プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はどうしても走りたかった。たとえ昨晩ヘベレケになるまで飲んでても走りたかった。今朝もNYは零下である。風も相当強いという。もともと前日にどれだけ飲んでいても朝まで持ち越したりしないし、早起きの勝手に出来る習慣がついている。これは昔週末早朝ゴルフをやっていたときに毎週末必ず4時前に起きていたために未だに早起きだけはへっちゃら(注:週末のみ)なのである。
今朝は明らかに寒いということはわかっていた。でも寒い中自分に気合を入れるためでもあるし、仕事で忙しい(?)ことをもっともらしい理由に平日ランが思うように進んでいない状況もある、更には明日のマンハッタン・ハーフを前に2時間ランをしておくことでレース準備も兼ねているし、東京マラソン前の走りこみの一環でもある、云々。とは言いながらも、ロッキーズ到着はゆっくりと8時。ランナーはこんな寒さの中でも結構集まっている様子(勿論普段よりは閑散とはしているけど)。ただいつもより防寒はしっかりとしているようだ。走り始めて気がつく。まだ雪が残っている…。確かにここは自分の住むスカースデールよりも北にあるにはあるが、まさかトレイルの雪は綺麗に解けているあるいは除雪されている、と思っていたのでちょっとビックリ。滑って転ばないかなぁ、とちょっと不安になりながらも、アイスになっているところだけ気をつければ大丈夫だということにも直ぐに気づいた。大抵ランナーの足跡を辿ればすべりはしない。当初はLSDペース(自分の中では10-12分ペース)で行こうかなとも思ったが、寒さも意外と気にならないし、ちょっと速めの持続走(自分にとっては9分ペースの感覚)で上りを気持ちよく行けるペースを心がけた。初めから2時間とタイムリミットを自分で決めていたから、走るコースは決まっている。全てが順調であった(珍しく)。唯一のハプニングは、自分は一人で走るときは前方のランナーを抜かしたことはないのだけれど、今日はハドソン河沿いの場所で、何と初めて人を抜かした。多分ランニングが自分より初心者なのかもしれないけど、普段はLSDでどんどん人に抜かされたばっかりだったから、自分が速くなったような錯覚を覚えて、ちょっぴり嬉しかった…。ハドソン河といえば今でも忘れないのは、NYで華氏での体感気温がゼロ近く(摂氏ではマイナス18度ぐらい)、になったことがあるのだがこのときはハドソン河からの強風が、今まで経験したことのないぐらいにとても冷たく、一歩一歩走るたびに容赦なく自分の顔面を襲ったのであった。その時は本当に鼻がもぎれるのではないか、というぐらいに顔面の感覚も完全に麻痺し辛かった。どうして途中でやめなかったの、と思われるだろうが、ロッキーズのトレイルの設計上ハドソン河に来てしまうと、ここは一番端っこにあるため、来てしまったが最後戻るに戻れないのだ…。それ以降、死ぬほど寒い日には顔面を覆うスキー用のマスクをして走るようにしている。今日はその必要はなかった。それに比べれば暖かい(?)ものだ。東京マラソンはもしかしたら寒くなるかもしれないという。でも自分にとっては何でもないことなのである。マラソンは暑さの中でやるのは困難だけど、寒さはいかようにも防止できるスポーツなのである。勿論あの零下での経験が、どんな寒さの中でも何とかなるという自分の自信にもなっている今日この頃なのだ。
昨日、馬次郎さんに頂いたCD(あやのこーじきみまろ)をロッキーズの行き帰り車中で聞いてみた。今まで殆どしらなっかたけど、毒舌漫談これはとても面白い。惜しむらくは、自分のiPodに入れていかなかったこと。ロッキーズではすれ違う人は余り居ないから大丈夫だけど、これを聞きながらマンハッタンを走るのは危険すぎる。恐らく本当の”中毒患者”と思われるに違いない…。
スポンサーサイト

<< マンハッタン・ハーフマラソン記 | ホーム | NYMCKK新年会と今後の決意 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。