プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金曜日の夜は、開放感に満ちている。事務所では定時前から若者たちは飲みに消えてしまった。自分はほぼ数人しか残っていないオフィスで7時前まで。こういうときに限って仕事が立て込む。何故だ?
仕事帰りはジョギングに限る。いつものスカハイのトラックには5人ぐらいしか走っていない。自分は、いつものようにスカースデール周辺にて1時間ジョグだ。いつものコースでは必ずといっていいほど、何人ものランナーに出くわす。今日は1時間の間で僅か1人だけ。やはり金曜日だ。昼間こそ暑かったようだが(外に一切出ないので全く判らないのだ)、夕方以降ともなれば、涼しい風が吹く。NYとしてはそれでも十分蒸し暑いのだが、日本とは比べ物にならないほどの快適さだ。気持ちよいジョギングができる最適日だ。飛ばしたい、その気持ちを抑えて、ゆっくりと走る楽しみをかみ締めながらの自分だけの1時間。皆が休んでいる時に走れるのは一種の贅沢なことなのだと思う。幸せだった。
どんど晴れを見た。父親との再会である。自分も父親に会いたかったなぁ。最期に会えることもなく、いってしまったから。もっと感謝すべきだった。今更ながら後悔の念が募る。天国から見守ってくれていることは判っているけれど、もっと話をすべきだった。もっと人生を語って欲しかった。もっと一緒に飲みにでも行くべきだった(父は一人でしか飲まなかった)。色んなことが思い出された。一番すべきだったことは、一緒に走ることだった(マラソンが好きだった。でも中学校時代のマラソン大会では一番にはなれず、いつも一番だった人の名前を自分につけてくれたのだ)。どんなに頑張っても、もうこの夢は叶わないんだよな…。どんど晴れを一人で見て、一人で泣いた…。
スポンサーサイト

<< 静かなる週末 | ホーム | >>

コメント

けに~さんのお父様とのマラソンの思い出&名前のお話読んで、とても切なくなってしまいました。

私の両親は幸いにしてまだ健在ですけど、離れているので年に数回しか会えません。私にとって両親はすごく大きく、自分の心の中心にいつも居てくれる存在です。

誰でも、いつかは親との永遠の別れを経験する定めだけれど、私には自分がその時の悲しみに耐えられるか、最近とても不安です。

私には、もうひとつ想像するだけで耐えられそうにない悲しい出来事として、今、飼っている愛猫との別れというものもあります。命ある物、いつかは死が訪れるけれど、毎日心よ通わせて居てくれる存在がなくなってしまうと考えるだけで、ゾッとします。

そういう自分が乗り越えられそうもない悲しみをすでに経験して、そして乗り越えながら、毎日を生きている方を本当にすごい、、、と感じます。

けに~さんの日記を読んで、両親や夫やペットとの何気ない日常をもっともっと大切にしていきたいと思いました。

日本で実家にいます。多少は親とのコミュニケーションをとろうとはしてますね。ただし、一方僕なんかより、子供と話がってるかなという気はしますが。

また同時にいつも思うのが、自分の親も確実に老いているわけで、特に何か思考能力、判断能力が衰えているというか、昔はもっとシャープで切れ者だったのにな、というとこが寂しさを感じずにいれません。

光陰矢の如し

まこちゃんさん、RIKIさん、
親もそうですが、気がついたら自分達や兄弟もどんどんと年をとり続けています。昨日は、暫く会っていない妹(沖縄に移住してしまったので、なかなか行けない…)の云十云歳の誕生日でした。その妹が生まれたのもつい昨日のことのようだったのですが…。気がつけば、自分も40台…。30台はあっという間でした。きっと40台ももっと早いスピードで通り過ぎていってしまいそうな気がします。自分達が子供の頃の親は未だ30台だったなんて信じられません…。もうちょっと時間がゆっくりと流れてくれないかなぁ、と思ってしまう今日この頃です。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。