プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のNYは兎に角寒い。冷房なんて全く必要ないし、寧ろ暖房すらも欲しいぐらいである。WTCの練習では、コーチマイクは何とダウンジャケットを羽織っていた(しかもその下は重ね着をしていた)。いくらなんでもこれは冬の格好ではないのか、と思うのだけれど、そのぐらい寒いのである。
ランニングにはもともと寒い方が合っている。普通の人には寒く感じるこの気候こそが、絶好のランニング日和である。昨日のスピード練習は、1200を5本であった。師匠には以前、この水曜のスピードトレーニングは100%の力を出し切れ、というアドバイスを頂いている。でもこれがなかなか…。昨日は、一番速いラップですら1分36秒であった(一番最初が1分50秒(遅すぎ)。その後は1分40秒~45秒をキープし1本ごとの最終ラップは1分37秒位だった))。終わりに従うにつれて、段々スピードを上げるようにはしているけれど、思ったようには速くは走れない。気候的には最高なのになぁ…。修行の道はまだまだ続く。
アメリカは恐ろしいところである。9月に出る予定だったインディー・クラシック・マラソンは三回忌のため出場できなくなったのだが、何とオーガニゼーション側の不手際で、レースが11月3日に延期されてしまっていた(このお知らせはあるランニングサイトでの掲示板で初めて知る始末。実際には数日前、即ちレース予定日の僅か3週間前にいきなりである。Emailでのお知らせも全く無いので、恐らく知らないまま当日間違って行ってしまう人も多いに違いない。どうするんだろう…)。レースのサイトでは、希望者にはリファンドをするというので、期待することもなくEmailを送ってみたら、あら不思議。その日のうちにきちんと返事が来た。実際に返金されるまでは予断を許さないけれど、意外と律儀なのである。もともとインディアナポリスという片田舎で4万人のランナーを集めたレースをいきなり第1回から行う(NYCやシカゴですらそうならないのに…)、なんて夢にもならない構想をぶち上げたところが胡散臭さを物語っているけれど、それにまんまと乗せられた自分も馬鹿である。きっと嘘だろうけど1万3千人ほどが既に申し込み済みらしくこれから大変な問題になるかもしれないなぁ、とまるで他人事のような自分である。9月の最初ならまだしも、10月から11月にかけてはBigレースが沢山控えているし、9月のレースにはその練習のために出るマラソンランナーも多いのではないかなと思う。これを11月3日に延期なんて(NYCは11月4日)、明らかに無謀・愚の骨頂である。恐らくは、11月に延期されるのを了承するランナーは少ないだろう。そうすれば、フィーの返金騒ぎで、どさくさに紛れてレースのオーガニゼーションもトンズラするかもしれないなぁ。これは面白いことになりそうだ。このレースは第1回で終わると見た(その第1回すらも危うい…)。地方へのマラソンは、レースフィーだけでなく、飛行機代(格安だから、変更手数料とかが取られてしまうじゃないの。どうしてくれるんだ)・ホテル代(ノーペナルティーでよかった…)等もかかるので、もしかしたら被害額は結構大きいような気がする。やはり、レースは長く開催されていてオーガニゼーションのしっかりとしたモノに限る、という教訓を得た今日この頃の自分なのである。
スポンサーサイト

<< 走り込みシーズンの訪れ | ホーム | ゴルフ >>

コメント

えー!9月から11/3に延期なんて、本当にすごいことしますね!11/3なんてすごい競争率高そうなのに・・・

ところでスピード練習、私も自分のチームでとり始めたんですが、きっついですね!呼吸困難寸前です。しかもウチのチームは少人数なので、遅れると非常に目立ち、もう泣きたくなりますよ・・・とほほ。

アヤさん、
確かにスピード練習はきついですね。でも私の場合には、水曜日以外では一人でゆっくりと走っているばかりなので、たまには息が苦しくなるくらいのことを強制的にでもしておかないと、遅いペースばかりが身体に染み付いてしまいそうなので、何とか参加している次第です。他の人と一緒ならば、多少の辛さも乗り越えられますし、はい。(WTCも水曜は所謂超エリートはいませんので、人数的にはせいぜい多くても50人もいません。しかも、ペースに合わせて5-6グループぐらいに分けるので、1グループ自体は少人数です)
第1回のレースというのはハプニングが起き易いです(時にはそれが新鮮なので、ついつい出てしまいたくなるのですけど)。でも今回の一件は間違いなく大失敗でしょう…。アヤさんの出場されるフィラは伝統も人気もあるしダイジョウブなはずですので安心して練習に励んでください。

ありえなーい

レースの延期の件、ビックリですよねー。しかも一人一人に何の連絡もないなんて、、、本当にお金も返ってくるのでしょうか。
いかにもアメリカって感じです。おおらかと言えば聞こえがいいけど、ずぼらというかアバウトというか。どうなるかちょっとみものですよね。
寒いのはうらやましい。。。日本でもニュースでやっていました。みんな冬物のコートなど着ていて。異常気象。今の日本と半分っこしたいです。

ICMの件は、嘘のようで本当なんです。Webでは延期を告げていますが、未だにEmailの連絡すらもないのです。従い1万3千人の殆どは未だ知らない可能性があります(あと2週間しかないんですよ!)。流石のアメリカ人もビックリだと思います。お金は兎も角、このレースを目指してトレーニングを積んできた人には堪らないと思います。間違って遠くから行ってしまったら本当にどうなってしまうんでしょう(そういう人絶対います、アメリカですから…)。
最近は毎日寒いので、トレーニングには丁度いいのですが、普通の人で半袖や半ズボンは珍しく、コートを着ている人も目立っています(日本でも報道されていましたか)。本当に、日本とNYの中間が欲しいですね…。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。