プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年の入浴してぇ~マラソンから早1週間。そろそろ完走記を書いておこうと思う。今年は色んな事が起きたから、その区切りというか禊のためにも、きちんと完走しておきたかった。今年はタイム的には酷かった…。1月の”出なかった世界マラソン”では、土曜日の半分マラソンの疲れで日曜日の全部マラソンでは途中すっころんで流血しながらも(俺はプロレスラーか?)5時間を超えてゴールした(歩きっぱなし)。2月の東京マラソンでは猫ひろしに2度も思いっきりぶつかられるし(何だったんだろ?)、最後の粘りが足りず2年連続サブ4ならず(しかも政治家のムネオにも負けた)という失態を犯した。3月の小岩マラソンでも後半とんでもなくスローになり4時間後半。同じく3月の山本譲二ア・マラソンでは後輩の応援の下、何とかサブ4を達成できたものの、それがピークであった…。6月のサロマ湖100キロでは意図していない関門ギリギリを演じ、制限の5分前に漸くフィニッシュするというとても危険な(しかしながら最高に楽しかったのだけど)レースをしてしまった。今年はこれで燃え尽きてしまったらしかった。8月の新メキシコマラソンでも前半の下りで疲れてしまい、15マイル位から殆ど歩いてしまった。10月の4か5マラソンでも暑さにかまけて半分地点から殆ど歩き(本人はシカゴの景色や応援を楽しんだつもりでいるが、これは負け惜しみである)、サブ5ギリギリのタイムでフィニッシュ。私生活でも春先には大変なことをしでかしてしまった(因みにその後、極めて健全な生活を送っている)。仕うし事も転職を繰り返し、昨年12月に転職して僅か5ヶ月で元の鞘に収まるということをしでかしている(職場では一時的出向をしていたことになっている)。日頃も走ることが減り(月に200キロ走れたら御の字。150キロも困難という情けない練習。幾ら中身が大切とはいえ300キロ近くを確保するしない限り決して速くはならないし、自らをランナーと呼ぶのはおこがましいし、きちんと練習を積み上げているランナーに大変失礼である)、食べてばっかり。体重は70キロを超え(一時の60キロを切ろうとしていた自分はどこへ行ったのか???)、体脂肪率も20%を簡単に超えてしまった(これも10%くらいまで行ってたのに…)。こんなことではダメだとはわかっていた…。でもその心とは裏腹にダメランナーは一向に反省する素振りすら見せない。そんなダメな自分を確信していたから、今回の入浴してぇ~マラソンでは原点に戻りたかった。戻るしかなかった。まだまだ俺は生きているんだということを自分自身に証明したかった。タイムを気にせず、走ることを楽しい、うれしいと思えるようなレースにしたかった。そもそも自分はレースという言葉は嫌いである。優勝争いをするでもないし年代別のトップ争いをするわけでもない一市民ランナーにその言葉は似合わない。兎に角笑顔で走る、皆に感謝する、そのことだけを心がけようと思っていた。ただしタイムの目標はないと歩き続けてしまいかもしれないから、今年の参加大会での調子に鑑みて、目標はサブ5と設定。入浴してぇ~でフィニッシュすると翌日の入浴時代に名前が載るのだけど、最近は5時間までのランナーしか載らなくなってしまった。だからせめて最終ページでもいいから自分も一部になりたくて5時間だけは死守したいと思った。しかし、自分は思うところが多い人間だなぁ。しかも時折自己矛盾も犯しているような気もする。もっと単純に生きれないものか?思ったところで達成できる目標なんか限られているし。けれど思わなければ達成することも無いから、まあいいか。相変わらず能天気な人間である。
さて当日。朝は早く起き朝ごはんをしこたま食べた。フルマラソンが自分の家から出発できると落ち着く。地方巡業が多いから、ご飯を食べれるというのは実は極めて贅沢なのである。アメリカの田舎にご飯なんかないし、当日の朝に好きなものを好きなだけ食べれるということは経験できないからだ。自分は迷わず納豆ご飯大盛りである。納豆なしの生活なんか考えられないのだ。大昔マンハッタンに住んでいた頃は、お金も無かったしアメリカに少しでも適応することを考えていたから(全くウブである。今では考えられない。今はアメリカよりも日本である!)、納豆を食べるという発想は全くなかった。今となっては、日本大好き人間になっているから、毎日日本食を食べないと生きていけない体になった。マラソンを始めてから、食事というものに多少なりとも気を使うようになってきた。カロリーはなるべく低いものを食べたり、量を自主的に抑えるようになった。マラソン様様である。ともあれ、地元の大会出場は気分が楽だし落ち着くなぁ…。
今年もいつものように、Westchester出発のバスに乗る。2号室さんが今年も隣に座ってくれた。2号室さんは今年は2時間50分切りを狙うと力強く宣言された。私は普段の2号室さんの猛練習振りを間近で見させてもらっているから、是非ともこの目標を達成して欲しいと心からそう思っていた。自分のような軟弱ランナーからすれば、何倍もの量・質の練習をこなすスーパーマンである。少しでもいいから近づきたいと思うのだが、正直離される一方である。“遅いやつほど練習しない”、これは実に真理である。
マンハッタンからバスに乗るためには、わざわざ電車に40分揺られ、更には5番街の42丁目にて長い列を1時間以上待たねばならなかった(今年は、何故か巧く分散させたらしくスムーズだったようだ)。それが嫌で嫌で(まあ、時間がかかるけれど、4万人が一体になれていた。これが入浴してぇ~マラソンの醍醐味でもある)、他に手段はないのか?の問いに応えたのが、実に地元のランニングクラブに入会してからのことである。何だ、列にも並ばず、スタート地点に簡単に行ける方法があったんだ。初めてこのバスに乗った感動は忘れられない。何よりも普段一緒に練習しているランニング仲間が一緒というのがいい。スタートまでの緊張が解れるのも全て仲間のお陰だ。Westchesterバスに乗ってスターと地点に行くのはこれで何回目かな?それでもマラソンはスタート前から仲間に支えられていることを再実感した今年のレースである。
既に前のブログでお知らせしたように、何らかの手違いで一番前のグループからスタートできる幸運に恵まれた。2号室さんによれば、Westchester Track Clubのコーチ・マイクが気を利かせてくれたらしいのだ。WTCは一応NYを代表するランニングクラブなので、Local エリートの一定の枠があるのである。メンバーも多いし、特に今年は練習会にも殆ど参加できなかった。なのに、自分のことを選んでくれて凄く感謝している。もっと調子が良ければ尚良しだったけれど、これだけは仕方ない。いきなり速くなる特効薬や魔法なんかこの世の中には存在しない。マラソンというスポーツは実にフェアである。練習すれば速くなるし、サボったら遅くなる。勿論、才能もあるだろう。でも、才能に大きく依存する他のスポーツとは一線を画していると思う。あるドラマで言ってたっけ。“才能とは逃げないこと”。全くそのとおりだ。今年は自分自身から逃げていたかもしれない。人生諦めなければ道はきっと開かれる。こんな当たり前のことすら忘れていたなんて…。今年は兎に角練習不足の一言である。NYCマラソンは世界一の応援シャワーを最後まで浴び続けながら走れる言わば市民ランナーの晴れ舞台だ。走る人も応援する人も全て平等にそして一体になれる最高の舞台だ。そんな舞台に向けて納得のいく練習が積めなかったのは、お恥ずかしいことであった。でもせめて悔いのない走りをしたかった。それがせめてもの、自分に出来ることであった。例え遅くても笑顔を絶やさない走りにしたかった。そんな全く悲痛でない覚悟(?)をしてのレーススタートとなったのである。要は、物凄く楽しい入浴してぇ~マラソンがいよいよ始まったのである。
(続きは明日以降です)
スポンサーサイト
入浴してぇ~マラソンはいよいよ明日である。心の準備はできているけれど、脚の準備は全くなっていない(正直、ランナーとしての体をなしていない)。でも今回は良い意味で力が入っていないので、ただただ楽しみな大会である。

今週は走れなかった。兎に角、朝晩が寒すぎ。朝は7時まで真っ暗だし、夜は真冬のように寒くてとてもじゃないが一生懸命走ろうという気にはなかなならなかった。単なる怠慢である。

木曜には駅すぽに行ってきた。入り口にて中毒患者のRFさんと遭遇。また中ではオケさんと遭遇。お二人とも余裕がありそうな表情だった。自分と違って頼もしい。さて、毎年思うのだけれど、”やってる”がスポンサーになってから入浴してぇ~の駅すぽが年々つまらなくなってきているのは気のせいか…。大体、試供品も少ないし…。その点、4か5の駅すぽは広々としていたし、のんびりとしながらも楽しかった。ましてや、東京の駅すぽは完璧である。入浴してぇ~もぼ~っとしているとそのうち抜かされてしまうかもしれない。参加賞のTシャツは毎年色はいいけれど、デザインが良くない。もっと入浴らしいものが出来るでしょ、入浴にはあ~てすとが沢山いるのだから…。昔のことを言ったら何だが、”やってる”がスポンサーになる前の入浴してぇ~のTシャツ、そしてメダルは毎年凝っていた。自分にとってはどれも一生の宝物である。今のは…。自分も年を取った証拠かな…。

さて、不思議なことが起きた。今年の入浴してぇ~では、タイムを狙っていないし狙うこともできないので、アサインされたWave2からゆっくりと走れるな(サブ5狙い)、と楽しみであった。番号も思いっきり5桁だし、後ろからのスタートで自分よりも更に遅いランナーを抜かす楽しみがあった。でも、駅すぽで番号をもらうと、何だか変な紙が入っていて、おめでとうございます!あなたはLocal Competitiveランナー(自分は間違ってもそうではないのに…)として選ばれました、云々かんぬん、なんかの怪しい勧誘まがいなことが書いてあって、デスクに行ったら何だか本来の5桁のでっかい番号と引き換えにちっちゃな3桁の番号をもらえてしまったのだ。これって、もしかして一番前からスタートできるの?何で???中毒患者の殆どの人は快速ランナーだから当然としても、自分のようなサブ5も危うい鈍足ランナーにこんな特権を与えていいの?と疑問に思いながら、折角の権利を使わせて頂くこととした(速いランナーを間近で見れるのは入浴してぇ~では初めてなので、とても嬉しい)。だったら、きちんとトレーニングしておくべきだったなぁ…。だって、最初から最後まで一人も抜かすことなく、抜かされるだけで終わるランナーは4万人弱の中で自分だけかもしれないのだから…(冗談でなく、現実となる可能性大。でもかなり貴重である)。因みに、番号が笑わせてくれる。”696”…。何でいつもこういう番号なんだろう…(子供禁止)。

明日は楽しみだ。人生最良の1日となったらいいなぁ、と思う今日この頃なのである。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。