プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本で流行っているBilly's Boot Campをつい先日こちらで購入したが、結構きつい。もっと簡単に出来ると思っていたが、大量の汗が流れ落ちるし、時間が長いため、途中で何度も一息つきたくなるほどである。やはり、年齢とともに体力が格段に落ちているという証拠だろう。自分ではこんなはずではないと思いながらも、老化した身体は極めて正直である。このメニューを簡単にこなせるのならば、きっと筋肉はつくし、その上体重も格段に落ちるに相違ないだろう。しかし、こなすこと自体が極めて困難と気づいた今、自分はどうしたらいいのか、たっぷりと腹周辺にこびりついた脂肪どもに聞いてみたくなった…。
今日は、家内の云十云歳の誕生日。日本に電話してみたが、流石に年を取ることへの特別な喜びはなさそうである。それよりも、日本での休みを楽しんでいるようだ。家内は、小さい頃インドで3年ぐらい生活し、その後高校までは日本にいたが、その後はずっとNYである。人生の半分以上は海外なのである。しかも大人になってからの日本での生活はほぼないに等しい。日本への一時帰国もいつも何かが起きる(妊娠、リウマチの発症、…)そのため、日本を楽しんだことがないし、日本のことをまるで知らないように思える。銀座のソニービルのすぐ目の前で、ソニービルはどこですか?と聞いた日本人は家内しかいないだろう(実話である)。電車、地下鉄の乗り方もよくわからない日本人は家内しかいないだろう(千葉から東京にすら行けそうもないのでどこにも行こうともしない)。まあ、それでも何もないアメリカに比べたら日本は天国みたいに楽しいようである。
日本での休暇中に少ない時間を利用して、家族を箱根に連れて行った。ホテルの隣には、ユネッサンというプールのような温泉のような人気スポットがあった。そこにはコーヒー、抹茶、ワイン、ラーメン、カレー、等の色と香りのついた色んな湯があった(水着で入る)。自分はそれぞれを楽しんだのだが、子供は普通の温水プールが一番のお気に入りであった。理由は簡単。アメリカで子供が入るプールは大抵水が冷たいことが多い。温水プールもあるけれど、うちの子供が行くようなところは大抵冷たい(まともな日本人には入れない)。箱根のプールは気持ちよいぐらいの温泉プールなのである。ほっといたら、多分1日中入っていたことだろう。実は、泊まったホテルの前を通る道路は、箱根駅伝でのコースとなっている。箱根湯本からタクシーでホテルに向かったのだが、物凄い上り坂だし、くねくねとしていて、車の運転も地元の人でないと多分難しいと思われた。自分はまさかとは思っていたけれど、タクシーの運ちゃんに、もしかして箱根駅伝ってこのへんですかね?と聞いたら、この今走っている道路だよ、と教えてくれた。ぎぇっ~…。これを上るなんて人間業ではない。明らかに急な上り坂である。自分だったら、数百メートルでギブアップである。しかも、20㌔以上を永遠に上り続けるなんて…。翌朝、記念にちょっと走ってみようかな、なんて気すらも起きなかった自分である。フラットしか走れない鈍足一般市民ランナーでよかった、と心から思える自分だった。
スポンサーサイト

<< 今週末の練習 | ホーム | 静かなる週末 >>

コメント

日本

けに~さん、

奥様もお嬢様方も日本を楽しんでいらっしゃるようで何よりです。

日本って、なんだかテーマパークみたいですよね。
まあ、住んでいる人にとっては楽しいばかりではないのは分かりますが、たま~に行く人間にとっては、美味しいとこどりで確かに天国ですね。

私も遊びには行きたいですが、きっともう生活は出来ないと思います。



日本はたまに行くからいいのだ、と人はいいますが、私はそれでも住んでみたいです(ある理由で…)。いつも思うのは、だだっ広いアメリカに慣れてしまうと、日本って本当に狭いです。狭い日本、そんなに急いでどこへ行く。

テーマパーク、、、ムキちゃん、うまいこと言いますね。
それに、けに~さんの言われるように、確かに狭い!家の狭さもそうだし、隣との間なんてほんのちょっとです。
でも、誰かが「日本は小さいことに美しさを見いだす国だ」みたいな事言ってたから、狭くて小さいからこその良さと言ったものも確かにあるのかもしれません。箱庭みたいな。
けに~さんの日本に住みたいある理由ってなんなんでしょう。

まこちゃんのコメントにあるように、小さいもの好きよね、日本のヒトって。
アメリカはなんたって「大きいことはいいことだ!」だったからねぇ。
でも最近は車も小さくなって、TOYOTAのPRIUS(こんなスペル?プリウスって)なんかもいっぱい走ってるし。

私はやっぱし日本人だ。
でっかい家には住めない。
家のサイズはどんどんダウン。
小さいものほど美しいとやっぱり思うし。

けに~さん、私も「日本に住みたい理由」、お聞きしたいわぁ~。

私の自宅は閑静な豪邸の立ち並ぶ中の一番小さな家(比べ物にならない)で庭も大変狭いもの(そうです、まさに箱庭です。しかも芝生というよりはワビサビを感じさせる苔が生えております)ですが(家の価値はこの周辺で一番低い!)、そこは日本人。小さくて手入れも余り要らなくて楽チンそのものです。
日本に住みたい理由ですか、大体、男が日本に行きたくなるのは不純な動機以外の何モノでもありませんよね…。永遠の秘密にしておきます。

えっ?えっ?えっ?
男の人には、日本に住まないと出来ない楽しい(?)ことがあるんですか?
まあ、確かに「日本には楽しいことがいっぱい、日本は天国」と私もコメントに書きましたが...

あるということにしておいてください…。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。