラックの弱点はもう一つあった。暑さを遮るものがないことである。ロッキーズであれば、自然に囲まれ、木陰で涼しさをも覚えるのだけれど、トラックは敢えて日陰になる部分を極力減らしているのだろうか、直射日光を思いっきり浴びながら走ることになるのだ(まあ、これも自然の恵みといえばそうでもある)。40周ぐらいから遂に飽き始めてしまい、しかも熱中症にでもなったら馬鹿なので、50周だけしっかりと走りきることを決め、無事ゴール。20キロまではペースを全く落とさずにしっかりと走りきる自信は既にあるのだけれど、これではフルマラソンの半分にもならない。修行はまだまだ続く。
3連休の最後はロッキーズでまたLSDということも考えたけど、かなり脚にきているような気がしていたので、大人しくBRP(ブロンクス河公園道)へ。兎に角、3日間走る切ることが自分には大切なのである。ここは基本的にフラットだし、殆どが自然に囲まれているので、暑さを感じずに走れるからだ。それ以外にもう一つの目的があった。以前にも書いたような気がするが、ずっと北上していったところに、ケンシコダムがあって、そこには9・11のメモリアル(ウェストチェスターに住まれていて亡くなられた方の)がある。自分は今週末から日本なので、今年の11日はNYにいないのだ。今でもあの日のことは鮮明に思い出す。マンハッタンに行く度、あの瞬間を思い出す。一生消えることのない、心の苦しみ。惜しくも亡くなられた人のためにも平和を誓い、生き続けていきたいのだ。その思いを新たにするためにも日本に行く前に、祈りを捧げたかったのだ。…帰り道、2号室さん・ドラえもんさんに会った。あんなに速いランナーでも毎日ハードなトレーニングを続けている。しかも自分よりも遥かに長くペースを速くして。自分の努力などちっぽけなものである。エリートランナーからしたら、練習とはみなされない程度である。でも自分なりに頑張る。それを再認識した3連休だったのである。
スポンサーサイト

<< 新たな気持ちで | ホーム | 10月のメイン州山砂漠島マラソン申し込みました >>

コメント

けに~さん、
この三日間、実に内容の濃い、有意義な時間を過ごされましたね!
月初め、気持ちよい秋のスタートを切れましたね!
やった~~~!!

マラソンは、人と比べたり競ったりする必要のないスポーツでしたよね(Qちゃんや野口さんや土佐選手は別ですが)。
私もOさんの走りには、憧れとともに、今の自分の無力さを見せ付けられた気がしましたが、人は人、自分は自分。
私もけに~さんを見習って、私なりに私のできることを最後までやり通しますよ。
速い人が偉いのでも、沢山走る人が立派なんでも何でもない。
自分だけの大事な大事な目標に向かって自分らしく走り続けましょ!

お雪さん、激励ありがたく。
幸先よいスタートが出来てうれしいのですが、如何せん今週末から日本ですので、その間また飲み食いに勤しんでしまうかもしれません…。一定の走行距離も是非とも確保したいのですが、残暑の厳しい日本でどうなることやら…。NYに戻ってからはレースが立て続けにありますので、ケガ・故障をしないようにしていけたら、と考えている次第であります。

自分との対話

けに~さん、秋の初めの三連休、充実のお休みでしたね。

75周が50周になっても私にはのけぞりそうにスゴイ事です。
マラソンもゴルフも人と比べてもどうにもならない、自分自身との対話的なスポーツですよね。だからこそ、飽きが来ないとも言えるし、追求したらキリがない、、、
自分の中での目標をお互いに追求して行きましょう!

私も9月、10月ラウンドの予定が入ってきました。10月の2回はコンペです。はじめてのコースのものもあるのでどうなるかわかりませんが、まずはきちんとしたスイングと強い気持ちで臨めるようにしたいです。気合い入れて備えます。

夏坂健さんの「プレー前夜に読むクスリ」いろいろなゴルファーがいるんですね。キチガイも実にたくさん今まで居たんですねー。面白く読んでいます。

まこちゃんさん、
ゴルフのコンペでよい結果となったことのない自分ですが(賞品とか$$$とか絡むと極端に弱くなる…)、楽しみですね。
ゴルフもマラソンもそこらじゅうに中毒患者さんがいらっしゃる世の中であります。他の人からすると変な人と思われていそうですが、本人にとっては至って普通の出来事なのであります。

フフフ。けに~さん、ちょっとだけ自慢ぽく言っていいですか。

小さい小さい内輪のコンペですけど、4年ぐらい前に、一回だけ私に優勝カップが来たことがあって、その時はムキちゃんに表彰式の写真は送るわ、電話(たぶん嬉しさを我慢できずにしてしまったと思います)はするわで大騒ぎでした。その時はグロスで93だったのですが、ハンディをものすごくもらっていたので、ネットで61にもなってしまい、80台、70台の上手な方々を抜いて、偶然にもこの私が一番になれたのでした。

その時、ハンディが一気に減らされてしまいまして、、、以来、そのコンペでは茨の道(?)です。

あと、嬉しかった思い出としては、新ペリエで、4位だったのに、賞品がとっても良くて、欲しいなぁと思っていた網メロンが丸ごと6個ももらえた時も!俄然、食べ物系になると張り切ってしまう悲しい性。

こんな棚ぼた式にうまくいけばいいんですけどー。今度も食べ物が賞品にあるといいなぁ!なーんて。

ネットで61とは、凄すぎです!そしてメロン6個とは何とも贅沢なコンペですね。8月に出た大学OB会のコンペでは30人中20位くらいでワインをもらえただけで嬉しかった自分です(因みに、全員何かもらえた)。賞品は、やっぱり日本行きチケットとかなかなか手に入らない(あるいは自分では買いそうもない)食べ物などいいですねぇ…。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。