プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本より夜の便でJFKに着いた。これは日本に1分でも長くいたいという自分の願望を十分に満足させるものであったが、他の欧羅巴便やアジア便もほぼ同時刻に集中する時間帯であるらしく、とても混雑した。予定通りに夜7時にJFKに着陸したのはよかったが、混雑でゲートが空いていないのだという。ゲートには結局1時間かかった。到着してからも、荷物がなかなか出てこない(入国審査は永住権を持っているため、極めて早いのだが、荷物が出てこなければ何の意味もない)。外に出たは出たで、空港はカオスと化していた。リムジンの運転手は只管喋り捲る人であったが、彼曰くJALの夜の便はいつもこうなのだという。UALやNWAの成田ーJFK直行がなくなり、ANAも採算の問題からエコノミーを格段に減らした。JALは時代に逆行するかのごとく、1日3便を飛ばしてくれるため、利便性は高まった。でも夜の便は空港が混みまくることは気がつかなかった。家には10時に到着したので、着陸から3時間もかかったことになるのだけれど、旅って本当に疲れるなぁ、と感じた土曜なのである。
リムジンの運転手は、片手間でやっている。以前はマンハッタンでサラリーマンをしていたらしいが、こんなことやっていたら人生・時間が無駄だと気づき、今ではゴルフのレッスンプロ(ラウンド・レッスンというのがあるらしく、ほぼ毎日のようにラウンドすることになるらしい)とリムジンの運転手(どこの会社にも属さず、下請けでやっているらしい)で生計を立てているのだそうだ。金はないけれど、自分の時間はたっぷりある。ゴルフもリムジンもぼろ儲けはできないだろうけど、趣味と実益が完全に一致していて楽しい毎日なのだという。好きなときに仕事をし、好きなときに休みを取る人生。自分が求めているのはこれなのだ!サラリーマンは収入こそ安定するけれど、人生における時間の無駄遣いとしか思えない。自分は人に拘束されるのが最も嫌いである。自分の人生くらい、どのように生きようが自分の思うままに決めたいし、時間だって自分の好きなように使いたいのである。その生き証人みたいな人に久しぶりに出会った。長旅の終わりでの混雑のことなどすっかり忘れ、運転手の話を聞くことに没頭する自分がいた。
自分は果たして何がしたいのだろう。夢や希望はあるのか?すっかりどこか自分の知らない、望まないところへ流されてしまいそうな昨今において、ランニングが自分の人生において大きな意義があることに今更ながら気づく。ランニングの何がいいって。そこには、自分に自由な時間が流れている。でもそれは何も考えていないということではない。自分を冷静に見つめることが出来るし、不思議なことに色んなヒントがぽっと沸くように出てきたりもする。柔軟なモノの考え方ができるような気がする。今回の旅を通じて、東京・大阪を走った。ランニングを通じて、自分の進むべき方向性が段々と見えてきたような気がする。今すぐに実現できるかどうかはわからないけれど、きっとダイジョウブ。自分の人生は自分のものなのだから…。
スポンサーサイト

<< 時差ぼけとの闘い | ホーム | いきなり日本での楽しい日々のまとめ >>

コメント

飄々と生きる

v-448リムジンの運転手さんの生活、すごくゆったり時が流れている気がして、いいなぁ、、、と思ってしまいました。
今、うちは日本の典型的サラリーマン生活を否応なく送っていて、これは、夫だけでなく、妻にも降りかかってくる問題で、本当に、時間がなく、お互い話しする暇もなく、寝る暇もだんだんに削られていて、いったいこれって何なのだ!と思いつつ生活しています。でも、それを飛び出す勇気はない。
そういう意味でこのリムジンの運転手さん、すごいなぁと感心してしまいます。
最近、v-483夜遅く、新宿から帰ってくることが多くて、今更ながら驚きました。夜の10時半ぐらいになっても、サラリーマンやOLがv-455満員電車に乗って家に帰っていく。そして、翌朝、また満員電車で都心に向かう。もちろん平日は家で趣味に費やす時間もなく、家族と話しする時間もそうない、、、
これって何かおかしい。
あー、NY時代は良かったなぁ。。。人間的な生活が送れていた気がします。(ただ、単に、夫の仕事が暇だったのかもしれないけれど)

もうひとつ私たちがいつもNYに帰りたいなぁと思っている理由は、人と違う事をしていても、誰も、それを特別な目で見ないから、です。私も、夫もかなり変わり者なのかもしれないけれど、日本じゃ、まわりを見渡して形に収まっていなくてはいけないところがどうにも息苦しい、、、けれど、弱虫だからそれを捨てることは出来ない。。。ジレンマです。

帰られたばかりのけに~さんに、こんなだらだら愚痴っぽいコメントですみません。でも、なんだか、リムジンの運転手さんの飄々とした生き方から、妙に刺激されてしまいまして、、、

話、替わりますけれど、今日は、講師としての初仕事の日です。プライベートレッスンの相手はv-20843歳会社員の男性。部下にTOEICスコアを課す以上、自分も頑張りますというものすごく真面目な方みたいです。どうなるかわかりませんけど、とにかくこのモチベーションだけは下げないようがんばってきまーす。

飄々と生きる-2

v-276です。

私も、リムジンの運転手さんのような、好きな時に仕事をし、好きな時に好きなことをする生活を、早く始めたいものです。

…って、私の生活って、もう既に自由気まま?

まこちゃん、早くNYに戻っておいで。

けに~さん、食いなき、じゃなくって悔いなき人生送りましょう!

NYのいいところは、何といっても世間体を全く気にしなくていいところです。そもそも世間体という言葉すら忘れてしまうほどであります。私も、日本はいいなぁ、と思いつつも、帰ることにどうしても躊躇してしまうのは、それが第一の要因なのかもしれません。
TOEICって懐かしい響きです。実は、私は家内と一緒に10年ほど前に日本で受けたことがあります。家内は幼少の頃も海外ですし、大学からもうウン十年とアメリカ生活ですので、当然と言えば当然ですが、私よりも遥かに高得点でした…。別に会社から要求されて受けたわけでもなく気楽なものですが、今の日本の会社員ってある意味かわいそうかもしれませんね。でも真面目な方には是非頑張っていただきたいと思っております。
食いなき人生を目指していますが、今日も食べてしまいました…。(飲みは2日連続控えております)
頑張りましょう!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。