プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日は今年一番の寒さだったかもしれない。そんな中、NYRRマンハッタン・ハーフマラソンが行われた。気温は摂氏で零下であり、風が吹けばその体感温度はマイナス10度にもなったようだ。最近のNYRRのレースは以前にもまして混雑するし、マンハッタン・ハーフはその中でも人気レースの一つであるため、8時半のスタートに合わせて、家を7時に出発。最近Tシャツのサイズが限られてくることが多いけど、今回もXS(子供用のL)をゲットできた。昔は大人が子供用のTシャツをもらうことは断られていたけど、この2回連続成功している。自分の家にはレースでもらったTシャツで溢れている。だからもう自分用のTシャツは要らないので、近頃はなるべく小さなサイズをもらって家内や子供にあげる様にしている。ハーフマラソン・シリーズはNYCの5区を1年間で走破するものでTシャツのデザインも毎年変更している。今年のデザインはなかなか宜しい。個人的にはBrooklynが一番好きである。
さて、現地に到着してから最も大切なものを忘れたことに気がついた。それは、と・け・い。これが無いとラップがわかりにくくなって、ペース配分に大いに支障をきたす、なんてことはなかった。1マイル置きに、時間がわかるようになっていたし(珍しい)、現実的に支障はなかった。時計を忘れたことでタイムが遅かった言い訳にしようかな、と思っていたけどその作戦は失敗であった。
下は例のCWーXを穿いていたけど、これは実は保温効果はない(寒風にスースーしていた)。シャカリキさんのように更にタイツを重ね着した方がよかったかもしれない。上は防寒用の長袖シャツ1枚だったが、これ自体は問題なかった。頭にはいつものBuff(こんな薄っぺらい布に過ぎないのに効果は相変わらず素晴らしい)。問題は兎に角、手である。自分が糖尿だからなのか、糖尿になって以来左手の指先の感覚がすぐに無くなるのだ。手袋を2枚重ねてみたけれど全く効果がなかった。レース中には何の支障もないのだけれど、終わってから着替えをして上着のジッパーを上げようとしても、左手の押さえが全く利かないので、前が開きっぱなしとなってしまう。今後の課題だ。短いレースならいざ知らず、ハーフぐらいになると2時間寒空に身体を晒す事になるのだから要注意である。左手の問題さえなければ、寒くても大丈夫なんだけど…。
ところでアメリカ人は不思議である。こんな寒いのにやはりいた。下は短パン、上はランニング姿というツワモノである。流石に上半身裸は見かけなかったけど、あの人たちの皮膚はどうなっているのか?ここは寒中大会ではないのに…。また、走っている途中前を走っていたランナーの頭から汗が凍ったのか、ツララが出来ているのを思わず発見して、走りながら笑ってしまった…。ゴールしてそれを人に話したら、逆に自分のBuffにも氷が出来ているのを指摘され、もしかして他の人に顔に氷が出来ている奴がいたよ、なんて笑いの種にされていたかもしれない。
さて、レースは目標1マイル8分切りだったけど、それには遠く及ばない結果となってしまった。レースの初めから前を抜かせない(混んでいた)状態が続き8分20秒ペースぐらいで最初の3マイルが進んでしまったし、その後8分ペース前後に戻せたけど、CP2周目で遅れた分を取り戻すことは残念ながら出来なかった(むしろ遅くなる一方)。結果は8分13秒ペースの1時間47分45秒。前日に走りすぎたということもあるかもしれないけど、自分としては体重のせいだと思う。脚ではなく、明らかに身体そのものが重く感じるのだ。この1-2年でのベスト体重に比べると、7キロぐらい増えているのでその分がエネルギーそしてスピードのロスに繋がっているような気がしてならない。やり直しです。
スポンサーサイト

<< 納豆を食べて納得(家内の駄洒落です)。 | ホーム | 寒い中でのロッキーズ >>

コメント

寒さ!

この寒さでハーフ完走オメデトウございます。

私は不精してこの数日はトレッドミルです。今日は雪も少し積もっていたし。

ホリデー明けの体重調節は難しいですよね。私の昨年のシーズンは秋のフィラデルフィア・マラソンで終わったのですが、その後8ポンドほど体重をつけてしまい、1月1日に走った5マイルのレースではさんざんな結果でした。いまやっと150ポンド以下に落とすことができたのですが、東京にはマラソンの9日前に到着するので、食べすぎが心配です。

それから、今までに、3万人の大きなレースを走ったことがないのですが、良く考えてみると、東京でパーソナル・レコードをねらうのは無理かもしれませんね。東京でお会いできるとよいですね。私ははしる前はUSATFのSilverのWarm-upのジャケット・ユニフォームを着ています。走るときは何になるのか未だ決めていません。

v-276けに~さん、何と言うご家族思いのおとうーさんなのでしょう....。そうですよね。NYRRのTシャツ、たまりますもんね。
寒い日の寒さ対策ですが、カイロいいですよ。少なくとも、走り出すまではあらゆる所温められます。やったことはありませんが、手袋はミトンにして中でカイロを握りしめたまま走ったら....どうなるでしょうかね...。

有難うございます。
9日前に日本入りですか。いいですね。日本は食べ物が美味しいので、私もついつい食べ過ぎる傾向にあります。私は会計士の仕事上、2月はなかなか休暇を取り辛い環境なので、大人しく金曜日に到着し、東京マラソンの翌日にはNYに戻ります。でもレースだけでなく、冬の東京も楽しみです。
確かに、規模の大きなマラソン大会はどうしても周りに流されがちだったり、自分のペースで走りにくいですね。私は毎年NYCに出ていますが、最近漸く自分なりの走り方が出来るようになってきた感じです。ただ、東京は規模は大きいですが、コース的には初めが下り、その後はフラットなので、スタートさえ気をつければPRを狙える環境にあるかもしれませんね。USATFですね。まあ3万人居るとわからないかもしれませんが、駄目もとで探してみます。
そういえば、本日東京マラソンのFinal Informationが届きました。本当に近づいてきました。楽しみです。

お雪さん、
カイロ情報ありがたく。今度の寒いレース(もしかしたら東京マラソン)で試してみますかね。
今日東京マラソンのチケット予約してしまいました。一番安かったので、コンチです。空いているみたいですし…。
Tシャツは単に自分の引き出しに入りきらなくなってしまっただけです。一つ一つに思い出があるので、例え変なデザインでも、古くさくなっても、どうしても捨てることが出来ないんです。

けにーさん。寒い中の完走おめでとうございます。というか本当にすごいことになってましたね。寒さ到来。東京は’ぬくぬく’ですよ。朝晩走ってます。

毎日の練習、凄いですね。最近のNYは本当に寒いです。ここで走るのが本当の中毒患者なんでしょうけど、なかなかそのレベルに達しなくて…。東京までに間に合うかとても不安です。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。