プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、走れなかった(時間的に…)ので、今日のLSDは非常に楽しみであった。ランニングの師匠・先生との合同LSD(ロッキーズにて)。予定の3時間を15分超過した。ロッキーズはUpdownが程々にある(自分には、程々というよりは、かなりなのですが…)。ここで、3時間LSDを繰り返したことが、昨年来のタイムの伸びに明らかに繋がっている。従い、ここでのトレーニング程重視しているトレーニングはない。ロッキーズはNYにおけるランナーの言わば聖地である。老若男女、人種を問わず様々なランナーが黙々とある人は集団である人は一人でトレーニングにただひたすらに取り組む。ここでは、社会での地位、職業、年収、何も関係ない。走る者は皆素晴らしい。そして、ハドソン河を見晴らすことの出来る風景は余りにも素晴らしすぎる。NY郊外は全て田舎であるが(自分は米国のことを偉大なる田舎であると常々感じている)、ここは人間と自然とが上手く共存共栄できるところである。人間は偉大なる自然に対して決して勝てることはない。でも、上手く一緒にやっていくことは出来るのだ。自然との接し方の原点がここにある。
それだけではない。今日は一人ではなかったので、兎に角楽しいLSDであった。一人でも十分楽しめるのがランニングのよいところであるが、皆と走るとその楽しみは倍増するのである。これは、走っている人にしか理解できないことかもしれないが…。
さて、真面目なことはさておき、ランニング後に招かれていった、内乃助・お雪さんご夫婦宅での、内乃助さんのオムレツ、ワッフルは最高であった。自分はめったにかような食べ物を食さないのであるが、久しぶりに美味しいものを食べさせていただきました。唯一の問題は、何と言っても、体重であろう。ワッフルは勢いに任せて、5枚ぐらい行ってしまったのではないでしょうか…。ちょっと食べすぎで、胃がびっくりしてしまったようです。しばらく、控えなければ…。ところで、ご夫妻は今度の週末は、パイクス・ピークです。頑張ってください。
スポンサーサイト

<< 事務所のそばで大交通事故… | ホーム | 金曜夜は開放的トレーニング >>

コメント

ありがとうございました。

v-276けに~さん、昨日は3時間強お付き合いいただいた上、長屋まで足を運んでいただき、ありがとうございました。毎週のようにロッキーズに通える私達って幸せモンですよね。是非、またお付き合いお願いいたします。その為にも、Pikes Peakからなんとか生還します。応援ありがとうございます。(現地時間7時スタートでした。)
PS.胃、大丈夫でしたか?

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。