プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、週末恒例のロッキーズ。一人でゆっくりと2時間ぐらいのLSDかなと思っていたら、現れました、師匠夫婦が。ゆっくりと2時間半とのことだったので、お豆としてご一緒させてもらうこととした。ランニングは一人で走るのも楽しいけど、一緒に走るともっと楽しいスポーツである。2時間半はあっと言う間に終了。この1週間寒さに感けて走っていなかったので、久々に意義のあるトレーニングが積めた。深謝。
今日も寒い(昨日までに比べたらこのぐらい寒いうちに入らないかな?)。今にも何か降り出しそうな天気でもある。心も憂鬱になりがちだ。でも週末はゆっくり出来るし、幸せな時間である。忙しない平日とは全く違って、ゆっくりと優しく流れる時間である。
ランニングのホットな話題と言えば、先週日本で行われた千葉マリンマラソン(実際はハーフマラソン)でのことである。余りの高記録(どころか世界最高記録続出)再測定の結果、2.8145キロも足りない18.2830キロのレースであった。3キロ弱も短ければ誰だって気づくでしょう。レース前に何で気がつかなかったのだろう。途中のキロ表示はどうなっていたのだろう。でももう31回目のレースなのになぁと思っていたら、途中での誘導ミスがあったため短くなったらしい(途中で気づいたが、公平にするためそのままにしたそうだ)。でもそのごの再計測でも約0.5キロ更に短かったことが発覚したらしい。どうなってんだ、こりゃ。折角の伝統人気レースもきっと来年からは参加者も減るかも知れないな。それとも、PR’確実’レースの触れ込みでますます人気は高まるかもしれない。ところで、マラソンの42.195キロってぴったりの距離を計測しているものなのだろうか?ハーフだと21.0975キロ、クウォーターだと10.54875キロ(最後の一桁は5センチなんだけど…)となってしまい、測り方によって幾らでもぶれてしまいそうである…。
日本では、ランニングのことをマラソンとも呼ぶ。42.195キロを走るフルマラソンは一部の中毒患者のみが好む距離であるが、それ以下のハーフ、10キロ、5キロだってマラソンと呼ぶ。うちの母は、まだ自分が幼少のころ、毎日’マラソン’を課した。因みにこれは家から近所の公園までを往復してきなさい、というだけのものであったが…。別にそれはそれで勝手であるが、多くの日本人は、世界的には大きな間違いであることには気がついていない。英語を始として他の言語でのマラソンという距離はフルマラソン、42.195キロのことでしかない。毎日ジョギングしかしていないのに、アメリカ人に何しているのと聞かれ、間違って’マラソン’なんて答えようものなら、大抵は相手はビックリするであろう。世界一不健康な大方のアメリカ人にとって、マラソンとは豚が空を飛ぶような’ありえない’距離なのだから。まあ、アメリカ人も笑わせてくれる。過去にも記したけれど、世界に誇るNYCマラソンでのキロ表示(Tシャツとかに書いてある表示)は、42.195キロでなく42.16キロなんだから…。まあそんないい加減なところがアメリカのいいところである。
スポンサーサイト

<< ロッキーズで連荘! | ホーム | 英語論 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。