プロフィール

走れけに~

Author:走れけに~
まだ若かりし頃、世界を代表する公認会計士を目指して、1990年に単身NYへとやってきたのがつい昨日のことのようです。仕事(会計士)への情熱は在米17年の間にすっかりと醒めてしまい、余生をどうやって楽しく送るかが今の最高関心事であります。そこで出会ったのが、まさにフルマラソンの世界なのであります。誰に褒められる訳でもなく、貶される訳でもなく、怒られる訳でもなく、全て自己完結な世界なのであります。走って何が楽しいのか、とよく聞かれます。兎に角無条件に楽しいのです。楽しいものに理由・説明など必要ないのです。何はともあれ、走れけに~!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、NYRRのTune-up(18マイル)に出た。体調が余り優れないこともあり、1マイル10分ペースで2時間59分59秒を狙ったが、それどころではなかった…。
天気は小雨(レース中は曇り)で中途半端に蒸し暑かった。走る前から汗が流れていたほどだ。スタートは何故か朝7時。7時スタートの場合には、余裕を持って6時までには現地にいたいので、家を5時15分に出た。特に、今回はゼッケンとTシャツの配布場所が違うところだったので(何故だ???)、余計に余裕を持っていたかった。起床は4時半。いくら時差ぼけがまだ残っているとはいえ、早起きが辛いことに変わりはない。案の定、目覚ましは鳴り続けたものの、このまま寝過ごしてしまおうか、という逃げの気持ちもあった。まあそれも何とかなり、起きたものの相変わらず身体は重いし、捻挫している足は完璧には程遠い。今日は兎に角、無理をしないことだけを心がけることにした。スタート前にRFさんに会い、途中まで一緒に走ることにした。始めはゆっくりと9分ペース(今から思えば、最初からもっとゆっくり行くべきだったかもしれない)。5マイルくらいまでは何とかなったが、今日の調子ではこれで精一杯。RFさんとは別れ、その後はマイペース(というかとことん落ちていった…)。2周目の7マイル地点では遂に歩きが入った…。あとは歩きだけ。でも一つ重要な発見。早歩きであれば、走った場合と比べてもあまりタイムが変わらないということ。疲れてしまうと走ったとしても(本人は走っているつもりだが、傍からみれば歩いているようにしか見えないはずだ)せいぜい11分。酷いとそれ以上かかる。しかし、元気なうちに歩いていると実に12分しかかからない(疲れて歩くと当然15分以上かかるのだけれど)。つまり、あるいても走っても一緒ということ。であれば、捻挫している足首を大切にしよう、なんて怠けぐせが出て、歩き続けてしまった。2周目は殆ど走っていない…。こんなことをしているうちに、2号室さんが自分を追い抜いていく。これは拙いと、声を掛けて暫くそのレベルの高さを実感する為に100メートル弱ご一緒させて頂いた。2号室さんは今日はゆっくりと走られているらしく(6分50秒ですよ、とのことだった。因みに、自分の全盛期の4マイルのベストが1マイル6分50秒である)、しかしながらそれでも自分には途轍もなく速かった…。てなわけで、すぐに脱落し又歩いてしまった。3周目くらいは走ろうと思ったものの、矢張り一度歩いてしまうと人間は再び走ることが出来ない。これは3時間半かかるな、とほぼ諦めモードで3周目もちんたらとしていたら、Hさんに後ろから声を掛けられた。流石にそれでも歩き続けるのは拙く感じ、Hさんと喋りながらもその後は一度も歩くことなく(でもゆっくりと11分ペース)フィニッシュした。
まあ、終わりよければ全てよしという論法であれば、今日のレースは満足なのかもしれない。でも、4か5マラソンは僅か2週間後。不安だけが残る今日のレースとなった。正直、悔しいし、こんなので終わらせたくない。練習不足は否めないが、2週間どれだけのことができるか、ちょっと挑戦してみたくなった今日この頃なのである。
さて、ベルリンマラソンでは世界記録(2時間3分59秒)が出たようだ。素晴らしい。自分はかれがゴールしたタイム時にはまだ12マイルのところにいたのである。走れ、けに~!
スポンサーサイト
気がついたら、来年3月の東京マラソンの申し込みが終わっていた。そして、申し込み数が発表されていた。フルマラソン30000人に対して、何と226000人という7.5倍という狭き門なのである。まさか、こんなにブームになるとは。第1回の大雨の中の東京マラソンに参加して、これは将来NYCを凌ぐ凄いマラソン大会になるぞ、とは気配を感じていたものの、僅か3回目にして世界を代表する市民マラソン大会となる。日本人として、そして一市民ランナーとしては大変誇らしく喜ばしいことではあるが、日本から素直に申し込むと、当選することがほぼ奇跡に近いことになるから、海外枠で出れてしまっている小生は非常に申し訳なくも思う今日この頃なのである(今後、海外枠がどうなるのかは全く未知数だけど…)。

考えてみると、何気なくNYCマラソンに毎年のように出ているけれど、これにしても素直に抽選で申し込むととんでもない倍率である。たまたま毎年9回のレース参加とボランティア1回を行うことでその出場権を確保できてはいるけれど、これとて何らかの事情で一旦途切れてしまったら、再びGuaranteeを得るには2年かかるというとてもTime-consumingなものである。だから、何としてでもこの権利を継続させたいと感じる今日この頃なのだ。

マラソンのブームは留まることを知らない。自分の次に出る大会は4か5なわけだけど、これだって僅か数年前までは単なるNYCのバックアップ的位置づけであったことは疑いがない。NYCの抽選で漏れた人が、そのまま4か5に駆け込む現象が見られたのだ。ところが、こんなことは今は出来ない。4か5に出るためには、春先に申し込みが始まった瞬間に申し込んでおかないと直ぐに締め切ってしまうのである。

マラソンに参加し満足できる結果を得るためには、最低でも4-6ヶ月という長期間の練習を必要とする。単に参加申し込みをするのにも長期的な計画を持つことが必要なのである。じっくりと余裕を持って事に向かう、これがマラソンなのである。ゆっくりとゆったりと人生を楽しみたい自分にはぴったしではないか。タイムは簡単には向上しそうもないけれど、じわじわと向上するのが楽しいではないか。練習もじっくりと取り組んでいたら、今のような捻挫なんかしなかったような気がしないでもないが、今更遅い。ドジな自分であることをじっくりと反省しきりの今日この頃でもあるわけである。
今日は参った。いつもより早く朝7時半に家を出た。ところが、途中から大渋滞。ジョージワシントン橋で大事故があったらしく、アッパーレベルが完全閉鎖していたのだ。3時間半その渋滞の一部になっていたが完全に諦め家に戻るとした。事務所はNJにあるが、他にもマンハッタンやロングアイランドから通うスタッフもいるから彼らは全員、4時間以上かけてオフィスに行ったようだ。自分は家で仕事。

人生は暇つぶしをするには長すぎる。その莫大な暇な時間を費やすのに、人間は本来必要でもない仕事を作り上げてしまった。仕方なく働かずを得ない人間たち。というか、自分。必要以上には働かないと決めたから、家に帰って必要なメールの整理やクライアントへの電話をしているうちに時間は経ち、時差ぼけも手伝って寝てしまう始末。こんな広い世界でなんだか一人ぼっちになってしまった気分だ。まあ、いいや…。

今日も莫大な時間があったのに、何故走らなかったのか?実は、右足首が捻挫していて、走るのが怖いのだ。4か5に間に合うかな?今日、4か5マラソンのブローシャーが届いた。いつもだったら、気分も高揚するのだけど、今回は不安・心配しかない。最後まで走りきれるだろうか…。気力が勝ればいいのだけど。まあ、明日は明日の風が吹くさ。捻挫も明日には良くなるかもしれないし…。それに、まだ2週間以上あるし。
日本に2週間行ってきた。今回はいつもと違って、”出張”の名目だったから、仕事が本来はメインではあった。とはいえ、仕事の嫌いな人間である。毎日2社もしくは2人以上とは会わないことを心に決め、実行した。仕事のことはブログに書くまでも他愛もないことなので割愛。

メインはあくまでも、皇居ランである。本当は毎日走りたかったのだけど、問題が3つ発生した。1つ目は、久しぶりにビジネス・シューズを履いて歩き回ったものだから、靴擦れが出来てしまい痛くて走れなくなったこと。かなり皮がむけてしまい、歩くのですらかなり億劫となったのだ。2つ目は、東京の暑さである。真夏に比べたら非常に涼しくなったとのことだったが、すっかり寒くなったNYに慣れてしまっている自分にとってはトンでもなかったのだ。気温の変化に対する対応が下手なお陰で、思いっきり風邪を引いてしまった。3つ目は、連夜の暴飲暴食である。体重が限りなく増え続けるだけでなく、寝不足が祟って朝起きれなくなってしまったのだ。てなわけで、毎日は無理だったけど、可能な限りは走れたかなとは思っている。ホテルの場所は水道橋にしたので、走って僅か10分弱で皇居までいけたし、部屋に洗濯機・乾燥機があったので毎日洗濯ができたのがとても大きい。

皇居ランは今回も楽しかった。朝早くから、皆黙々と走っていた。ゆっくりランナーの自分とは異なり、皆速かったけれど、時には気合を入れて他のランナーについていくという努力もしてみた。地元のスカースデールでは時にはすれ違ったりはするけれど、こんなに大勢のランナーと共走することはない。だから、ついつい嬉しくなってしまい走りたくなってしまうのだ。1周5キロの30分弱はあっという間に過ぎていく。贅沢な一時を又過ごせたことに感謝したい。

今回は仕事の関係もあって水道橋にしたのだが、次回は東銀座(というか築地の場外の中にある)とか門前仲町(下町の雰囲気が大好きである)に泊まってみようかなとも思う。今回は時間的な制約もあって、皇居・築地コースは1回しか出来なかった。中栄のカレーは相変わらず偉大だった(ここはいつ行っても本当に美味しい)けど、ラーメンは食べていないし、づけ丼も全く食せなかった。これは次回以降の楽しみとしよう。

次は4か5マラソンである(10月12日)。もう3週間しかないので、好タイムは望むことは出来ないけれど、せいぜい次に繋げたいと思う。と書いたところで、自分がどれだけ幸せなのかに気が付いた。世の中では金融業界を中心に大変なことになっている。日本では連日その話題だった。自分も実は日本での会計士補時代、某外資系証券会社に半年出向していたので、何となく他人事とは思えない。人生長いから一度くらいはピンチが訪れるものである。自分はピンチをピンチと思わないせいか、毎日のほほんとして、走ることとか食べることしか考えていない。脳細胞はどんどん弱くなっているけれど、精神的には極めて健全な毎日を送っている。明日がどうなるかわからない、今日の世の中にあって、もしかしたら最高に幸せな人間なのかもしれないとそう思ってしまう今日この頃なのである。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。