プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は金曜日。家族の時差ぼけもかなり収まってきたようだ。流石に夜中2時に起こされることも無くなってきた。しかし自分並びに家内は年を取って年中ぼけているので、時差ぼけなのか天然ボケなのか全く区別がつかないのは困ったことである。
昨日は、事務所からの帰り道に1時間ほどジョギングをして帰ろうと思ったが、余りの絶好の気候だったので、30分延長してしまった。水曜はスピード練習をしているので、脚は決して軽くなく寧ろ何となく重かった。1時間コースは春のスカースデール15キロレースを自分なりにアレンジして走っている(1キロぐらいになるように)。適度な起伏もあり自分ではかなり気に入っているコースである。最近は1時間以上走る場合には、ハーツデールから北に伸びているブロンクス・リバー・パークウェイ沿いのジョギングコースを使って、ホワイトプレインズやノース・ホワイトプレインズ、あるいは更に北まで足を延ばすようにしている。このコースは基本的にフラットなのだが、緑に囲まれ、川が横を走り、自然を満喫できる貴重なコースだ。ただし、ホワイトプレインズ辺りはもともと治安も悪いし、自転車も多いし、中学生・高校生ぐらいの若者がタムロ(アムロではない)して空気を悪くしている(喫煙。ランナーが来ればすぐに避けてくれるけど)。昨日は、ホワイトプレインズを超えたところで戻ってきた。明るい間は結構走っている人も多いが、電灯とか一切ないから夜遅くには走れないのが欠点である。
今月は、順調に走行距離を伸ばすことができている(今のところ、1日平均10キロを守れている)。暑くもなく、かといって走るのに寒くもない、からついつい走りたくなる。しかも次のレースまではまだ1ヶ月あり(その後はレースに立て続けに出る)、今しか余裕を持って走りこめる時期はないのである。例年、8月は走れない月である(自分にとって)。暑いというのもあるし、世の中休暇モードになっていて自分が走ることに何となく嫌気がさしていたのだ。でも今年はちょっと違う。NYCMでPRを出すという大目標があるし、走らないとどんどんブタ化していってしまいそうで不安でならないのだ。それに脚に多少の痛みとか違和感はあるけれど、例年に比べたらこんなのは痛みには入らない(特に昨年は走りながら泣きが入っていたし…)。それに今は多少の痛みや違和感があっても’それが当たり前’と思えるようになってきた。ランナーなら誰しも何らかの問題を抱えながら頑張っている。何にも障害のない人なんていないのだ。だから、それを素直を受け入れ、上手く付き合っていくことが大切なんだと言えるようになってきた。勿論、どうしても耐えられなければ一時的に走らなければいいだけだし、別に殺されるわけでもペナルティーを与えられるわけでもない。今でも走り始めに多少の痛みとか出ることがあるけれど、どうせ走っているうちに忘れることも多いし、また走りながら痛みを緩和させるための走り方の工夫を試みたりしていて(レース中に同じ痛みが出ても普段対策しておけば何とかなるだろうし)、結構それも楽しみの一つになっているかもしれないなぁ、と思えてしまう今日この頃なのである。人間って結構成長するものだなぁ(だから何?って思うけど)、と感じている。
スポンサーサイト

<< 今週末 | ホーム | インディー・クラシック延期 >>

コメント

順調に走行距離ものびているようですね。しかし、お仕事終わってから1時間とか10キロとか走るなんて私には信じられない、、、のです。しかもそれが快感につながっているのですから。うーむ。
しかも足がどこかしら痛いのはランナーにとって普通の事で、それをうまくなだめがならつきあいつつ走るってことですか、、、
痛くても苦しくても走りたい!仕事で疲れていても走りに行く、、、うーむ。いまだ、マラソンはやはり私には謎&未知の領域です。

でも、これがゴルフに置き換われば、断然わかります。私にとっては何をさておきゴルフの練習&ラウンドがTop of the listです。ゴルフの場合、練習にも球代というお金がかかるというのがちょっと痛いのですが。マラソンはただなので、その点うらやましいです(笑)

今、ウエストチェスターでトーナメントやっているようですね。(日本での放送は明日からです)

けに~さん、ムキちゃんが今年のNYで記録を狙われるので、私も刺激されています。私もたぶん体力的にも記録更新はこの2,3年うちだと思うので、性根入れてがんばりまっす。足腰も鍛えないと。やっぱり土台が大切です。でも、走って鍛えることはしません、、、v-12

仕事帰りは自分にとっては楽なものです。何しろ仕事自体が暇ですから…。ただし、一旦家に帰らずに、仕事帰りに直接行くのがポイントですね。一旦帰ってしまえば、人間間違ってもトレーニングなんかしたくなくなってしまいますよね…。あと、誤解を恐れずに申し上げておきますと、ランニング(少なくとも市民マラソンのレベルでは)は辛いとか苦しいことは全くありませんよ。もしそうなら続くはずがありませんので。
今週は、Barclaysという試合です。例のWestchesterカントリーです。ここのコースは本当に素晴らしいです。一回大雨のときにやったこともありましたが、フェアウェイ、バンカー、グリーンが最後までダイジョウブだったんです(普通のゴルフ場とは明らかに違います)。メインテナンスに絶対の自信があるらしく、余程のことがない限りクローズしないと聞いたことがあります(プライベートなので、やりたくても出来ませんけどね…)。

苦しくないマラソンがあるなんて、、、、そうですかぁ(疑、疑、疑)

ウエストチェスターカントリーは水はけがすごくいいんですね!私ももちろんプレーしたことありません。クラブハウスの前まで1回か2回車で「ここがそうなのかぁ」と行ってみただけです。

あの頃はもっぱらパブリックが私のメインコースでした。シーズンになると、メイプル、サクソン、スプレインこのコースをまずどれでもいいから予約するため、夕方7時に電話の前に貼り付きます。ヨンカースのコースはは何となく土地柄敬遠してしまっていたのと、もう一カ所もっと北にあるコース(どうしても名前が思い出せないのですが)はちょっと遠いのでどうしても他が取れない時にまわしていました。

みんなが一斉に電話するので、タイミングがいったんずれると一発でなかなかかからないのですが、20分ぐらいかけ続けて、とにかくどこでもいいから押さえます。メンバーを探すのはそれからです。
これを自分が行けそうな日はずっと予約しておいて、どうしても行けない日だけキャンセルするという、はた迷惑な予約の仕方をしていました。スミマセン。

ロックランドというタッパンジーを渡って行くパブリックでもよくやっていました。

あとは、ムキちゃんたちが住んでいるライのコースですね。

ゴルフ場の景色はどこでもだいたい一番ホールがああで、2番がああなっていて、、、と次々今でもありありと思い出されて、私を楽しくそしてものすごく切ない気分にさせます。

いつかもう一度これらのコースでまたプレーするといのが当面の私の夢です。

Westchesterはクラブハウスがまるで屋敷のような格調高いホテルのような建物が目印ですね。
私の地元でのホームコースはサクソンウッズでありました(因みに、ここはベスページ・ブラックと同じ設計者がデザインしているんですよ)。これは殆ど知られていなかったことなのですが、1週間前の夜中から並ぶと最初の10組分の予約が取れるという仕組みになっていたのです。それを知ってからは、毎週朝4時ぐらいに駐車場で順番を待つようにし、キャッシャーのフランク(もう今はいない)とも仲良くなり(融通の効く人でした)、他のアメリカ人とも仲良くなり、楽しい週末が続きました。いつもプレーは間違いなく午前中には終わっていますし、一番早いときで朝10時には帰宅していたこともあったぐらいです。電話予約だと早い時間が取れないですからね。(今は年間の時間を抑えることになっているので、1週間前に並ぶシステムがどうなっちゃっているのか知らないのですけどね…)我らがベスページにしても昔はその日に並ぶしかなかったので(ブラックも含めて)、週末になると前日から(私の場合には夜中の2時には家を出てました)並ぶ人も多く、ゴルフをしない人からすると、何やってんの?とでも思うでしょうね。ヨンカーズのコースはダンウッディーですね。実はあの付近に勤務先があったので(一番危ないところです…)、いつも横は通ってました。
懐かしいですね。私もまた行ってみたいですね、Westchesterのパブリックコースに。サクソンウッズ以外も色々な思い出があるので、それは追々…。

けに~さんのコメント読んでいたら、もう本当にとってもとっても懐かしくなってしまいました。夜中から並ぶと10組押さえられるシステム、、、知らなかったです。

どうしても思い出せなかった北のコースはモハンジックです。あー、スッキリしました。

けに~さんも相当な狂い方だったんですねー。同じように狂っている人を見つけるとすごく嬉しいです。ベスページは夜中の2時から並ぶに値するんですね。

サクソンウッズのキャッシャーの男の人、顔何となく思い出せます。あの人がフランクという人だったのかなぁ。免許証を出すと、いつも、ふざけてしかめ面しながら、私たちの顔と免許証の顔を見比べて、フーム、ほんとに同一人物なのか?というようにして私たちがクスクス笑うのを楽しんでいるような面長の彼です。

カートを引いて、18番ホールの土手を上がって行き、クラブハウスの脇から駐車場へ行き、そして、帰り道に大道でお買い物して帰るという日々、あー、もう、考えてるだけで、切なくて切なくて気が狂いそうになってしまいます。

今もゴルフはしているのに、アメリカのコースを思い出す時、こんなに切なくなってしまうのは何なのかなぁと思います。きっと、日常的にいつでもどこでも自分の生活の中心にゴルフがあった生活への憧憬の気持ちなんだろうと思います。井までも生活の中心にゴルフがあるのは変わりないのですが、、、

けに~さんのサクソンウッズでの思い出もまた、おいおい聞かせて下さいね。

もう一つ、私には忘れられないコースで、もっともっと北に行った所にある、モンスターというコースもあるんですけど、また、その話は別の時にしますね。ホントゴルフの話になるとキリがないですの。

それより、今日も暑くなる前に、掃除済ませて練習に行ってきます!それが先決です!!

私の経験では日本人でこの前に並ぶシステムを知っていた人はいないと思います。私はたまたまWalk-inでプレーした時にアメリカ人の人に聞いてそれ以来並ぶようになったんです。
サクソンのフランクはどこに行っちゃったんですかね?顔はキューピーみたいなおじさん(意外と若いのかもしれない)でした。サクソンはずっとやっていただけあって、今でも全てのホールが脳裏に浮かびます。8番のパー5で2打目の残りを150ヤード以内(逆算すると350ヤード近くなってしまうのですが、自分でもどうやって打ったのか全く覚えていません。でも同じ組の人が驚嘆したことだけは覚えています)までティーショットを飛ばしたり、13番から3連続バーディーになったことがあったり、あの時が絶頂期だったかもしれませんが、本当に楽しかったです。
数年前まではヨンカーズの会社に勤めていたので、帰り道サクソンに寄り道をして、クラブハウス前の練習グリーンの周りでチッピングをしたり、数十ヤードのアプローチを練習したり(要は夕方は誰もいない)、あの頃は恵まれていました。
私のゴルフの思い出話も小出しにじわじわと。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。